ダイビングで必須の安全グッズ5つ【これだけは持っておけ】

安全グッズは各ダイバー保有すること

部長です。

ダイビングで必須の安全グッズ5つです。

ダイバーの中には、何かあればインストラクターが助けてくれると思っていたり、誰かが何とかしてくれると思っているので、安全対策グッズを持っていない人もいます。

まず最初に言っておきますが、

外洋で一人だけ流されたらどうやって助けを呼びますか??

回りは見渡す限り海。水面に浮かんでいるのは自分だけ。

そんな中、安全対策グッズなしで発見されるのはとても時間がかかります。

本記事では、ダイビングで必須の安全対策グッズ5つについて書きました。

ダイバーであれば必ず持って潜るようにしてください。

スポンサーリンク

ダイビングで必須の安全グッズ5つ

ダイビングで必須の安全グッズ5つ

では早速ですが、
ダイビングで必須の安全対策グッズは以下になります。

 安全グッズ5つ

  1. シグナルフロート
  2. ライト(最低2本)
  3. ナイフ
  4. 水中・水面で音の出るもの
  5. ダイブコンピューター

上記5つになります。

これらの安全グッズは必須です。

ダイバーであればダイビング中に万が一のトラブルがあった場合、自分で解決できる準備は必ず必要です。

 

安全対策グッズなしで潜るのは、保険に入っていない車を運転しているようなものなので、万が一のときはとてもツラいです。

なので、定期的にダイビングをするダイバーで持っていない場合は、今すぐ楽天かアマゾンで買った方がいいです。

では以下で各アイテムと役割を紹介します。

 

1. シグナルフロート

シグナルフロート

シグナルフロートです。

まずシグナルフロートは全ダイバー持っていて当たり前です。

例えば、自分だけ流されたときに水面でシグナルフロートを膨らましていれば、かなり遠くからでも発見されやすいです。

しかし、手を上げて合図したくらいでは波がある場合ハッキリいって船からは全く見えません。

 

また、ロストして水面に上がるときも、急に水面に出ると船にひかれる可能性がありますのでとても危険です。

そのような場合は、中層からシグナルフロートを上げて水面で目立つように合図をしつつ、自分もしくはバディ同士は安全停止をしてから確実に水面に出ることができます。

またフロートを打ち上げているラインにつかまることによって、一緒に潜っている人も中層での安全停止がしやすいです。

シグナルフロート

1-1. シグナルフロートの選び方

シグナルフロートを選ぶときは、以下の条件で選びます。

  • 下からオクトパスで入れられる
  • 水面で膨らんだままになる
  • 排気バルブなどがついている

こういった基準です。

私もそうでしたが、実際に毎日ドリフトダイビングで潜るパラオのガイドなどは、上記の基準を見たしているフロートしか使いません。

特に下からオクトパスで入れれるのと、水面で膨らんだままになるのは必須条件です。

水面で膨らんだままにならないと、空気が抜けてそのうちしぼんでしまいますので役に立ちません。

↓おすすめはこういったタイプです。

シグナルフロート

おすすめのフロートは以下からどうぞ。

≫Amazon|シグナルフロートSMB 1.5m
(↑ゲストダイバーなら1.5mもあればOK)

≫Amazon|シグナルフロートSMB Y/O
(↑これはめっちゃいい。5ftは1.5m、6ftは1.8m。私は1.8mを使っています)

ちなみに、器材を買ったりするとオマケでついてくるアクアラングやツサのビニール製のフロートは、水面で空気は抜けるしすぐに破けるし役に立ちません。

なのでしっかりとしたフロートを買うようにしてください。

 

また、フロートはヒモをぐるぐる巻きにして垂れ流すのではなく、フィンガースプールを使うようにしてください。

ヒモぐるぐる巻きは素人の方法です。

シグナルフロートに使う場合、ラインは15mもあればオッケーです。

≫Amazon|フィンガースプール 15m

≫Rakuten|フィンガースプール 15m

 

2. ライト(最低2本)

ライト

ダイビングのときは、ライトは必ず二本持って潜るようにします。

一本はメインでダイビング中に使うプライマリーライト、もう一本はバックアップライトです。

基本的にダイビングのときはライトを使って潜るのは当たり前です。

透視度が悪いときは、ライトの光がかなり目立ちますのでロスト防止の安全対策になります。

 

また、万が一ロストして流されて漂流して夜になってしまった場合にも、バックアップライトがある方が安心です。

ダイビング用のライトはかなり明るいので、暗闇の中でもかなり目立ちます。

また、ライトを光らして合図するのもそうですが、水面下でライトを照らしていると、海が光ってかなり目立つようになります。

↓こんな感じ。

海が光ってかなり目立つ

バックアップライトを持っていれば、暗闇でも光らして自分を目立たすことができます。

なかなか漂流したりすることは無いかもしれませんが、多少の可能性はあることを考えるとやはりバックアップライトはあった方が安心です。

 

2-1. おすすめのライト

↓おすすめのライトはビッグブルーのAL1200WPです。

おすすめのライト

このライトは最大1200ルーメンのワイド光で、明るさを4段階で調節できます。

調節できる光量と使用できる時間は以下になります。

  1. 1200ルーメン|約2時間
  2. 600ルーメン|約5時間
  3. 300ルーメン|約10時間
  4. 120ルーメン|約20時間

こんな感じで、バッテリーがとても長持ちします。

最大で1200ルーメンですが、1200ルーメンをマックスで使うことはあまりないので600~300ルーメンで使えます。

また、漂流して夜になった場合も300ルーメンで常に光らしておけば朝まで点灯させれます。

≫Rakuten|BIG BLUE AL-1200WP

≫Amazon|BIG BLUE AL-1200WP

 

3. ナイフ

ナイフ

ナイフです。

ナイフは主に以下の用途で役に立ちます。

  • 水中でネットに絡まった場合に切る
  • 定置網に入ってしまったときに切る
  • ヒモなどに絡まったバディやウミガメを救出する
  • 釣り糸が絡まった場合に切る

だいたいこんな感じです。

基本的に一般的なファンダイビングをしている場合、網に絡まってしまったりすることはあまりないです。

しかし、透視度が悪いときにロストして、バディを探しているときに不意に絡まってしまうかもしれません。

そんなときはナイフやカッティングツールが無いと脱出できませんのでアウトです。

なので、大きくてイカついナイフは必要ありませんので、小型のナイフでもいいので必ず持っておいてください。

 

3-1. おすすめのナイフ

↓こんな感じの小さいカッティングツールでも大丈夫です。

カッティングツール

≫Amazon|ダイビング カッティングツール

≫Rakuten|ダイビング カッティングツール

 

4. 水中・水面で音の出るもの

水中・水面で音の出るもの

水中や水面で音の出るグッズも必須です。

当たり前ですが、水中では喋れないので音を出さないと誰も気が付きません。

例えば水中で何かあって、自分だけエキジットしたい場合も誰かに伝えてからにしないと、自分だけ音沙汰なく消えることになりますので、かなりチームに迷惑をかけることになります。

特に最後尾を潜っている場合は、音を出して合図しないと皆前を向いていますので誰も気が付きません。

なのでベルなど、水中で音の出るグッズは必要です。

 

また、ロストして流された場合にもホイッスルは必要です。

水面に上がったときに、遠くに船が見える場合でも叫ぶだけだと人間の声は全然届きません。

叫び続けても体力を消耗しますし、そのうち声が出なくなります。

なのでそういったときの為にホイッスルが必要なわけです。

ホイッスルであれば、限りなく少ない労力で爆音を出せますので、人間が叫ぶより何十倍も効果があります。

 

4-1. おすすめのホイッスル

↓おすすめのホイッスルは、ウインドストームです。

ウインドストーム

こちらのホイッスルはアメリカ製で、とにかく爆音で音がなります。

私も二つ使っていて、BCDに付けっ放しにしてあります。

もちろんですが、ダイビングで使うことも想定されています。

水中でも使えますが、一度レギュレーターを外さないといけないので、水中用はこれとは別にベルを持っておくといいです。

≫Amazon|ウインドストーム ホイッスル

≫Rakuten|ウインドストーム ホイッスル

 

↓スプリットリングコネクターをつけておけば、こんな感じでBCに付けれます。

スプリットリングコネクター

≫Rakuten|ダイビング スプリットリングコネクター

≫Amazon|ダイビング スプリットリングコネクター

 

↓おすすめのベルはこれです。

おすすめのベル

このベルは、「リンリンリ~ン!」とうるさいタイプではなく、振ったときに「チャリッ」と鳴ります。

二回振ると「チャリッチャリッ」といった感じで、複数玉が入っているので良い感じで鳴ります。

なので、うるさくないベルなのでおすすめです。私もつかっています。

≫Rakuten|ベル

 

5. ダイブコンピューター

ダイブコンピューター

ダイブコンピューターは、必須中の必須です。

全ダイバー必ずダイブコンピューターを使用してダイビングをしてください。

なぜかと言うと、ダイブコンピューターを使うと減圧症になるリスクをグッと低くした安全なダイビングができるからです。

 

例えばダイビングでは、現在滞在している水深にあと何分滞在できるかが決まっています。

そして、滞在可能時間を過ぎてしまうと減圧停止が必要になりますが、それをしないと減圧症になるリスクが高くなります。

つまり、ダイブコンピューターが無いと安全な潜水計画が立てれないことになります。

また、一本目より二本目の方が深場に入れる時間も少なくなりますが、それもコンピューターが無いと判断できません。

そもそも、コンピューターがないと自分がいる水深すらも分かりませんので、どうかと思います。

 

年一回しか潜らないシーズンリゾートダイバーであれば、買わなくてもやり過ごせるかもしれません。

しかし、定期的に潜るダイバーであればダイブコンピューターは必ず買いましょう。

水深も分からずに潜るなんて、一生ビギナーと同じです。

 

5-1. おすすめのダイブコンピューター

ダイブコンピューターは値段の安いので全く問題ありません。

ダイビングに必要な機能は、安いダイブコンピューターでも高いのでもついています。

なので、最初から10万オーバーの高級品を買わなくてもいいので、2~4万円台の安めのでオッケーです。

↓アクアラングのi100だったら楽天で23,000くらいで買えます。

アクアラングのi100

少し大きめで見やすいですし、ブラックは普通にカッコイイです。

ぶっちゃけ、これでオッケーです。

≫Rakuten|アクアラング i100

≫Amazon|アクアラング i100

 

ダイビングの安全グッズは各ダイバー保有すること

何度も書きますが、安全グッズは各ダイバー保有するようにしてください。

誰かが持っているから大丈夫と思っているのは、正直ちょっと甘いです。

自分に何かあったときは、自分で対応できるようにしておくのが一人前のダイバーです。

安全グッズを持っていないなら買ってください。

これから海に入るというのに、しっかりとした装備を整えて入らないのはちょっとどうかと思いますよ。

車を買ったら保険に入るじゃないですか。

それと一緒です。

一人で外洋で漂流したらどうするんですか??

 

いつでも使えるように

シグナルフロートに関しても、持っているだけではなくいつでも使えるようにしておくスキルも必要です。

ファンダイビングで安全停止のときに中層から打ち上げたり、水面で膨らましたりして練習してください。

自分からやらないと誰も教えてくれません。

水面でのシグナルフロートの膨らませ方も知らないダイバーもかなり多いと思います。

使い方が分からないのは、持っていないのと同じですよ。

 

また、各器材も水中でたまに実際に使ってみてください。

そうすると、「この付け方だと使いにくい」とか、「陸ではいいけど水中ではこのDリングに付けると使いにくい」などと課題が出てきます。

それを改善していくことで、万が一のときにもスムーズに使えるわけですね。

オクトパスに関しても、たまには一本オクトパスで潜ると吸い心地などが分かります。

 

安全対策グッズは書いたらキリがありませんが、最低でも上記5つは必須なので必ず持って潜るようにしてください。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、ダイビングの安全グッズ5つについてでした。

しつこいかもしれませんが、今回書いた5つのグッズは必ず持って潜るようにしてください。

安全第一です。

では。

 

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】