冬のダイビングで着た方がいいウェットスーツのインナー5つ

冬のダイビングで着た方がいいウェットスーツのインナー5つ

 

スポンサーリンク

 

冬のダイビングで着た方がいいウェットスーツのインナー5つ

冬のダイビングで着た方がいいウェットスーツのインナー5つ

冬にウェットスーツでダイビングをする場合、インナーを着用しないと寒くて震え上がります。

最初に言っておくと、沖縄であっても冬にウェットスーツでダイビングをするのは想像以上に厳しいと思っておいた方がいいです。

 冬のウェットスーツインナー

  1. フード
  2. フードベスト
  3. ロングスリーブ
  4. インナーパンツ
  5. ブーツ

現地のガイドやインストラクターでもドライスーツを着ているくらいなので、ウェットスーツで潜る場合は当然インナーを着用しないと不可能なくらい寒いです。冬にインナーを着用しないで潜ると、寒すぎて心が折れて震え上がり、間違いなく一本でギブアップします。

10月後半から冬にかけて水温と気温が下がり始めるので、ウェットスーツの下にインナーを着用しないととても寒いです。よく分かっていない人で、「沖縄は冬でもウェットでイケるっしょ。ドヤ」みたいな人がいますが、そういった人の90%くらいは寒くてひっくり返っています。

また、和歌山や伊豆も冬にウェットスーツで潜るのであれば、インナーを着ないと無理なので、必ず着用しましょう。寒い格好で潜って寒いのは、自分の責任です。心が折れないように必ずインナーを準備しておくことをおすすめします。

 

1. フード

フード

最も必須なのはフードです。

冬は当然ですが、夏であってもダイビングではフードを着用します。理由としては、ダイビング中の体温ロスのうち75%は頭部から逃げていくので、フードを着用することで効果的に体温ロスを防げるからです。

冬用のフードは厚さ5mmがおすすめです。

≫Amazon|ダイビング フード 5mm

≫Rakuten|ダイビング フード 5mm

 

2. フードベスト

フードベスト

フードベストです。

フードベストは、ウェットスーツのインナーとして鉄板アイテムなので、一着は持っておいた方がいいです。インナーの上着とフードを別々に着用してもいいとは思いますが、フードベストであれば上着とフードがくっついているので一石二鳥です。

ウェットスーツのインナーとしてフードベストを着用すると、明らかに体感して暖かくなります。当然夏でもフードベストを着用すると快適に潜れるので、フードベストは持っておきましょう。

≫Rakuten|GULL フードベスト

≫Amazon|GULL フードベスト

 

3. ロングスリーブ

ロングスリーブ

ロングスリーブのインナーです。

フードとインナーを別々で着用する人は、このインナーがおすすめです。生地の厚さは1mm~2mmくらいで、ウェットスーツと同じネオプレン素材でできています。写真で見ると分かりにくいですが、ラッシュガードの生地とは全然違います。

ロングスリーブをウェットスーツのインナーとして着用すると、かなり暖かいです。私も愛用していますが、夏でもウェットスーツのときは必ずロングスリーブを着ています。

≫Rakuten|ダイビング インナー 長袖

≫Amazon|ダイビング インナー 長袖

 

4. インナーパンツ

インナーパンツ

インナーパンツです。ロングスリーブと同じく、1mm~2mmくらいの厚みがあります。

意外と知らないかもしれませんが、インナーパンツを着用して下腹部を保温すると劇的に暖かくなります。感覚で言うと、インナーの上着よりも効果があります。

私はガルのロングスリーブと、インナーパンツの組み合わせで着用しています。冬にウェットスーツで潜るのであれば、インナーパンツもしっかりと準備した方がいいです。

≫Rakuten|ダイビング インナーパンツ

≫Amazon|ダイビング インナーパンツ

 

5. ブーツ

ブーツ

ブーツです。

冬にウェットスーツでダイビングをするときは、フルフットタイプだと足が寒いので、ブーツとストラップタイプのフィンを使うのがおすすめです。

特に寒いときに、素足で行動していて指をぶつけたりすると相当痛いので、やはりブーツを着用していた方が安心です。ブーツとストラップタイプのフィンを持っておけば、ビーチでもボートでも使えるので一石二鳥です。

おすすめはガルのGSブーツです。

≫Rakuten|GULL GSブーツ

≫Amazon|GULL GSブーツ

 

【船上での防寒におすすめのジャケット】

[ラドウェザー] レインコート メンズ レディース 耐水/透湿 15,000mm/30,000g/m2 自転車 カッパ 雨具 レインウェア 雨合羽 合羽 (ネイビー, XL)
LAD WEATHER(ラドウェザー)
¥2,980(2022/09/25 14:40時点)
耐水圧が 18,456mm の優れた防水:ウェアやハットには高い水圧がかかるため、高い防水が欲しい。激しい動きが必要なシーンでも、強い雨の中でも濡れない

 

冬にウェットスーツでインナーを着用しないと地獄

冬にウェットスーツでインナーを着用しないと地獄

何度も言いますが、冬にインナーを着用しないでウェットスーツで潜るのは修行以上の苦行です。

ダイビングショップに聞いても「人によってはなんとか潜れます」と言われることも多いですが、基本的にそれは営業トークなので信用しない方がいいです。普通の人は寒くて震えあがり、一日一本が限界です。

最初の一本目は気合いでなんとか潜れますが、心が折れて二本目は潜らないことになるでしょう。

 

沖縄の水温とウェットスーツ

ちなみに書いておくと、11月末~翌年ゴールデンウィーク明けまでは沖縄でもウェットスーツで潜ると信じられないくらい寒いです。水温も20℃前半になりますので、海水も冷たいです。

よく分かっていない人の中には、なぜか「沖縄は通年してウェットでも大丈夫」と思っている人もいます。しかし、頑張って耐えて潜ることは不可能ではありませんが、ぶっちゃけ普通に死ぬほど寒いです。

ウェットスーツで潜るのであれば、念には念を入れてインナーや寒さ対策を確実にしておいた方がいいです。

 

あわせて読みたい記事

 

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】

おすすめ≫ダイビングのライト|値段の安いおすすめのライト10選【コスパ】