新着記事

ウェットスーツ

5mmのウェットスーツでダイビングをする水温はどれくらい?

結論からすると、5mmのウェットスーツで快適にダイビングをすることができる水温は、25℃以上です。私の経験からすると、最も多くの一般的なダイバーにとって水温25℃以上であればまずまず快適に5mmのウェットスーツでダイビングができます。また、5mmのウェットスーツであっても寒さ対策としてインナーの着用をおすすめします。
ブログ紹介

ダイビング旅行記 ~リゾートダイビング好きな人と繋がりたい~

部長です。 ダイビングのブログ「ダイビング旅行記 ~リゾートダイビング好きな人と繋がりたい~ 」の紹介です。 関西在住ダイバーの方が運営されているブログです。 まったり系のダイビング...
ダイビング全般

ダイビングのブログ(ブロガー)を当ブログで紹介します

当ブログでダイビングのブログを紹介します。現在ダイビングのブログを運営しているブロガーさんで、当ブログで紹介してほしい人はご連絡ください。
基本的なこと

潜行・潜降とは?|ダイビングで水面から水中へ

ダイビングの潜行・潜降とは、水面から水中に入っていくことです。潜降は英語で(descend)、潜降することを(descending)と言います。例えば、ボートダイビングで水面から水中に入っていくときは、「潜降する」と言います。「潜降方法は」「潜降するとき」などと言った場合は、水面から水中に入っていくときのことを指します。
ダイビングショップ向け

ダイビングショップさんをブログで紹介します【集客強化】

当ブログでダイビングショップさんを紹介します。ダイビングショップの集客においては、ショップのホームページとブログの他に第三者の紹介記事やレビューなどがあると、集客の効果が非常に高まります。集客を強化したり、反響を増やしたりしたいショップさんは是非ご相談ください。
ドライスーツ

ダイビング|レンタルのドライスーツは水没・浸水する?

これからダイビングを計画している人の中には、ドライスーツのレンタルを考えている人も多いと思います。そこで気になるのが、ドライスーツの水没や浸水です。本記事では、ドライスーツの水没や浸水について書きましたので、参考にしてください。
ショップ

須江ダイビングセンターの紹介【和歌山・串本】

須江ダイビングセンターは、本州最南端(和歌山県)にあるダイビングセンターです。ビーチダイビングからボートまで楽しむことができます。ダイビング施設は、昔の木造の校舎がそのままダイビング施設になっていて、ノスタルジックな感じも楽しめます。
読者相談

読者相談|なるべく費用を抑えつつダイビングをする(始める)にはどうすればいい?

部長です。 先日、DMでこういった相談を受けました。 なるべく費用を抑えつつダイビングをする(始める)にはどうしたらいいですか。☺器材をネットで買ったり、ショップなどについてもざ...
読者相談

読者相談|SONY・α7Ⅲ, α7sⅢ, α7RIVでダイビング動画の撮影(イルカ)に向いているカメラは?

部長です。 先日、DMでこういったご相談を頂きました。 ダイビングの動画、主にイルカの撮影で使うカメラで、SONYのα7Ⅲ, α7sⅢ, α7RIVあたりだと、どのカメラがおすすめか教...
ライト

RGBlue|クイックシューシステムはかなり便利【三脚も】

RGBlueのクイックシューシステムはかなり便利です。クイックシューシステムを使うと、水中でライトとアクセサリーをクランプ無しで好きなようにつけたり外したりできます。特にクイックシューシステムと三脚を別々に携帯し、水中で使いたいときだけ組み合わせるのが使いやすいです。
ドライスーツ

ダイビングのドライホースは80cm~90cmがおすすめ【中圧】

ダイビングのドライホースは、80cm~90cmがおすすめです。これからドライホースを買おうと思っている人は、それくらいの長さを買うといいです。私は80cmを使っていますが丁度いいです。一般的なダイバーにとってオクトパスは右出しの方がいいので、ドライホースは左から出しましょう。
ライト

INON(イノン)|LE330hはおすすめのフォーカスライト

部長です。 INONから発売された新シリーズで、LE330hはおすすめです。 このライトは、特にフォーカスライトとして最適です。 旧モデルのLE350から、新モデルのLE330hでは...