ダイビングに行くときの服装|冬、秋、夏など【楽な服装でOK】

ダイビングで海外で仕事をできるチャンスを生かしましょう

イントラの部長です。

ダイビングに行くときの服装についてです。

まだビギナーのうちなどはどういった服装でダイビングに行ったらいいか悩んだりすると思います。

特に、冬、秋、夏などは季節的にもどういった服装がベストなのか気になりますね。

当然ですが、女性はヒール、男性は背広で行くと場違いで恥ずかしい思いをしますので止めましょう。

本記事では、ダイビングに行くときの服装について書きましたので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ダイビングに行くときの服装|冬、秋、夏など

ダイビングに行くときの服装|冬、秋、夏など

では、ダイビングに行くときの服装についてです。

結論からすると、なるべく快適で身軽で軽快な服装でオッケーです。

あまり気合いを入れたオシャレはしなくて大丈夫です。

むしろ、あまりにもオシャレをした都会のような服装でダイビングに行くと、明らかに海慣れしていない素人オーラが出まくるのであまりカッコよくないです。

ダイビングに行くときは身軽な服装にしましょう。

冬の服装

冬は普通にダウンジャケットなどの軽くて動きやすい服装で行くといいと思います。

スーツの上に着たりするようなコートは普通に寒いのでやめときましょう。

ダウンジャケットなどの下は普通に動きやすいスウェットやジャージにスニーカーでオッケーです。

冬のダイビングについては別記事でも書いています。

ダイビングは冬にすると寒いのか【実は冬はおススメです】
イントラでブロガーの部長です。 ダイビングを冬にすると寒いかどうかって気になりますよね。 夏しかダイビングするイメージがない人は疑問に思う...

秋の服装

秋は適当でオッケーです。

秋らしい服装で行くといいと思います。

ナイキのジャージ上下的な感じでいいと思います。

夏の服装

夏は暑いのでTシャツ、短パン、サンダルでオッケーですね。

適当にナイキの短パンに少し大きめのTシャツを着ると涼しいです。

あまりピチピチのTシャツは暑いのでやめましょう。

ユニクロかGUで海用のXLのTシャツを買いましょう。

リゾートでしたら毎日海パンにフルチンでオッケーですね。

サンダルは海に行くときはギョサンにしましょう。

クロックスなどは超絶滑るので危険です。

ダイバーたるものギョサンにしておきましょう。

≫Rakuten|ギョサン

女性は適当に涼しい服装でオッケーです。

日焼けしたくない人は日焼け止めを塗るといいと思ます。

真夏に海で長袖を着るのはちょっとルックス的にも微妙ですしね。

また、一番涼しくて断熱効果のある帽子は麦わら帽子になります。

しっかりと熱射病や熱中症対策をしましょう。

AKB並みにロングスカートで麦わら帽子をかぶっていれば、男が超絶惚れること間違いなしです。

春の服装

春は適当でオッケーです。

夜、少し寒くなるかもしれませんので、パーカーくらい持っておくといいと思います。

ダイビングに行くときの服装は適当でオッケー

ダイビングに行くときの服装は適当でオッケー

ダイビングに行くときの服装は適当で大丈夫です。

服装を気にしているのは最初だけで、ダイビング後の潜ったあとは疲れているので、間違いなく楽な格好がしたくなります。

特に車の人は、そもそも誰にも見られないのでスウェットなどの楽な服装にしましょう。

電車の人は多少気になるので、それなりに無難な格好にしましょう。

ダイビング中はウェットスーツです

ダイビング中はウェットスーツもしくはドライスーツを着るので、私服を着ているのは移動時と行き帰りだけです。

なので、そこまで気にしなくて大丈夫なので身軽な服装にしましょう。

・・・・・・・

そんな感じで、海に行くときは楽な服装で行きましょう。

私は冬でもスリッパ型のサンダルで行きます。

休憩の度にドライスーツを脱ぐので、サンダルの方が楽なんですよね。

スニーカーだとドライスーツのとき超絶めんどくさいです。

そんな感じで各自快適に海に行ってください。

では。

 

関連記事≫ダイビングの持ち物と便利なアイテムのリスト|【保存版】

関連記事≫ダイビングを冬にするときの服装【これで冬も完璧】