ダイビングでロストしないようにする効果的な方法

ダイビングでロストしないようにする効果的な方法

イントラでブロガーの小野です。

ダイビングでロストしないようにする効果的な方法についてです。

特に、透視度が悪いときなどはロストしやすいので注意が必要です。

本記事では、ダイビングでロストしないようにする効果的な方法について書きました。

水中で迷子になりたくない人は必見です。

スポンサーリンク

ダイビングでロストしないようにする効果的な方法

ダイビングでロストしないようにする効果的な方法

ダイビングでロストしないようにする効果的な方法は、以下になります。

  1. ライトを点ける
  2. 目立つ色や格好をする
  3. バディから離れないようにする

こういったことを心掛けることによって、ダイビング中にロストを防ぐことができます。

ライトを点ける

ダイビング中は必ずライトを点けるようにします。

水中で最も目立つものはライトの光です。

いくら白いフィンなどが目立つとはいえ、ライトの光にはかないません。

透視度が悪いときなどは、少し離れたら見えなくなりますがライトの光は抜群に目立ちます。

なので、ダイビングをするときにはライトを使用することによって周囲に自分の存在を知らせることができますので、ロストを防ぐことにつながります。

私も潜るときは、必ず二本以上ライトを持って潜り、一本は常時点灯させてBCに着けてます。

ダイビングでロストしないようにする効果的な方法

目立つ色や格好をする

水中で目立つ色や格好をすることで、自分の存在を目立たせることができますのでロスト防止につながります。

例えば、明らかに自分とわかる色や格好をすることによって、他のチームについて行ってしまったりすることを防ぐことができます。

私の場合は常にウェットスーツの上にビラボンの花柄の海パンを履いているので、ゲストが間違って他のイントラやチームについて行ってしまうことはまずないと思います。

バディから離れないようにする

当然ですが、一緒に潜っている人やバディから離れすぎないようにしましょう。

特に、透視度があまりよくない日に油断して離れすぎると一気に見えなくなります。

見えなくなるだけでなく、一気に方向感覚まで分からなくなりますね。

そうならないように、バディからは離れないようにしましょう。

 

・・・・・・・

そんな感じで、ダイビングでロストを防ぐ効果的な方法でした。

上記のことを心掛けることによって、大幅にロストを防ぐことができると思います。

特にライトは便利ですし、効果抜群なので一本は持っておきましょう。

では。

 

関連記事≫ダイビングを寝不足でしない方がいい理由【危】

関連記事≫ダイビングや水中写真のカメラのライト【ワイドとスポット】

関連記事≫ダイビングのスーツケース|おすすめ5選と大きさや容量など

 

お知らせブログで書いて欲しいことがあればインスタグラムでメッセージをください。記事でご質問にお答えします。