ダイビングのインナー|がっつり保温できるインナー5選【神】

ダイビングのインナー|がっつり保温できるインナー5選【神】

部長です。

ダイビングのインナーで、がっつり保温ができるインナー5選になります。

これからウェットスーツでダイビングをする人や、ダイビングで寒さ対策をしたいって人の中には、がっつり保温できるインナーを知りたい人もいると思います。

そこで本記事では、ウェットスーツのインナーで、がっつり保温できるインナー5選について書きました。

神クラスに保温したい人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのインナー|がっつり保温できるインナー5選

ダイビングのインナー|がっつり保温できるインナー5選

では早速ですが、
ダイビングのインナーで、がっつり保温できるインナー5選は以下になります。

 がっつり保温できるインナー

  1. ガル:ウォームヒートラッシュ
  2. ガル:1mm SCS ロングスリーブ
  3. ガル:1mm SCS パンツ
  4. フードベスト
  5. ベスト

上記の五つです。

こちらのインナーは、私の経験上、かなりがっつり保温できますのでおすすめです。

インナーは必須

やはり、いくら夏でウェットスーツで潜るシーズンとはいえ、ウェットスーツ一丁だと意外と寒いのでインナーを着用するといいです。

寒くないダイビングはとても快適です。逆に寒いダイビングは修行以上にキツイので、しっかりと対策をしましょう。

 

インナーを着ると、着ないより体力を温存できますので、ダイビング後の疲れにも影響します。

なので、ぶっちゃけインナーは持っておいた方がいいです。

 

1. ガル:ウォームヒートラッシュ

ガル:ウォームヒートラッシュ

おすすめ度:☆☆☆☆☆

ガルのウォームヒートラッシュです。

このインナーは、ラッシュガードなどと違って特殊な素材でできている、ウェットスーツ専用のインナーです。

表面が撥水加工されていたりするので、体の熱を逃がさず素材の表面から水が浸透しないので、保温力に優れていてとても暖かいです。

発熱・保温性に優れたFIR遠赤外線起毛素材と、新たな機能のエンボス加工生地が熱を逃さずに、更なる保温効果を実現した高機能インナー。スクーバダイビング・スキンダイビングなど様々なマリンスポーツで活躍できるインナーです。ガル公式

↓パンツもあります。

ガルのウォームヒートラッシュ

まずウェットスーツのインナーとして、ガルのウォームヒートラッシュ上下を着ていれば、相当保温できますので暖かいです。

≫Rakuten|ガル ウォームヒートラッシュ

≫Amazon|ガル ウォームヒートラッシュ

 

2. ガル:1mm SCS ロングスリーブ

ガル:1mm SCS ロングスリーブ

おすすめ度:☆☆☆☆☆

ガルの1mmSCSインナーロングスリーブです。

ガルのこのインナーは、ぶっちゃけ超絶おすすめです。

とにかく、明らかに体感して暖かくなったと感じます。

当然、私も愛用していて、基本的にウェットのシーズンは常にこのインナーを着ています。

1mm厚のチャコールカラーSCS素材を採用。熱の伝導・放射を防ぎ、抜群の保温効果を発揮。スクーバダイビング・スキンダイビングなど様々なマリンスポーツで1年を通して活躍できるインナーです。ガル公式

このインナーのの裏側は部分的にスキン素材になっていますので、水が入りにくくなっていますので保温効果も抜群です。

とりあえずインナーが欲しい人は、これを持っておいて間違いないです。

≫Rakuten|GULL ロングスリーブ

≫Amazon|GULL ロングスリーブ

 

3. ガル:1mm SCS パンツ

ガル:1mm SCS パンツ

おすすめ度:☆☆☆☆☆

ガルの1mmSCSインナーパンツです。

このインナーパンツは、マジで持っておいた方がいいです。

結論からすると、めったくそに保温できますのでガチで暖かいです。

というのも、やはり下腹部を温めると体全体が温まりますので、かなり効果的です。

私も愛用していますが、これを履くのと履かないのでは完全に体感温度が違いますので、もはやこれなしでは寒くて潜れません。

それくらい違います。

上記のロングスリーブとセットで着ると、かなり保温できて暖かくなります。

≫Rakuten|GULL SCS パンツ

≫Amazon|GULL SCS パンツ

 

4. フードベスト

フードベスト

おすすめ度:☆☆☆☆☆

フードベストです。

基本的にダイビング用のフードベストであれば、どこのメーカーでもオッケーです。

また、フード被ることによって効果的に体温ロスを防ぐことができます。

ダイビング中の体温ロスの75%は頭部から逃げていきます。

したがって、ダイビング中に寒くならないようにするには、頭からの熱を逃がさないように、フードを被ることが最も効率がいいということになります。

もしフード被りたくない場合は、被らずに後ろにずらしておいても大丈夫です。

フードベストは定番のインナーなので、まだマイウェットスーツを持っていなくても、フードベストは持っておくといいでしょう。

≫Rakuten|ダイビング フードベスト

≫Amazon|ダイビング フードベスト

 

5. ベスト

ベスト

おすすめ度:☆☆☆☆

ベストです。

ウェットスーツのインナーとしてベストを着用すれば、上半身を効果的に保温できます。

こういったフード無しの通常のベストは、フードが必要ない人で、とりあえず簡単なインナーが欲しいって人にはおすすです。

≫Rakuten|ダイビング ベスト

≫Amazon|ダイビング ベスト

 

保温できるインナーは必須です

保温できるインナーは必須です

やはりダイビングのときは、保温できるインナーは必須です。

いくら夏で気温が暖かくてウェットスーツのシーズンだとしても、意外と水温が冷たかったりします。

そういったときは、やはり5mmのウェットスーツを着ていたとしても、かなり寒いです。

特に、女性の人は割と寒がりな人は多いので、インナーは必ず持っておきましょう。

陸上が暖かくて、気分的に軽装備で潜れそうだったとしても、水中に入るとひっくり返るくらい寒い場合も多いです。

 

寒くないダイビング最高

寒くないダイビングは最高です。

我々日本人であれば、体温的にウェットスーツなしで潜るのはちょっと厳しいです。

つまり、快適にダイビングができるかどうかは、ウェットスーツやインナー選びで変わります。

なので、がっつり保温できるインナーを着用するのは快適さに直結します。

 

あわせて読みたい

そんな感じで、ダイビングのインナーでがっつり保温できるインナー5選でした。

とりあえず、インナーを着ないとひっくり返るくらい寒い日もあるので、保温できて暖かいインナーは必須です。

では。

 

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】

おすすめ≫ダイビングで人気のサンダル|おすすめはギョサンです【滑らない】