ダイビングのフロートでおすすめの使い方と結び方【間違いない】

ダイビングのフロートでおすすめの使い方と結び方【間違いない】

部長です。

ダイビングのフロートで、おすすめの使い方と結び方を解説します。

よく、「フロートのヒモをチェーンノットで短くしてまとめておく」と言われたりしていますが、実はそれだとある注意点があります。

結論からすると、チェーンノットで短くするよりも、フィンガースプールの使用をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

ダイビングのフロートでおすすめの使い方と結び方

ダイビングのフロートでおすすめの使い方はこれです

結論からすると、ダイビングでフロートを使うときはチェーンノットでヒモをぐるぐる巻きにするんじゃなくて、フィンガースプールを使うようにした方がいいです。

↑上の写真です。ちなみに日本だとなぜかこれをリールと言いますが、正式にはフィンガースプールです。

フィンガースプールを使うことで、ラインが絡まることがありません。中層でフロートを打ち上げてから安全停止に入るまでに、手でくるくると巻きながら浮上を開始します。そのため、ラインを垂れ流しにして一番下が岩やサンゴに絡まってしまうこともありません。

ダイビングのフロートでおすすめの使い方と結び方

フロートをBCにつけるとき

私の写真のようにスプールとフロートをまとめてBCに着けてもいいと思いますし、使用頻度が低い人は、フロートとスプールを別々に持っておいて、必要なときに取り出して使うといいですね。

ダイビングのフロートでおすすめの使い方と結び方

ダイビングのフロートでおすすめの使い方と結び方

ちなみに、私のようにフロートとフィンガースプールをまとめて持つ場合、ダブルアイスナップの向きによっては外れやすいので注意してください。

チェーンノットで使うときの注意点

チェーンノットで使うときの注意点

↑チェーンノットでぐるぐる巻きは上の写真になりますね。

実はこれだと以下の注意点が発生します。

  • 中層から打ち上げたとき、一番下がサンゴなどに引っかかる場合がある
  • 毎回チェーンノットをするのがめんどくさい

こういった感じです。

ドリフトダイビングなど、フロートを打ち上げるダイビングをしたことがある人なら分かると思いますが、チェーンノットでぐるぐる巻きのやり方だと割と高確率で一番下がサンゴや岩に引っかかったりします。

完全に深場の中層なら問題ありませんが、だいたい15mくらいだと思いますので岩場やサンゴなども多いと思います。

引っかかって最後まで打ちあがらなかったら、下まで外しに行かないといけませんのでめんどくさいです。

また、使った後に毎回チェーンノットをし直すのも面倒です。

≫Amazon|ダイビング スプール

≫Rakuten|ダイビング スプール

 

フロートに関する記事

 

と、言うことで、ダイビングでフロートを使うときはチェーンノットでぐるぐる巻きよりも、フィンガースプールを使った方が楽ですし、スッキリしていて使いやすいです。

別々にしてBCに入れておいても邪魔になりませんしね。

快適にフロートをぶち上げまくってもらえればと思います。

では。

 

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】