YouTubeチャンネルはこちら

ダイビングで使わない方がいいGOPRO(ゴープロ)の自撮り棒

ダイビングで使わない方がいいGOPRO(ゴープロ)の棒

部長です。

最近ダイビングを始めてGOPROを買った人の中には、何も知らずダイビングで使わない方がいいゴープロの棒を買ってしまう人も多いです。

結論からすると、ダイビングで使わない方がいいゴープロの自撮り棒は、浮くタイプ(フローティング)です。

基本的に浮くタイプの棒はスノーケラーに適しており、水中のダイビングでは向いていません。

浮くタイプの棒は、水中で手を離すと水面まで浮いていきます。ダイビングは急浮上すると減圧症のリスクがあるので、水面まで浮いていったゴープロを追いかけて急浮上することができません。また、気が付かずに水面までゴープロが浮いていき、波に流された場合捜索困難です。

したがって、ダイビング中はマイナス浮力になる一般的な自撮り棒の方が向いています。ダイビング中に水中で落とした場合、ガイドはルートを把握しているので高確率で発見することができます。また別チームの誰かが発見する可能性も高いです。

もう一つの理由は、浮くタイプは浮こうとして常にフワフワしているので単純にうざったいので使いにくいです。常に浮こうとするゴープロをストラップで腕に通しておいても、浮こうとするのでかなりストレスです。

そういった理由からゴープロをダイビングで使う場合、浮くタイプの棒はやめた方がいいです。

 

↓これからゴープロの自撮り棒を買う場合、おすすめはGliderです。Gliderは日本のメーカーなので品質が良いです。

GLIDER GoPro用アクセサリー 4段伸縮グリップ 自撮り棒 セルフィー セルカ棒 アクションカメラ コンデジ GLD8309GO116B
GLIDER
¥3,850(2024/02/21 16:27時点)
【アクションカメラ用セルカ棒】自撮り棒にも、高い位置からの撮影にも便利 ゴープロ用
GLIDER GoPro用アクセサリー 4段伸縮グリップ 自撮り棒 セルフィー セルカ棒 アクションカメラ GLD7722GO100
GLIDER
¥3,300(2024/02/21 22:06時点)
【最大の長さは約3倍伸びる伸縮グリップ】自撮り棒にも、高い位置からの撮影にも便利 ゴープロ用

よく分からない格安チャイナを選ぶより、Gliderにしておいた方がいいです。

それかGOPRO公式ですね。

GoPro El Grande (38in Extension Pole) (GoPro Official Mount) [並行輸入品]
GoPro(ゴープロ)
¥16,240(2024/02/21 02:41時点)

↓ゴープロにおすすめの小型ライト

NEEWER 水中防水ライト 輝度調節可能 GoProアクションカメラなどに対応【並行輸入品】
NEEWER
最大131ft/40mまで防水できるので、どうぞ試してみてください。ご注意:照明器具を水の上で長時間使用するとライトが非常に高温になります。水の中でご使用をオススメします。

 

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ・小物まとめ30選【これで海は完璧】

 

おすすめの関連記事

 

ゴープロ
\ SNSでシェアする /
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
部長の水中写真と秘密のダイビングログ