ダイビングの魅力!【素敵かよ】

ダイビングの魅力!【素敵かよ】

イントラの部長です。

ダイビングの魅力についてです。

これからダイビングを始める方や、ライセンス取得を考えている人はダイビングの魅了って一体何なんだろう?って思っていると思います。

ダイビングを始めると人生観が変わります。

キラキラした日差しが入り込む美しい水の中

かわいいウミガメや見たことも無いカラフルなお魚と一緒に泳ぐ

ダイビング後のおいしいビール

ダイビングはハッキリ言って最高です。

本記事では年間200本以上潜る私が、海外、日本各地でダイビングをしてきた経験から書いていますので参考になるのではないかと思います。

スポンサーリンク

ダイビングの魅力!

ダイビングの魅力!

ダイビングに魅了されているダイバーはたくさんいます。

また、楽しみ方のポイントも人それぞれ違います。

水中写真が好きな人、潜るだけで満足な人、海外でしかダイビングしない人、など人によって楽しみ方は違います。

ダイビングの魅力は数えたらきりがありません。

  • 水中にいるとリラックスできる
  • 非日常的経験
  • ダイビングは私でもできるって発見
  • 水中写真を撮れる
  • カワイイ海亀やお魚と一緒に泳げる
  • いろんな場所に行くのが楽しい
  • 一人でもダイビングに行ける
  • 友達ができる
  • 男女の出会いがある
  • 中年くらいからでも始められる
  • ダイビングは誰とも競わない
  • SNSでも繋がれる

書ききれませんが、ダイビングではすべてが魅力なのです。

また、ダイビングは一生やっていける数少ない趣味だと思ます。

水中にいるとリラックスできる

水中にいるとリラックスできる

水中にいると、とてもリラックスできます。

白い砂地に日差しが差し込んだキラキラとした水中の景色。

サンゴ礁の周りに住んでいる魚。

人間の声が一切届かない水中世界。

ダイバーしか知らない水の音と呼吸するときの心地いい音。

全てが水中では癒しなのです。

非日常的な経験

非日常的な経験

朝早く集合する港の景色や空気感、ダイビング船に乗って爽快に風を切って走って行くエメラルドグリーンの海は最高の景色です。

また、パラオなんかに行くと無人島に上陸してランチをしたりします。

野生のニワトリが動物がいたり、波の音や小鳥のさえずりを聞きながら食べるランチはどんな高級レストランよりも美味しいですよ。

都会で消耗している方にとっては日々の消耗を全て忘れて、最高の非日常的な経験ができると思います。

ダイビングは私でもできるって発見

ダイビングは私でもできるって発見

今まで趣味が無くて退屈していませんでしたか?

ダイビングは誰でもできるスポーツです。

ダイビングって想像している以上に激しく泳いだりしないんですよ。基本的には水中にぷかぷか浮いている癒し系スポーツなのです。

サッカーみたいに激しく走らないし、息切れしてハアハアすることはありません。

私にもできるんだって、きっと思うはずです。

水中写真を撮れる

水中写真を撮れる

ダイビングをする際は多くのダイバーがカメラを持って潜ります。

沖縄やリゾート、海外に行くと水もきれいできれいな水中写真が撮れます。

ダイバーでないと撮れないカッコイイ水中での景色やサメやマンタなど、憧れの大物のお魚も撮ることができますね。

また、小さいハゼやニモなどのマクロ撮影も楽しいです。写真に夢中になっていると、楽しくてあっという間に一本のダイビングが終了します。

かわいいウミガメやお魚と一緒に泳げる

かわいいウミガメやお魚と一緒に泳げる

ダイビングをする場所によってはウミガメもたくさんいます。

前から見たかったかわいいウミガメと一緒に写真を撮ったり泳いだりできますよ。

始めて水中で見たウミガメはそれはもう感動です。

いろんな場所に行くのが楽しい

いろんな場所に行くのが楽しい

ダイビングをするようになると、いろいろな場所にダイビングに行くと思います。

日本だと、石垣島、宮古島、沖縄本島、奄美大島、与論島、など

海外だと、パラオ、タイ、グアム、バリ、ニューカレドニア、など

ダイビングポイントは無限にあります。

色々な場所に行って、新鮮な景色や文化、人種に触れあうって素晴らしい経験です。

一人でもダイビングに行ける

一人でもダイビングに行ける

ダイビングって一人でもできますよ。

なぜかってダイビングショップのインストラクターさんと一緒にダイビングするからですね。

なので、お友達と休みが合わなくても一人で沖縄に行ってダイビングすることはもはや普通です。

例えばサッカーやバスケは一人ではできませんよね。だけどダイビングは一人でもできるので非常に始めやすい趣味です。

ダイビング友達ができる

ダイビング友達ができる

社会人になって大人になるとお友達ってできなくないですか?

ダイビングを始めると、お友達がたくさんできます。

一人でダイビングに行ったダイビングショップで他で一人参加していたお客さんと仲良くなったりしますね。

あとは、ライセンスを取得するダイビングショップで一緒になった人もそうですね。

趣味で出会ったお友達は年齢は関係ありませんよ。

一緒にご飯を食べたりお酒を飲んだりしてお友達がたくさんできると思います。

男女の出会いがある

男女の出会いがある

もちろんですが、男女の出会いっていうのもあると思います。

私はダイビングで出会ってそのような関係になったことはありませんが、カップル誕生や結婚は多いと思います。

やはり同じ趣味がある方がお互い通じあえますし、お互いの理解度は確実に上がりますよね。

男女の出会いに期待してもらえればと思います。

中年くらいからでも始められる

中年くらいからでも始められる

ダイビングって実は年配の方や40代、50代の方って多いですよ。

別にそこまで若者でなくても全然始められます。体力に自信がなく不安に感じることもあるかもしれませんが、ダイビングって実はそこまで体力を使ったりすることはないので大丈夫です。

大人になってからの趣味って楽しいです。

ダイビングは誰とも競わない

ダイビングは誰とも競わない

ダイビングって誰かと競ったりしないスポーツです。

なのでお気軽にマイペースに楽しめます。

海に潜ってダイビングを楽しむのが基本なので、誰かと得点を競ったりするわけではないのでギスギスしたりしないし、ライバルがいたりすることもないので気持ちよく楽しめます。

SNSでも繋がれる

SNSでも繋がれる

最近ではやはりSNSやフェイスブックでも繋がれます。

キレイな海で撮った写真を投稿したり、仲間と飲んだりご飯を食べたりしたときの写真をアップするのも楽しみです。

ダイビングツアーで知り合った友達と写真をシェアしましょう。

 

とめ・・・

ダイビングの魅了について書いてみましたがいかがでしたでしょうか。

海がきれいだったり、友達ができたり、かわいいウミガメがいたり、一人で自分のペースでできたり、ダイビング後のビールは最高だったりと、とにかくダイビングは楽しいです。

ダイビングがある人生を楽しんでもらえればと思います。

では。

 

関連記事≫ダイビングが怖い人へ|もう大丈夫。ダイビングは怖くない【安心】

関連記事≫ダイビングの耳抜きの方法|たった3つの抜けやすい方法とコツ解説!