意外と知らない正しいフィンの保管方法・GULLの説明書

以前に正しいフィンの保管方法という記事を書いていますが、最近GULLのフィンを買った際、取り扱い説明書にも正しいフィンの保管方法が書いてあったので忘れ...

YouTube・ダイビング器材紹介・ドライスーツでセルフダイビング編

ドライスーツでセルフダイビングをするときのダイビング器材をYouTubeで紹介しました。 セルフダイビングをする人、ダイビング器材が好きな人は参...

ピーチ(飛行機)でダイビングに行く際の手荷物重量に注意

部長です。 ピーチの飛行機に乗ってダイビングに行く際は、手荷物、預け荷物の重量で注意が必要です。 ANAやJALと違い、LCCであるピーチ...

YouTube・沖縄本島・ゴリラチョップで一人ソロセルフダイビングしてたらすげえカマスの群れに遭遇した

部長です。 2022.11.14(月) 沖縄到着後にゴリラチョップで一人で潜ったらカマスの大群に遭遇しました。

INON ・伸縮カーボンアームはゴープロ・カメラにおすすめです・GOPRO

部長です。 INON イノンの伸縮カーボンアーム使い勝手が良く、ゴープロやカメラのアームとしておすすめです。値段が少し高いですが、正直それだけの...

NDS・オクトパスホースの長さは80cmがおすすめ

部長です。 NDS(日本ダイビングスポーツ)のオクトパスはホースの長さが65cm、80cmの二種類ありますが、80cmの方がおすすめです。 ...

パラオ・レベルが違い過ぎる海・一眼につけてたゴープロの水中動画

はじめてパラオに行ったとき、一眼に装着してたゴープロ5の水中動画を今更まとめてみました。写真メインだったので適当な記録動画ですが、水中は素晴らしい景色...

大阪から沖縄にダイビング器材・荷物を郵送する金額

先日沖縄にダイビング器材を郵送したので、送る金額を参考としてシェアしたいと思います。 大阪から沖縄にクロネコヤマトでダイビング器材を郵送する金額...

ダイビングをするときのゴープロの持ち方(使い方)棒など・GOPRO

ダイビングをするときのゴープロの持ち方、自撮り棒などでの使い方、BCDへの付け方などをいくつか紹介します。使いやすい持ち方を発見してもらえればと思いま...

秋晴れの日にイントラ二人でファンダイビングした♪ 和歌山 白浜

先日友達とファンダイブしました♪

NDS・オーバーホールから帰ってきたピンクオクトパスと残圧計ゲージ

オーバーホールに出してたNDSのオクトパスが帰って来ました。NDSのオクトパスは5色ありますが、今回私はピンクにしました。

水中カメラハウジングのガラス面を磨いてピカピカにする方法・手入れ・メンテナンス

ダイビングで使うカメラの水中ハウジングで、ガラス面を磨いてピカピカにする方法を紹介します。 基本的にカメラハウジングのレンズ面はガラスでできてい...

INON・UFL-G140 SD・SDフロントマスク for HERO9 の組み立て・GOPRO・YouTube

ゴープロに使うセミフィッシュアイレンズで人気のINON「UFL-G140 SD」と「SDフロントマスク for HERO9」の組み立て方法を簡単な動画...

ダイビングで使わない方がいいGOPRO(ゴープロ)の棒

最近ダイビングを始めてGOPROを買った人の中には、何も知らずダイビングで使わない方がいいゴープロの棒を買ってしまう人も多いです。 結論からする...

ダイビングのハーネス・ウエイトベルトをカットしたあとの上手な末端処理

部長です。 ダイビングのウェビング、ハーネス、ウエイトベルトをカットしたあとの上手な末端処理方法を紹介します。 定番はハサミでカットしたあ...

ゴープロにライトをつけたお手軽ダイビング撮影セット・GOPRO

ゴープロ(GOPRO)にライトを装着したお手軽撮影セットの紹介です。 水中では色が失われるため、ライトを使用することできれいな映像を撮影することがで...

残圧計ゲージ表面の傷を消す方法・ダイビング器材

ダイビングで使い込んだ残圧計ゲージの表面には多くの傷が入ります。自分で傷つけていなくても、器材運搬時などに他のダイバーの器材が擦れて傷が入ることも多い...

冬にウェットスーツでダイビングは寒い?

冬(11月頃~5月)にウェットスーツでダイビングできるのか知りたい人も多いと思います。 結論から言っておくと、ハッキリ言って猛烈に寒いです。 ...

ダイビングのBCDを自宅で保管する最適な方法

ダイビングのBCDを自宅で保管する最適な方法は、器材ハンガーに掛けてハンガーラックで吊っておくことです。もしくは床に置いといても問題ありません。 ...

ダイビングのウェットスーツを自宅で保管する最適な方法

ダイビングのウェットスーツを保管する最適な方法は、ウェットスーツ用のハンガーに掛けて保管することです。 特に難しい事を考えなくて大丈夫です。保管...