ダイビングでオクトパスを固定するオクトパスホルダー3選【おすすめ】

ダイビングでオクトパスを固定するオクトパスホルダー3選【おすすめ】

部長です。

ダイビングで使うオクトパスを固定する、おすすめのオクトパスホルダー3選です。

趣味で定期的に潜っているダイバーや、最近自分のレギュレーターセットを買った人の中には、オクトパスを固定するおすすめの方法について知りたいって人も多いと思います。

そこで本記事では、おすすめのオクトパスホルダー3つについて書きました。

オクトパスをプラプラさせずに、しっかりと固定させたい人は参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングでオクトパスを固定するオクトパスホルダー3選

ダイビングでオクトパスを固定するオクトパスホルダー3選

ということで早速ですが、
ダイビングでオクトパスを固定するおすすめのオクトパスホルダーは以下になります。

 おすすめのオクトパスホルダー

  1. ホースホルダー・リテーナータイプ
  2. マグネットタイプ
  3. 輪っかタイプ

基本的には、上記の3つが使いやすくておすすめです。

特に私のおすすめは、1のタイプで私もよく使っています。

 

1. ホースホルダー・リテーナータイプ

ホースホルダー・リテーナータイプ

まず最初におすすめなのは、このタイプのオクトパスホルダーです。

下の部分はオクトパスのホース、上の部分はゲージの少し細目のホースがピッタリ装着できるようになっています。

なので、オクトパスを左出しにしている人は、ゲージとオクトパスをまとめてBCに装着できます。

↓こんな感じ。

オクトパスホルダー

オクトパスに関しては、下に引っ張れば外れますのでクイックリリースもできます。

私もちょくちょく使っていますが、コスパもいいですしとても使い勝手がいいオクトパスホルダーです。

≫Amazon|オクトパスホルダー カラー

≫Amazon|オクトパスホルダー ブラック

≫Rakuten|ダイビング ホースホルダー

 

2. マグネットタイプ

マグネットタイプ

次におすすめなのは、マグネットタイプのオクトパスホルダーです。

このオクトパスホルダーは、フック側をBCDに装着、もう片方をオクトパスのホースに装着して、マグネットで止めれるようになっています。

シンプルで使いやすいです。

マグネット式なので、割れたりちぎれたりする心配はありませんので、半永久的にロングライフで使えます。

≫Amazon|オクトパスホルダー マグネット

≫Rakuten|オクトパスホルダー マグネット

 

3. 輪っかタイプ

輪っかタイプ

三つ目におすすめなのは、輪っかタイプのオクトパスホルダーです。

基本的に輪っかタイプのオクトパスホルダーも、片方をBCDのDリングなどに、輪っかの方をオクトパスのマウスピースの部分に通して装着します。

このタイプのオクトパスホルダーも、緊急時にはオクトパスを引っ張れば外れるようになっていますので、クイックリリースもできます。

シンプルで使い勝手がいいのでおすすめです。

≫Amazon|オクトパスホルダー 輪っか

≫Rakuten|オクトパスホルダー 輪っか

 

オクトパスホルダーを使用して固定しましょう

オクトパスホルダーを使用して固定しましょう

基本的なことになりますが、自分の器材を使っている人はオクトパスホルダーを使ってオクトパスを固定してブラブラさせないようにしましょう。

オクトパスやゲージをしっかりと固定しておくことによって以下のメリットがあります。

  • 水底に引きずらない
  • サンゴを傷めない
  • 岩に引っかからない
  • オクトパス、ゲージに砂が噛みにくいので故障しにくい

こんな感じでメリットしかありません。

特に、水底付近で潜ったときは結構オクトパスやゲージに砂が挟まります。

使用後にしっかりと洗わないとオクトパスなどはフリーフローの原因になります。

なので、最初からしっかりとオクトパスやゲージはBCDに装着できるようにしておきましょう。

 

オクトパスゲージぶらぶらダイバーは卒業しましょう

よくダイバーの中には、オクトパスやゲージ類などを全てブラブラにしている人もいます。特にベテラン風なダイバーに多い気がします。

ぶっちゃけゲージぶらぶらダイバーはカッコよくないので、卒業してしっかりとオクトパスやゲージをBCDに装着しましょう。

 

そもそもですが、本当に上手な人ほど実はしっかりしています。

例えば、洞窟(ケーブ)を潜るダイバーやテックダイバーは狭い空間を潜ったりしますので、オクトパスやゲージをぶらぶらさせずにしっかりと固定します。

つまり、そういった思考のある人は、オクトパスやゲージをそもそもブラブラさせることは無いのです。

って言うか、オープンウォーターで習ってますが。

しかし、いつまでもぶらぶらさせている様では、色々なシチュエーションで潜ることを想定していないので、そういった思考には程遠く上級者にはなれないですね。

 

また、よく故障している器材がカッコイイと思っていたり、洗っていなくてカビが生えて不潔でボロボロになっている器材がカッコイイと思っているダイバーもいます。

しかし、ぶっちゃけそれは間違っていますしとてもダサいです。

使い込まれているけどしっかりとメンテナンスしてある器材と、洗ってなくてカビが生えていて故障している器材を勘違いしないようにしましょう。

しっかり洗って乾かしていれば、普通はカビは生えません。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、オクトパスを固定するオクトパスホルダー3選でした。

しっかりとオクトパスやゲージを固定しましょう。

では。

 

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】