ダイビングのウェットスーツ|おすすめのツーピース【プロも着てる】

3mmツーピースのウェットスーツ

イントラの小野です。

ダイビングのウェットスーツで、おすすめのツーピースになります。

これからウェットを買おうと思っている人の中には、ツーピースのウェットスーツで考えている人も多いのではないかと思います。

そこで本記事では、ダイビングのウェットスーツでおすすめのツーピースについて書きました。

快適なウェットで潜りたい人は参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのウェットスーツ|おすすめのツーピース

ダイビングのウェットスーツ|おすすめの2ピース

では早速ですが、おススメのツーピースのウェットスーツは以下になります。

 おすすめのツーピース

  • GULL ロングジョン+タッパー(男女用)
  • cocoloa ロングジョン+タッパー(女性用)

ガルのロングジョンとタッパーの組み合わせになります。

3ミリの表スキン、裏ジャージになりますので着やすくて暖かいです。

個人的な感想としては、5ミリのジャージワンピースより明らかに温かいですね。

ロングジョンとタッパーを着ると、体の部分は6ミリのダブルスキンになるので、結構温かいです。

もし寒かったら、インナーにフードベストを着たり、2ミリのパンツを履いたりして調整できるので、とにかく2ピースは使い勝手がいいです。

私がパラオで働いていたときは毎日このスーツでダイビングしていました。

 

GULL ロングジョン

GULL ロングジョンの説明写真

ロングジョンはこんな感じです。

男性、女性用が発売されていて、サイズも4種類くらいあります。

真っ黒なスキンのウェットスーツはプロっぽくてマジでカッコいいです。

基本的には3ミリで、表スキン、裏ジャージになります。

表スキンということは、ジャージ素材と違って表面から水が浸透してこないので、水圧でフィットしていれば最低限の水しか入ってこないので、かなり温かいです。

あと、ワンピースと違って首が苦しくないです。

ロングジョンに慣れると、首が苦しいスーツはムリになります(笑)

ロングジョンだけでダイビングする

水温が29~30℃くらいのかなり温かい海でしたら、ロングジョンだけでダイビングするのもベテランぽくてカッコイイです。

また、あえてオーダーではなく既製品のウェットスーツで済ますというのも、一周回った潜りこんでいる人っぽくてイケてます。

着やすさ

とりあえず、ロングジョンはとにかく着やすいです。

当たり前ですが、足だけ通せばサッと上まで着れますからね。

真夏の暑い日にも、上に着ているタッパーをサッと脱げば快適に陸上でも過ごせます。

また、私の場合はロングジョンの下は海パンを履いています。

≫Rakuten|GULL ロングジョン

≫Amazon|GULL ロングジョン

 

GULL タッパー

GULL タッパーの説明写真タッパーはこんな感じです。

タッパーだいたいカラーバリエーションがあって、2019年モデルは上の写真のブラックと以下があります。

GULLタッパーの説明写真

ガルのロングジョンとタッパーは毎年新しいデザインが出るのも嬉しいです。

いつだか忘れましたが、確か私が着ているのは去年のモデルだったと思います。

タッパーだけでダイビングする

温かい水温であればタッパーだけでダイビングするのもアリだと思います。

上着をタッパーで下は海パンでダイビングするリゾートスタイルもカッコイイです。

着やすさ

真夏の暑い日にも、上に着ているタッパーをサッと脱げば快適に陸上でも過ごせます。

また、首が苦しくないですし、素材もかなり伸縮性もありますのでとても着やすいです。

楽天やアマゾンで探せば、昨年のモデルや過去のデザインのモデルもちらほら出ているので見てみるといいと思います。

≫Rakuten|GULL タッパー

≫Amazon|GULL タッパー

また、寒かったらこんな感じの1ミリのインナーmのラインナップもありますので、下に着て調節するといいと思います。

≫Rakuten|GULL 1mm

 

cocoloa ロングジョン

cocoloa ロングジョンの説明写真

※女性用になります。

オトナカワイイココロアのロングジョンです。

海で女性ダイバーでポニーテールでこのオトナカワイイロングジョンとタッパーを着てベテラン感を醸し出していたら男は秒速で惚れること間違いなしですね。

素材

こちらはスキンではなく、ジャージになります。

ジャージはスキンよりも丈夫なので、サンゴなどに引っ掛けてしまっても破れる心配はないので、ビギナーダイバーにもおすすめです。

動きやすさ

ロングジョンはとにかく動きやすいです。

また、首が苦しくないのでかなり楽です。船の上でウエッってなることも無いと思います。

真夏などはオトナカワイイ女性ダイバーはロングジョンだけでダイビングするのもアリだと思ますが、日焼けしたくない人は下にラッシュガードを着るといいと思います。

≫Rakuten|cocoloa ロングジョン

 

cocoloa タッパー

cocoloa タッパーの説明写真

ココロアのタッパーになります。

こちらも女性らしくカラーバリエーションも豊富でオトナかわいいデザインが多いですね。

素材

素材はジャージになります。

また、ロングジョンは3ミリになりますが、こちらのタッパーは2ミリになります。

動きやすさ

上着としても2ミリはかなり動きやすいと思ます。

真夏など、ワンピースで5ミリなどはあまり脱いだり来たりなど調節ができないかもしれませんが、タッパーですとサッと脱ぐことができるのでとても快適だと思ます。

≫Rakuten|cocoloa タッパー

≫Amazon|cocoloa タッパー

cocoloa インナーシリーズ

ココロアからはその他にもフードベストや1.5ミリのウェットパンツなどのラインナップがありますので、もし寒ければ調節するといいと思います。

ちなみにですが、もし寒い場合は上着のインナーを増やすより、インナーパンツなどを履いた方が明らかに温かくなります。

cocoloa フードベスト

cocoloa フードベストの説明写真

ココロアのフードベストはこんな感じですね。

フロントもファスナーなので着やすいと思います。

≫Rakuten|cocoloa フードベスト

cocoloa ウェットパンツ

cocoloa ウェットパンツココロアのウェットパンツになります。

こちらは1.5ミリなので、3ミリのロングジョンの下に着てもいいと思いますし、リゾートなどではこれの上に短パンを履くスタイルでダイビングするのもカワイイとおもいます。

≫Rakuten|cocoloa ウェットパンツ

 

ツーピースのウェットスーツは最強におすすめです。

2ピースのウェットスーツは最強におすすめです。

ダイビングのウェットスーツではやはりツーピースはおすすめです。

やはりワンピースと違って上下で分割できるので、非常に使い勝手がいいです。

インナーでも調節できますし、逆にロングジョンやタッパーだけでも使えるので、特にリゾートでのダイビングでは重宝します。

また、ネットで買えば価格もそこまで高くないですし、ぶっちゃけ破ってしまっても、毎年新しいデザインが出たら買い替えることもできますので。

プロのガイドの人もほとんどツーピースを着ている人が多いですね。

それだけツーピースの方が使い勝手がいいってことです。

今年の夏はツーピースのウェットでダイビングをしましょう

日本の夏は猛暑です。

クソ暑い船の上では、潜る直前まで涼しい格好でいることが望ましいです。

事実として、暑い気温で炎天下の中ウェットスーツを着て体温が上昇し続けると熱疲労や熱射病になりやすかったりしますので注意が必要です。

2ピースであれば、どちらかを脱いだりして調節がしやすいので、そういった体調管理もしやすいです。

 あわせて読みたい

そんな感じで、おすすめのツーピースでした。

快適にダイビングをしましょう。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】