ダイビングのフードベスト|おすすめ6選と着方【インナー】

ダイビングのフードベスト|おすすめ6選と着方【インナー】

 

スポンサーリンク

 

ダイビングのフードベスト|おすすめ6選と着方

ダイビングのフードベスト|おすすめ6選と着方

ウェットスーツの下にフードベストを着るとかなり温かいので、一着はフードベストを持っておくと心強いです。

自分のウェットスーツを持っていなくても、フードベストなどのインナーを持っておけばレンタルのウェットスーツでも寒くありません。

ダイビングのフードベストで、おすすめ6つは以下のとおりです。

 おすすめのフードベスト

  1. ガル
  2. モビーズ
  3. スキューバプロ
  4. アクアラング
  5. サンファン
  6. ココロア(女性)

基本的には、上記メーカーのフードベストを選べば大丈夫です。ダイビング業界では大手メーカーなので品質も良く普通に暖かいです。

どのメーカーのフードベストでもある程度は暖かいので、基本的には気に入ったものを選べば問題ありません。

 

1. ガル フードベスト

ガル フードベスト

ガルのフードベストです。

定番なのでこのフードベストを着ているダイバーは多いです。

保温性や運動性を考慮したタイプをラインナップ。スクーバダイビング・スキンダイビングなど、あらゆるダイビングで適応可能なインナー 水温が低いシーズンの防寒に役立ち、運動性にも考慮しながら、着脱性にも優れフロントファスナー仕様。スクーバダイビング・スキンダイビングなど様々なマリンスポーツで1年を通して活躍できるインナーです。ガル公式HP

初めてフードベストを買う場合、とりあえずガルのフードベストにしておけば失敗することはありません。

ファスナー式なので脱着しやすいです。移動中などは首の部分のチャックを空けておくと首回りが楽です。

≫Rakuten|GULL フードベスト

≫Amazon|GULL フードベスト

 

2. モビーズ フードベスト

モビーズ フードベスト

モビーズのフードベストです。

シンプルでカッコよくてプロっぽいフードベストです。私も今期はこのフードベストを買おうと思っています。

ウェットスーツの下に着用することで保温性がアップします。
ストレッチ性の高い素材を使用しているので、ノンジップでも着脱がしやすく、ジップやベルクロの煩わしさもありません。モビーズ公式

このフードベストはファスナー式ではないので、フィット感がとても良いです。シンプルで使い勝手のいいフードベストで、男女ともにラインナップがあります。

≫Rakuten|モビーズ フードベスト

≫Amazon|モビーズ フードベスト

 

3. スキューバプロ フードベスト

スキューバプロ フードベスト

スキューバプロのフードベストです。

このフードベストも定番で、着ているダイバーは多いです。スキューバプロが好きな人はこのフードベストを選ぶといいです。

・裏地が起毛のため保温力バツグンです
・チャックつきなので、着脱が楽々
・3ミリ 軽量コンパクト
・保温性の高い3mmアウター
・表生地/ポリウレタンコーティング
・裏生地/ダイヤモンドスパン
・メンズ、レディース全8サイズ

≫Rakuten|スキューバプロ フードベスト

≫Amazon|スキューバプロ フードベスト

 

4. アクアラング フードベスト

アクアラング フードベスト

アクアラングのフードベストです。

このフードベストも真っ黒でシンプルでプロっぽくてカッコイイです。胴体部分のサイドがマジックテープで全部開くので脱着しやすいです。

2ミリという厚さも使い勝手がいいです。ウェットスーツが5mmの場合、このフードベストを下に着れば胴体部分が8ミリとなりとても快適です。

≫Rakuten|アクアラング フードベスト

≫Amazon|アクアラング フードベスト

 

5. サンファン フードベスト

サンファン フードベスト

サンファンの2.5mmのフードベストです。

このフードベストは、ものすごくストレッチする素材なので体にとてもフィットします。

ストレッチ性の良い素材だとダイビング中も陸上でもとても動きやすく、肩もこらないのでとても快適です。

あまり知られていませんが、サンファンは日本のメーカーで大阪に本社がある安心の国内メーカーです。とても良い素材で作っているのでおすすめです。

≫Rakuten|サンファン フードベスト

≫Amazon|サンファン フードベスト

 

6. ココロア フードベスト

ココロア フードベスト

ココロアのフードベストです。(女性用)

女性らしいカラーやオシャレな模様が使われていて、とてもカワイイです。ココロアはガルと同じメーカーなので品質もかなり良いです。

生地も2ミリで使いやすい厚さです。オシャレなフードベストが欲しい女性はココロアがおすすめです。

≫Rakuten|ココロア フードベスト

 

ダイビングでフードベストの最適な着方

ダイビングのフードベストの着方

フードベストはウェットスーツの下に着るのが正解です。

ウェットスーツの下に着ることで、上に着ているウェットスーツの着圧で完全フィットし、とても暖かくなります。

 

ウェットスーツの上から着ても、脇や肩の部分、ウエストの部分の隙間から海水が入るので結局効果が薄くなります。

たまに苦しいのかウェットスーツの上にフードベストを着る人を見かけます。しかしそれだと、相当フィットしていない限り隙間から水が入って来るので、ほとんど保温効果が生まれません。

ウェットスーツの上にフードベストを着て温かくなったと感じているのは、フードの効果です。胴体部分は大して暖かくなっていません。

フードベストを着るときはウェットスーツの中に着ましょう。

 

フードベストは1着持っておく

フードベストはかなり使いやすく役に立つインナーなので、1着は持っておきましょう。

よく5mmや3mmのワンピース1枚で潜って「寒い寒い」と言っている人を見かけますが、フードベストなどのインナーで調整すればいいだけの話です。

インナーパンツもあると相当温かいです。今まで寒かったダイビングがとても快適になります。

 

これからウェットスーツを買う人

まだマイウェットスーツを持っていない段階でも、まずはインナーを買っておくとレンタルのウェットでも寒い思いをしなくてすみます。

リゾートのダイビングに行くと、レンタルのウェットスーツが3mmのこともあります。いくらリゾートでも3mmのウェットスーツだけでは普通に寒いです。

しかし、そういった場合でもフードベストなどのインナーを持っていれば快適にダイビングをすることができます。

 

あわせて読みたい記事