ダイビングの器材ハンガーおすすめ2つ!【使い方なども】

ダイビングのBCD|値段が格安でおすすめのBCは3つ

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングの器材などを干したりするハンガーで、おすすめ2つになります。

自宅で器材を洗って干したり、保管するのに器材ハンガーを1つは持っておくと便利です。

本記事では、おすすめのダイビング器材のハンガーや使い方などについて書きました。

自宅用などでダイビング器材のハンガーが欲しい人は参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

ダイビングの器材ハンガーおすすめ2つ!

ダイビングの器材ハンガーおすすめ2つ!

ダイビングの器材ハンガーがあれば上記の写真のように、器材一式をハンガーにかけて干しておけるので便利です。

オススメのハンガーは以下になります。

 おすすめ2つ

  1. ダイビングハンガー
  2. ウェットスーツ マルチハンガー

こちらの2つになります。

基本的には、どこのダイビングショップさんもダイビングハンガーを使っている場合が多いですが、自宅用にもう一つマルチハンガーを持っておくと便利です。

 

1. ダイビングハンガー

ダイビングハンガー

まずは、定番のダイビングハンガーですね。

基本的にダイビング器材用にハンガーが欲しい人は、このハンガーを持っておけばオッケーだと思います。

BCDからフィン、小物まで全てのダイビング器材をこのハンガーにかけることができますので使い勝手がいいです。

≫Amazon|ダイビングハンガー

≫Rakuten|ダイビングハンガー

2. ウェットスーツ マルチハンガー

ウェットスーツ マルチハンガー

ウェットスーツマルチハンガーになります。

こちらのハンガーもかなり使い勝手がいいので、自宅用に1つ持っておくとかなり使えます。

ウェットスーツ マルチハンガー

形状的にかなり使いやすく、小物なども干しやすいですね。

BCDを干す場合はこちらのマルチハンガーよりも、ダイビングハンガーの方がいいと思います。

私もこちらのマルチハンガーは自宅で使っていますが、グローブ、フード、マスクなどの小物はこちらのハンガーで干して、重器材はダイビングハンガーで干したりしています。

≫Rakuten|ウェットスーツ マルチハンガー

≫Amazon|ウェットスーツ マルチハンガー

 

普通のハンガーより器材ハンガーの方が使いやすいです

ダイビング器材を干すときは、やはり普通の洋服用のハンガーよりも器材用のハンガーの方が間違いなく使いやすいです。

普通のハンガーですと、洋服用なので肩の部分が斜めになっていて、BCDが引っかからず下に落ちてしまったりするので、ダイビング器材にはかなり使いにくいですね。

その点、ダイビングハンガーですとしっかりとBCDも吊るせるようになっていたりするので、やはり使いやすいです。

 

ダイビングハンガーの使い方

ダイビングハンガーの使い方としては、特に難しいことはありません。

↓こんな感じで器材を掛けてあげれば大丈夫です。

ダイビングハンガーの使い方

ただ、こんな感じで干すこともできますが、わりとギュウギュウになりますので、やはり重器材用にダイビングハンガー、小物用にマルチハンガーの2つ持っていると、ゆとりをもって干して乾かせるので便利だと思います。

 

ダイビングの器材ハンガーおすすめ2つ!【使い方なども】

 

あわせて読みたい

そんな感じで、ダイビング器材のハンガーについてでした。

自宅で使うなら、両方あるとかなり使い勝手がいいですよ。

重器材と小物を分けて干せるので、ギュウギュウにしなくてすみます。

価格も大して高くありませんので、器材を持っている人は2つ持っておいても損は無いと思います。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】