ダイビングのマスクの洗い方とお手入れ|たまには清掃しよう!

【ダイビング器材】マスクをキレイに清掃、メンテナンスをしましょう

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングのマスクの洗い方とお手入れ方法についてです。

ダイビングで使うマスクは、たまにマスクを分解して清掃したりお手入れしないとどんどん汚くなっていきます。

最低でも半年に1回は分解してマスクを手入れしてあげましょう。

本記事では、ダイビングのマスクの洗い方とお手入れ方法について書きましたので参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのマスクの洗い方とお手入れ方法

ダイビングのマスクの洗い方と手入れ

では早速ですが、
ダイビングのマスクの洗い方とお手入れ方法を解説していきます。

まずは上記の写真の感じでマスクを分解します。

基本的には、フレームレスマスク以外は全て分解できるようになっていますので、各自使っているマスクを分解します。

 

洗い方

ダイビングで使うマスクを分解して清掃する洗い方の説明写真

洗い方としては単純で、お湯に食器を洗うジョイなどの中性洗剤を薄めて歯ブラシでごしごしこすります。

水よりもお湯の方が汚れを分解するので、熱すぎない程度のお湯に中性洗剤を薄めて、分解したマスクを10分くらい漬けてからブラシですべてのパーツを洗いましょう。

洗剤で洗った後は、しっかりと洗剤が残らないように真水ですすいて、乾かします。

特にタオルなどで拭き上げなくても自然乾燥させればオッケーです。

 

清掃後

ダイビングで使うマスクを分解して清掃後の説明

清掃後はこのようにピッカピカになります。気持ちいいですね。

しっかりと乾燥させてから元通りに組み立てていきましょう。

 

毎回のダイビング後のマスクの洗い方

毎回のダイビング後のマスクの洗い方

毎回のダイビング後のマスクの洗い方です。

基本的にダイビング後であれば、まだ塩が固まっていないので長時間水に漬けなくても大丈夫です。

 

洗い方

ダイビング後の洗い方としては、サクッと器材洗い場の水槽で全体の塩を流したあと、ホースの水ですすぎます。

 

↓こんな感じで内側をよくすすぎます。

内側をよくすすぎます

 

↓ストラップカバーの内側にもホースを突っ込んで洗います。

ストラップカバーの内側にもホースを突っ込んで洗います

 

↓マスクの溝を流すような感じで、ホースの水を当てて洗います。

マスクの溝を流すような感じで、ホースの水を当てて洗います

 

基本的には、こんな感じでダイビング後に洗えばオッケーです。

マスクを洗った後は、風通しのいい日陰でよく乾燥させます。自然乾燥で大丈夫です。

風通しのいい日陰でよく乾燥させます

 

マスクは意外と汚れてる

表面だけを見てマスクがキレイに感じるかもしれませんが、分解すると意外とマスクは汚れています。

↓こんな感じです。

マスクは意外と汚れてる

 

 

マスクは意外と汚れてる

 

マスクは意外と汚れてる

 

普段から器材をしっかりと洗う私ですらここまで汚れているので、あまり洗わない人はえげつないくらい汚れていると思います。

ブラックシリコンだと気づきにくいのですが、しっかりと洗ったり乾かしていない人はカビもハンパないと思います。

顔の皮脂や手の油、曇り止めの洗い残しなどに菌が発生して汚れとなります。

 

 あわせて読みたい

しっかりと器材をキレイにしてあげて、メンテナンスされた器材で安全にダイビングをしましょう。

汚いよりきれいな方が快適で気持ちがいいです。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで人気のサンダル|おすすめはギョサンです【滑らない】

おすすめ≫宿泊・ホテル・レンタカー・航空券などの検索サイト15選【ダイビング】