アポロ・バイオフィルターで快適にダイビング【喉の渇き対策】

アポロ・バイオフィルターで快適にダイビング【喉の渇き対策】

こんにちは、部長です。

アポロのバイオフィルターを使用することで、喉の渇き、ストレスから解放されて、とても快適にダイビングをすることができます。

タンク内のエアーはとても乾燥しているので、口が乾燥したり喉が渇いたり、喉の痛みなどを感じることも多いです。

しかし、バイオフィルターを使うことで、のどが乾燥することなくダイビングをすることができます。快適にダイビングをしたい人は参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

1. アポロ・バイオフィルターで快適にダイビング【喉の渇き対策】

アポロ・バイオフィルターで快適にダイビング【喉の渇き対策】

まず最初に、バイオフィルターを実際に使っている感想を書いておきます。

結論からすると、クソ快適です。

口や喉が乾燥してストレスを感じているダイバーは、早く装着した方がいいです。笑

もうこれなしではダイビングできませんね。それくらい明らかな違いがあります。

 

バイオフィルターを使うことによって、以下のメリットがあります。

 バイオフィルター

  1. のど、口が乾かない
  2. ツバがよく出る → 耳抜きしやすい
  3. 空気が無味無臭、汚染空気吸わない
  4. 乾燥によるストレスなくダイビングできる

こういった感じで、とりあえずすこぶる快適にダイビングができるようになります。久しぶりにバイオフィルター無しで、普通のエアーを吸うと明らかに乾燥を感じます。

 

1-1. のど、口が乾かない

のど、口が乾かない

まず基本的に、バイオフィルターを使用すると、のど、口が乾燥しなくなります。その理由としては、バイオフィルターから湿度の高い潤ったエアーが供給されるからです。

そもそもですが、基本的にタンク内のエアーはとても乾燥していて、湿度は約3%くらいしかありません。

一般的に人間が快適に生活できる湿度は40%~60%と言われています。湿度40度%を下回ると乾燥している部類になるそうです。

しかし、バイオフィルターを装着すると、湿度が70%くらいあるエアーを吸うことができるので喉や口が乾燥せずに呼吸ができるのです。

ちなみにですが、朝に一度フィルターに給水すれば、一日持つか、もしくは三本目の後半にちょっと乾燥するくらいです。当然ですが途中で給水できます。

 

1-2. ツバがよく出る→耳抜きしやすい

バイオフィルターを使用することで、喉や口が乾燥しないので、ツバが出やすいです。そのため、ツバを飲む方法での耳抜きがとてもしやすくなります。

なので、乾燥によってツバが出なかったりすることがありませんので、耳抜きもしやすくなります。

 

1-3. 空気が無味無臭、汚染空気吸わない

アポロのバイオフィルターの説明写真

バイオフィルターは加湿してくれるだけではなく、汚染空気や不純物を除去してくれます。バイオフィルターの中に、特殊なフィルターが入っていているので、そういった有害物質がある場合には除去してくれます。

特殊なフィルター

例えば、オイル、サビ、ゴミなどです。

上記の写真を見れば分かると思いますが、タンクの中は必ず新品同様にキレイとは限りません。なので、かなり汚いタンクからのエアーを直接吸っていると思うと、ゾッとします。

 

1-4. 乾燥によるストレスなくダイビングできる

そんな感じで、とにかくバイオフィルターを装着すると喉が乾いたり、口が乾燥するストレスから解放されてダイビングができます。

喉、口の乾燥を気にしながらダイビングをするくらいなら、サクッとバイオフィルターを装着しましょう。

アポロ バイオフィルター

≫Amazon|アポロ バイオフィルター 

≫Rakuten|アポロ バイオフィルター

基本的には3/8インチポート用を買えば大丈夫です。1/2は古いサイズで、現在は使われていません。

 

2. アポロ・バイオフィルターの付け方と構造

アポロ・バイオフィルターの付け方と構造

続いて、バイオフィルターの付け方について、解説していきます。基本的には簡単で、工具を持っている人であれば簡単に取り付けできます。

ちなみにメーカーの取り扱い説明書は以下のリンクから見ることができます。

≫apollo|バイオフィルター・バイオマイクロ説明書

 

取り付け方法の全体感としては、以下のとおりです。

 手順

  1. ファーストステージにバイオフィルターを取り付ける
  2. バイオフィルターにレギュレーターホースを接続して装着

要は、レギュレーターとファーストステージの間にバイオフィルターを装着します。

 

2-1. ファーストステージにバイオフィルターを取り付ける

まずは、レギュレーターのファーストステージに、バイオフィルターを装着します。

取り付けは簡単で、付属の六角レンチでねじ込むだけです。

↓こんな感じ。

アポロのバイオフィルターの実際の写真

一応書いておくと、バイオフィルターの説明書には、少しの締め付けで規定トルクになると書いてあります。

バイオフィルターの説明書

しかし、実際にはこれだとかなりすぐ緩むので、ある程度キュッと締めておく方がいいです。

 

↓見えているフィルターがゴミ、不純物を除去してくれるフィルターです。

アポロバイオフィルターの実際の写真

 

↓筒に入っているのが、水を含ませるフィルターです。

アポロバイオフィルターの実際の写真

 

2-2. バイオフィルターにレギュレーターホースを接続して装着

ここまで来たら、レギュレーターのホースを接続したフタをすればオッケーです。

↓こんな感じ。

アポロ・バイオフィルターの付け方と構造

 

バイオフィルターに給水

バイオフィルターに給水

バイオフィルターに給水するときは、フタの穴から簡単に給水できます。専用のボトルで、ダイビングの休憩中などにサクッと注入できます。もしくは、一旦フタを空けてフィルターを直接濡らしてもオッケーです。

 

ファーストステージとの連結部分

アポロのバイオフィルターの実際の写真

↑ファーストステージとの連結部分はこんな感じになっています。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、レギュレーターのスイベル式のセカンドのボールジョイントみたいになっていて、その周りに黒いゴムのブッシュが付いています。

ファーストステージとの連結部分

ちなみに、この黒いブッシュがたまにすっ飛んで、ブッシュなしの状態になりますが、ブッシュはただのアクセサリーなのでエアーが漏れる心配はないので大丈夫です。

≫Rakuten|アポロ バイオフィルター

≫Amazon|アポロ バイオフィルター 

 

↓不純物を除去してくれるバイオマイクロについては、こちらの記事で紹介しています。

アポロ・バイオマイクロで快適にダイビング【汚染空気対策】
部長です。 ダイビングをする際には、アポロのバイオマイクロを使用することで、新鮮でクリーンなエアーを吸うことができます。 以外と知らないか...

↓レギュレーターの外し方は、こちらの記事を参考にしてください。

ダイビングでオクトパスの取り付け方【楽勝】
部長です。 ダイビングでオクトパスの取り付け方になります。 これからオクトパスを交換したり、新しいオクトパスを購入しようと思っている人の中...

 

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】

 

そんな感じで、バイオフィルターを装着すると、かなり快適にダイビングができます。

口やのどが渇いてストレスを感じている場合は、バイオフィルターを使いましょう。

では。

 

おすすめの関連記事