ダイビングではペリカンケースが便利です|おすすめのサイズ2つ

ダイビングではペリカンケースが便利です|おすすめのサイズ2つ

イントラ兼ブロガーの小野です。

ダイビングのときには、ペリカンケースを持っておくとかなり便利です。

財布や携帯、貴重品なども入れられますし小物も入れられるので使い勝手がいいです。

また、おすすめのサイズは2つあります。

 

本記事では、ダイビングのときに使用するペリカンケースとサイズについて書きました。

快適に小物などを持ち運びたい人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングではペリカンケースが便利です|おすすめのサイズ2つ

ダイビングではペリカンケースが便利です|おすすめのサイズ2つ

では早速ですが、ダイビングのときに使用するペリカンケースについて書いていきます。

まず最初に、ペリカンのおすすめのサイズは以下になります。

 おすすめのサイズ

  • 1150
  • 1120

基本的には、このどちらかのサイズが使い勝手がいいです。

が、結論からすると、1150の方が容量が大きくてサイズ感も丁度いいので、使いやすいです。

 

写真はグレーが1150でブラックが1120です。

私が使っているのは1150のグレーです。

 

1150と1120の比較

1150と1120を比較してみました。

↓こんな感じ。

1150と1120の比較

1150はわりとなんでも入ります。

1120は、かなりコンパクトで財布と携帯とタバコと小物が少しくらいか入らないです。

 

↓また、長財布を使用している人は1120だと入らないので、1150にしておいた方がいいです。

1150と1120の比較

 

↓並べてみるとこんな感じです。

1150と1120の比較

 

ちなみに、私はパラオで働いていましたが、ガイド、パラオ人などほぼ全員と言っていいほど1150を使っていました。

 

1150のペリカンケース

1150のペリカンケース

私は両方使ったことがありますが、やはり1150の方が容量が多いので使いやすいです。

財布、携帯の他に、小さい工具やCカード関係、便利グッズや小物もペリカンの中に常備しています。

≫Amazon|ペリカンケース 1150

≫Rakuten|ペリカンケース 1150

1120のペリカンケース

1120のペリカンケース

1120のペリカンケースです。

とにかくコンパクトなケースがいい人は1120がいいと思います。

携帯、財布、タバコ、カギ、程度でしたら入ります。

ちなみに写真を見るとわかりますが、アイフォン8サイズが縦に入らないサイズ感です。

≫Amazon|ペリカンケース 1120

≫Rakuten|ペリカンケース 1120

 

・・・・・・・

そんな感じで、ダイビングでは1150か1120のサイズを持っておくといいです。

また、カラーバリエーションもいろいろあります。

ペリカンケース

ちなみにですが、ネットで買うときはアマゾンのほうが高速で発送されて、早ければ翌日に届くのでおすすめです。

 

ペリカンケースミニ 1020

また、私はこちらのペリカンケースミニ1020にマスクの曇り止めを入れて使っています。

ペリカンケースミニ

よく紛失してしまう曇り止めですが、こういったケースに入れて使うことで無くさなくなります。

≫Amazon|ペリカンケース 1020

≫Rakuten|ペリカンケース 1020

私の使っているこちらのマスクの曇り止めですと、3つは入りますので予備も含めて入れておくと便利です。

 

ペリカンケースとは

ペリカンケースとは

そもそもなぜペリカンケースかというと、

最強に頑丈で丈夫

だからです。

ペリカンプロダクツ社の製品は生涯ご使用いただけるように企画・製造されており、消防・セキュリティ、官庁、ライフサイエンス、防衛・軍(ミリタリー)、航空、エンターテイメント、産業およびコンシューマといった、最も高水準の品質を要求される業界のプロフェッショナルから、幅広いご支持をいただいているブランドです。一部引用:ペリカン公式HP

とにかく、軍やミリタリーなどは当然で世界中で愛用されている最強で最高品質のケースなのです。

また、格安中国製などではなくメイドインUSAなので信頼できます。

 

なので、信頼性が圧倒的に高いです。

製造の段階では、火、水、高所からの落下、クルマで踏む、などのテストをクリアして作られています。

ちなみに本社はカリフォルニア州で、あまり知られていませんが創業者はダイバーです。

 

完全防水

当然ですが、ペリカンケースは完全防水です。

ダイビングで船の上でずぶ濡れになったり、海に落としてしまっても全く問題ありません。

私もよくダイビングの後に塩を落とすので、水槽でじゃぶじゃぶしたり水をかけたりして洗っています。

“ニュージーランドのカイパラ港でペリカンケースを落としてしまい、1か月後、アフィツゥ半島のビーチに打ち上げられました。ニュージーランドの西海岸は、大きな波が打ち寄せ、非常に起伏が多い、厳しい海洋環境となっています。満潮となる地点に打ち上げられるまでに、粉々になっていてもおかしくはなかったのです。ペリカンケースは1カ月のうちの大半を浮いていたに違いありません。また、フジツボの成長具合から、そのケースは水面下でアザラシにも攻撃されていたと推測できます。にもかかわらず、ケースを開けた時、ケース内には一滴も水が浸入しておらず、オーリング(ガスケット)がしっかりと機能していたのです。私の持ち物は全て手元に戻ってきて、携帯電話も問題なく使用することができました。「確かにペリカンケースには防水機能があるけれども、そこまでの防水性じゃないと思うよ。」と知人達に言われていたので、その言葉が間違っていると証明できて、私の持ち物が全て無事に戻ってきて本当に良かったです。ペリカンケースをいつも仕事用に使用していますが、今回の件で最善策だったと再認識しました。私の上司は南極に行く時にいつもペリカンケースを使用しています! “ ペリカン公式HP

 

自動気圧調整バルブ

自動気圧調整バルブ

ケースの側面にはバルブがついていて、内部の気圧を一定に保ってくれます。

夏などに完全密封していると、内部の気圧が上がって熱くなって携帯など電子機器にも影響が出ますしライターなども危険ですが、バルブが気圧を調整してくれるので問題ありません。

私もパラオで船の上で何度も直射日光に当てたまま潜ったりしましたが、全く問題ありませんでした。

完全防水性を保ちつつも、こういった機能が付いているのが技術ですね。

≫Amazon|ペリカンケース 1150

≫Rakuten|ペリカンケース 1120

 

 あわせて読みたい

 

そんな感じで、ダイビングのときにはペリカンケースがあると便利です。

貴重品やカギなどをいちいちショップに預けなくてすみますし、全部ペリカンに入れて持ち歩けばオッケーです。

ビニール製の防水バッグより、ペリカンの方が使いやすいです。

ペリカンはとにかく安心して海で使えます。

では。

 

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】

おすすめ≫ダイビングのライト|値段の安いおすすめのライト10選【コスパ】