ダイビングは雨でもできます|透明度などについて【雨天決行】

ダイビングは雨でもできます|透明度などについて

イントラブロガーの小野です。

ダイビングは雨でもできるかどうか気になるところです。

ダイビング中に雨が降ると透明度などが下がってしまうかどうかも知りたいところだと思います。

基本的には雨でも大丈夫です。

本記事ではダイビングと雨に関することを書きましたので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ダイビングは雨でもできます|透明度などについて

ダイビングは雨でもできます|透明度などについて

では、結論からするとタイトルの通りダイビングは雨でも問題なくできます。

ダイビングにおいては、雨よりも風向きが重要になります。

とは言え、いくつかの点は知っておいた方がいいです。

  • 内海や陸に近い海は濁りやすい
  • 外洋では風が吹いて船が揺れるかも
  • 曇ると肌寒いかも

こういった感じですね。

内海は濁りやすいですが、外洋などは透明度はほとんど影響ないと思います。

雨で内海や陸に近い海は濁りやすい

内海や陸に近いダイビングポイントは、山から泥が川に流れ、川から海に入っていきますので濁りやすいです。

ダイビング中に降ってきた雨程度でしたら問題ありませんが、連日の雨などでは海に汚水が流れ込みますので陸に近いダイビングポイントは濁りやすいです。

↓激しく濁るとこれくらいになるポイントもあります。

ダイビングは雨でもできます|透明度などについて

まあ、ここまでグリーンになることはそんなにないと思いますが、ある程度透明度は落ちると思います。

外洋では風が吹いて船が揺れるかも

外洋では、ダイビング中に雨が降ってくると同時に風も吹き始めます。

当然、船も揺れますので船酔いしやすい人は注意しましょう。

雨だけで、風が無ければ外洋でも問題なくダイビングできますし、透明度もほとんど影響はないと思ます。

強風の場合は雨が降ってなくても、荒れている方面には行かないと思います。

外洋では風が吹いて船が揺れるかも

外洋で透明度が落ちるのは、雨の影響よりも潮の影響の方が多いです。

濁っている潮が入ってきているときなどは、天候などに関係なく濁ることがありますね。

雨や曇ると肌寒いかも

雨が降ったり、曇ったりするとリゾートなどの温かいダイビングサイトでも意外と寒いです。

パラオなんかでも曇って、雨が降ったりするとウェットなどで濡れたままの船での移動中はかなり寒いです。

船の上での防寒対策もしっかりとしておくといいと思います。

船に上では軽量のジャケットがあると重宝します。

ちなみに私のおすすめはノースフェイスのコンパクトジャケットです。

≫Rakuten|ノースフェイス コンパクトジャケット

沖縄や石垣でも意外と船の上は寒いので、こういったジャケットを持っておくと便利です。

 

雨の日のダイビングでは安全対策をしっかりと

雨の日のダイビングでは安全対策をしっかりと

雨でもダイビングは可能ですが、安全対策のグッズはしっかりと持っておきましょう。

特に、

  • シグナルフロート
  • ライト

この2つは絶対に持っておきましょう。

シグナルフロート

なぜ、シグナルフロートを持つべきかというと、なにかあって船から離れてしまった場所に緊急浮上したときに雨や曇っていて視界が悪い場合は、船からものすごく見つけにくいです。

また、少し波がある場合はいくら船に向かって手を振っても、波で隠れてしまってほとんど見えません。

こういった場合にシグナルフロートを立てて船に合図します。

流れてる場所はみるみる内に船から離れますので、シグナルフロートが無いとあっという間に見えなくなります。

≫ダイビングのフロートのおすすめ3選+選び方【フロートは必須です】

ライト

雨が降ったり曇ったりすると、水中に日差しが入らないので少し暗く感じます。

常にライトを光らしてダイビングすることでロストを防ぐことができます。

よく、白いフィンやマスクは水中でよく見えると言いますが、ライトの光にはかないません。

ロストを防ぐ方法は何よりもライトを点灯させることです。

ライトの強烈な光で仲間の位置などをしっかりと把握できます。

しっかりとライトは持っておきましょう。

 

そんな感じで、雨の日でもダイビングは問題なくできます。

しかし、知っておくべきことは知っておいた方がより安全に楽しくダイビングができますね。

雨の日でもダイビングを楽しんでもらえればと思ます。

では。

 

関連記事≫ダイビングに行くときの服装|冬、秋、夏など【楽な服装でOK】

関連記事≫ダイビングの耳抜きの方法|たった3つの抜けやすい方法とコツ解説!