ダイビングでおすすめのインナーに関する記事まとめ

ダイビングのインナーに関する記事を本ページにまとめました。これからウェットスーツのインナーを買おうと思っている人は参考にしてください。 一応、ウ...

YouTube|ダイビングのライトでスポットとワイドの特徴を解説

YouTubeでスポットタイプのライトとワイドタイプのライトについて解説しました。

YouTube|無料で簡単な水中写真編集を紹介しました

こんにちは、部長です。 YouTubeに無料で簡単な水中写真編集方法をアップしました。 初めて写真編集ソフトを使う方や、これから始める方は...

Nikon D810|ダイビング水中写真の一眼レフセッティング例

ニコンD810で、水中写真撮影のカメラセッティング例を紹介します。D810はニコンの一眼レフにおいてハイアマチュアモデルのフラッグシップ機で、プロカメ...

ダイビングで一眼レフとミラーレス一眼どちらにすべき?

ダイビングや水中写真で使う一眼は、一眼レフでもミラーレス一眼でも、正直どちらでも大丈夫です。撮影して仕上がる写真に大差はなく、どちらでも美しい水中写真...

ダイビングのパワーインフレーターとは?タイプや形状を解説

ダイビングのパワーインフレーターとは、BCDに給気をするためのスイッチ部分のことです。通常はBCDの肩口から繋がっているインフレーターホース先端につい...

ダイビングの中圧ホースとは?|長さ・本数・使用箇所について

ダイビングの中圧ホースとは、一般的にレギュレーター、オクトパス、パワーインフレーター、ドライスーツ(ドライホース)に使うホースのことです。英語では L...

ダイビングのコンパクトカメラ|ハウジングセットで買うおすすめ2機種を紹介

ダイビングで使うコンパクトデジタルカメラで、ハウジングとセットで買う場合のおすすめ2機種を紹介します。 1.OLYMPUS TG-6 2.SONY...

ダイビングでドライスーツのインナーは安いもので大丈夫?

最近ダイビングを初めて、これからドライスーツで潜る人の中には、適当に買った安いインナーでも大丈夫なのか気になる人も多いのではないでしょうか。結論からす...

ダイビングのドライスーツ|乾かし方・干し方【水没・ダイビング後】

ダイビング後や、水没してしまったドライスーツを干すときは、裏側にひっくり返して干します。水没していなくもドライスーツの内側は密封されているので、体温な...

ダイビングのドライスーツ|胸、肩、手首にあるバルブの使い方

ダイビングのドライスーツで、胸、片、手首にあるバルブの使い方を簡単に解説します。多くのドライスーツには、胸と左肩にバルブがあります。各バルブの役割は以...

ダイビングでドライスーツのインナーはユニクロでも大丈夫?

ドライスーツのインナーはユニクロでも大丈夫なのか気になっている人も多いと思います。結論からすると、大丈夫と言えば大丈夫です。ただし、冬は寒いので専用の...

Nikon D7200|ダイビング水中写真の一眼レフセッティング例

ニコンD7200で、水中写真撮影のカメラセッティング例を紹介します。D7200はAPS-C機なので、D810などのフルサイズゴリマッチョ機に比べると軽...

MARES|アヴァンティ クワトロ パワー(AVANTI QUATTRO POWER)

MARES|アヴァンティ クワトロ パワー(AVANTI QUATTRO POWER) マイ器材紹介です。 フルフットのフ...

ゴリラチョップの駐車場について【二か所】

ゴリラチョップの駐車場は二か所あり、以下の通りです。 1. 崎本部緑地駐車場 2. ゴリラチョップ岩横の国道沿い駐車場 ゴリラチョップのメインエ...

ゴリラチョップに最も近いタンクレンタルできるショップ【MMC】

ゴリラチョップに最も近いタンクレンタルできるショップは、モトブマリンクラブ(MMC)さんです。ゴリラチョップのメイン駐車場から徒歩5分もかからない距離...

オリンパス・TG6(TGシリーズ)の簡単水中ワイドセッティング例

オリンパスのTG6、TGシリーズで、簡単に水中ワイド撮影をするセッティングを紹介します。基本的にTG6などのTGシリーズは、ストロボ1灯とフィッシュア...

INON(イノン)Z330などに使う電気ケーブルはどれを使えばいい?

イノンのストロボに使う電気ケーブルは、シーアンドシーのものを使います。イノンからは発売されていません。商品の名前は「シンクロコード」です。電気ケーブル...

ストロボの光ファイバーケーブルがハウジングから抜ける簡単な対策方法

ストロボの光ファイバーケーブルが抜ける対策として、光ファイバーケーブルを差し込んでいるハウジングの部分を、養生テープなどで止めるのが最も簡単です。ダイ...

ダイビングのナイフ・ラインカッターにはグリスを塗る

ダイビングのナイフやラインカッターには薄くグリスを塗っています。グリスを塗ることで、水分を弾くようになるので素材の保護になり、長持ちさせることができま...