NDS(日本ダイビングスポーツ)レギュレーター ポレスターⅡを愛用しています

NDS(日本ダイビングスポーツ)のレギュレーターを愛用しています

部長です。

BCDはたくさん持っていますが、レギュレーターは現在NDS一筋です。

ライセンス講習のとき、パラオの超激流に毎日潜っていたとき、セルフダイビングで水深40mまで行くとき、いつも私はNDSと一緒です。

過去にはいろいろなレギュレーターを使ったこともありますが、最高で最もシンプルなものに出会うとそれ以外考える必要がなくなります。

今回は、そんなNDSのレギュレーターを紹介したいと思います。ちなみに予備含め5セットくらい持っています。(笑)

 

スポンサーリンク

 

NDS(日本ダイビングスポーツ)のレギュレーター ポレスターⅡ

NDS(日本ダイビングスポーツ)のレギュレーター

NDSは兵庫県神戸市にある会社です。パーツのすべてを国内生産している、いわゆるメイドインジャパンです。ちなみに、NDSはホームページなどはありません。

2022年現在、NDSのレギュレーターは16機種あります。その中でも私が使っているのは「ポレスターⅡ」というモデルで、最も人気がある機種です。

また私は他にも「ディープ」という最もシンプルなモデルも使用しています。

 

ファーストステージ

ファーストステージ

 

NDS(日本ダイビングスポーツ)のレギュレーター

私の使用しているポレスターⅡのファーストステージのサイズはとってもコンパクトです。

NDSはデカくて重いイメージをお持ちの方もいると思いますが、ポレスターⅡはかなりコンパクトで軽量なので器材の軽量化をしたい方や、よく移動したりリゾートで潜る方にはおススメです。

ちなみにファーストステージの向きはNDSのかっこいいエンブレムがあるのが下向きになります。

セカンドステージ

NDS日本ダイビングスポーツのレギュレーター

NDSのセカンドステージはわりとコンパクトです。

上の写真、センターはエーペックスのXTXタングステン、右はアクアラングのカリプソですが、比べるとNDSは一回り小さいです。

NDS日本ダイビングスポーツのレギュレーター

 

吸いやすさ

NDSのレギュレーターは、

とにかく吸いやすい

です。

とにかく自然に吸えますね。

全く不自由することなく水中で呼吸ができます。

苦しかったり、渋いなどと感じたことは一度もありません。

私はパラオで働いていましたが、パラオの激流でも全く問題なく潜れます。

マウスピース

マウスピース

マウスピースは純正のまま使っています。

特にくわえにくかったりはしないので、そのままでいいかなと思います。

前まではよくジャックスのマウスピースを使っていましたが、結局今は純正を使っています。

丈夫ですし安いですしね。

NDSのマウスピースはブラックとクリアがありますが、クリアは黄ばんでくるので私はオクトパスも含め、全てブラックのマウスピースにしています。

構造

ファーストステージの構造はシンプルなピストンタイプになります。シンプルな構造を採用することによって部品の数を限りなく少なくできるので、故障の箇所が少なくロングライフで使用できるのです。

毎日潜るガイドの方やシンプルでとにかく丈夫な機材を使いたい方にはオススメだと思います。

ポレスターⅡの他に中圧がスイベルになっているポレスター1や、ディープなどのラインナップもあります。

ゲージ

ゲージ

ゲージはNDSの純正を使っています。

NDSのレギュレーターにはやはり他社ゲージではなく、ゲージもNDSがいいと思います。

NDSのゲージは構造が他社と違うので、まず壊れる心配はないと思います。

金属製でできていて、かなり丈夫なのでまず故障することはありません。

この二連ゲージはとっても重いです。

しかしながら、故障やエア漏れの心配がまず無いと考えるとやはりこれにたどり着いてしまいます。

ホース類

ホース類

ホース類は全てNDS純正を使っています。

最近メッシュホースが流行っていますが、実はメッシュホースは外見からだとホースの劣化具合がわかりません。

メッシュホースは内部のエアーの通り道がウレタンでできているので、最悪硬化してパキパキに割れて内部で詰まる可能性もあります。(アクアラング社から喚起あり

このようなことが起きていても外部からホースの劣化具合がわからないので判断しにくいのです。

なので私は基本的に全て純正のゴムホースを使うことにしています。

外側の劣化が発見できたら交換するという目途も立てやすいです。

 

・・・・・・・

少し長くなってしまいましたがNDSのレギュレーターのご紹介でした。

カタログや最新の情報を知りたい人はサンマリンショップさんのHPを見てください。

ダイビングを楽しみましょう。

では。

 

関連記事≫NDS(日本ダイビングスポーツ)のオクトパス【最高の器材】

関連記事≫ダイビングのBCD|おすすめの軽量なタイプ3選【旅行にぴったり】

関連記事≫NDS(日本ダイビングスポーツ)のBCD|Fタイプを愛用しています