ダイビングのドライスーツのフィン|おすすめ2つを紹介する

ダイビングのドライスーツのフィン|おすすめ2つ

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングのドライスーツにおすすめのフィンについてです。

ドライスーツではドライスーツ用のフィンを履くと、アンクルウェイトを足首につけなくていいので楽ですね。

本記事では、ドライスーツ用のフィンを2つ紹介していきます。

ドライスーツ用のフィンを検討している人は参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ダイビングのドライスーツのフィン|おすすめ2つ

ダイビングのドライスーツのフィン|おすすめ2つ

おすすめのドライスーツ用にフィンは、以下の2つになります。

  • ガル マンティスドライフィン
  • エイペックス RK3 HD

この2つがおすすめですね。

ドライスーツ用のフィンを検討している人は、基本的にはこのどちらかのフィンで考えれば大丈夫だと思います。

ちなみに、ドライスーツ用のフィンと普通のフィンの違いは重さになります。

ドライスーツだと足がかなり浮きやすいので、ドライスーツ用のフィンは足が浮かないように重たくなっています。

では各フィンを見ていきます。

ガル マンティスドライフィン

マンティスドライフィン(MANTIS DRY FIN)

ガルのマンティスドライフィンになります。

定番中の定番のドライスーツ用のフィンになります。

ドライスーツのフィンを検討するときは、まずはこちらのマンティスドライフィンにしておけば問題ないと思います。

私も使用しています。

長さは普通で一般的な長さになります。

カラーバリエーションは以下になります。

ガル マンティスドライフィンのカラーバリエーション

私はホワイトを使っていますが、汚れが目立たなくてプロっぽいブラックもカッコイイですね。

女性ダイバーはピンクなんかもオシャレだと思います。

サイズ

サイズ表は以下になりますが、基本的にはSとMしかないので選びやすいと思います。

サイズ 重量(weight) 寸 法
a b c d
S 1,550g 525 × 187 × 115 × 80 mm
M 1,690g 565 × 195 × 115 × 90 mm

【MANTIS DRY FIN ブーツ適応参考表】

サ イ ズ ワールドダイブ社製ドライブーツ モビーディック社製ドライブーツ
S 24~26cm 24~26cm
M 26~28cm 26~28cm

Mサイズで重量は片方で約1.7kg、両方で約3.4kgになります。

ほとんどの女性はS、男性はMになると思います。

ストラップタイプなのでサイズ調整がしやすいです。

↓水中で見るとこんな感じです。

ガル マンティスドライフィンを水中で見た感じ

ネットで買うのが断然安いですが、見た感じアマゾンの方が安いですね。

≫Rakuten|ガル マンティスドライフィン

≫Amazon|ガル マンティスドライフィン

 

エイペックス RK3 HD

エイペックス RK3 HD

RK3の上位モデルに当たるRK3 HDフィンは、スタンダードなRK3に比べ高密度素材を使用しより硬度を高め、より重いく作られたフィンです。ドライスーツでのダイビングに理想的なフィンです。

エイペックスのRK3HDになります。

RK3フィンのドライスーツ用になりますね。

とりあえず、なんせプロっぽくてイケてます。ベテラン感出せますね。

私はブラックとドライ用のHDを二つ使用しています。w

写真を撮るときは重めの方がいいので、ウェットスーツでもHDを使っています。

RK3フィンに関しては別記事で詳しく書いていますので、参考にしてもらえればと思います。

≫ダイビングのフィン|エイペックスのRK3はおすすめです(Apeks)

ウェット用のフィンは3色展開ですが、ドライスーツ用はグレーの1色になります。

サイズ

サイズは以下になります。

M L XL
サイズ 23cm~26cm 26cm~28cm 28cm~
重量【左右】 2.1Kg 2.5Kg 2.55Kg
全長(cm) 48.5 54.5 57
ブレード幅(cm) 23 24 24
GY 621710 621720 621730

重量はフィン片側で1.4kgで、両方で2.8kgになります。

※上記サイズ表は公式HPから引用していますが、数値が間違っていて、ドライ用フィンの重さは+300gになります。

サイズ的には、ほとんどの女性はM、男性はLになりますね。

よっぽど足の大きな人はXLですね。

男性で足のサイズがだいたい26.5cm前後の人はほとんどLになります。

↓水中ではこんな感じです。

エイペックス RK3 HD

こちらは楽天しか出てないですね。

≫Rakuten|エイペックス RK3 フィン

≫Amazon|エイペックス RK3 フィン

 

ドライスーツ用のフィンを選ぶときのコツ

ドライスーツ用のフィンを選ぶときのコツ

さて、参考までに今回紹介している2つのフィンをどちらか選ぶときのコツを書いておきます。

初めてドライスーツ用のフィンを選ぶ人

→ どっちでもOK(どちらかと言えばガル)

です。

これまでに普通のフィン+アンクルウェイトで潜って、

重いと感じた人 → エイペックスRK3HD

丁度良かった人 → ガルマンティスドライフィン

を選ぶといいと思います。

カッコよさを求める人は間違いなくRK3ですね。

初めてドライスーツ用のフィンを選ぶ人

これまでに、一切ドライスーツで潜ったこともなくてフィンなどの感覚が分からない人は、どちらのフィンもドライスーツで快適に潜れるフィンなので、どっちでも大丈夫です。

が、どちらかと言えばガルのフィンの方が重たいので、ビギナーや初心者の人はガルにしておいた方が無難な気もします。

エイペックスに比べて片足で300グラムほど重いので、浮く心配が少なくなりますね。

ドライスーツに慣れていないと、とにかく足が浮いて逆さまになったりしますので、慣れていなくて心配な人はガルですね。

普通のフィン+アンクルウェイト経験済な人

これまでに普通のフィンとアンクルウェイトで潜ったことのある人で、

丁度良かった人はガルのマンティスドライフィンがいいと思います。

ガルの方がフィンが重めなので、アンクルウェイトを外してもドライフィンだと丁度いいと思います。

逆に、アンクルウェイトだと少し重すぎる人は、RK3HDが丁度いいと思います。

ガルよりも片足300グラムほど軽いので、アンクルウエイトほどの重さは必要なく、少し重くなってくれればいいという人は、RK3HDがいいと思います。

私は最初にガルを使ってからRKを使いましたが、両方使った結果、RKの方が丁度良かったです。

そんな感じである程度潜り慣れている人はRKでもいいと思います。

たぶんちょうどいいと思います。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、ドライスーツのフィンについてでした。

上記のような感じで選んでもいいと思いますし、単純にデザインが気に入った方でもいいと思います。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】