ドライスーツでダイビングをする水温はどれくらい?

ダイビングは雨でもできます・透明度などについて

部長です。

ドライスーツでダイビングをする水温はどれくらいなの簡単に説明します。

夏以外も快適にダイビングを楽しみたい人は参考にしてください。

ちなみにイントラクラスの超ベテランダイバーほど、できれば濡れたくないのでウェットスーツよりドライスーツの方が好きです。

 

1. ドライスーツでダイビングをする水温

ドライスーツでダイビングをする水温

ドライスーツでダイビングをする水温は25℃以下です。

和歌山などの時期で言うと7月8月9月以外はドライスーツでダイビングします。人によっては6月、10月も寒さを少し我慢してウェットスーツで潜る人もいます。

沖縄本島の場合は11月後半頃~5月末まではドライスーツで潜る人が多いです。イントラも普通にドライスーツを着ています。宮古島や石垣だと根性で一年中ウェットスーツで潜る人もいますが、ハッキリ言って寒いです。

寒さに対する神経が一般的な多くの人にとって、はっきり言って水温25℃以下でウェットスーツだとかなり寒いです。ドライスーツを持っている場合、ドライスーツで潜ることをおすすめします。

11月後半以降~翌年ゴールデンウィーク明けまでは、沖縄であってもウェットスーツで潜る場合はひっくり返るくらい寒いので注意してください。「潜れる」と「寒くない」は別なので勘違いしない方がいいです。例えば年末頃に根性でウェットスーツで潜ったとしても、多くの人は寒くて1本で断念します。笑

 

1-1. ドライスーツと天候・時期

ドライスーツと天候・時期

前述したとおり、基本的な考え方としては、水温25℃以下の場合はドライスーツだと思って大丈夫です。

ただし、6月の夏前、10月初旬の秋頃は天候が夏のように暑い場合があります。そういったときは水温23℃程度でもウェットスーツで潜る人もいます。

※7月8月9月の夏はウェットスーツ一択です。陸上が暑すぎるので、逆にドライスーツは危険なので絶対に着ないようにしてください。

 

2. ドライスーツのダイビングはウエイトベストがおすすめ

ワールドダイブのウエイトベスト

ドライスーツでダイビングをする場合、ウエイトベストを使用すると快適です。ベテランダイバーは皆ウエイトベストを使用しています。

ワールドダイブ ドライスーツ専用ウエイトベストver.2+鉛板(1枚500g)5枚セット
ワールドダイブ
¥12,979(2022/11/09 17:17時点)
フリーサイズ /素材は乾きやすく丈夫なターポリンを使用

腰のウエイトベルトだけにウエイトを装着すると、腰だけやたら重くなってとても潜りにくいです。腰痛の原因にもなります。また、腰にウエイトを付けると腰回りがウザったいですが、ウエイトベストならスッキリします。むしろ腰のウエイトベルトは使わずにウエイトベストだけで潜っている人の方が多い気がします。

≫Rakuten|ワールドダイブ ウェイトベスト

≫Amazon|ワールドダイブ ウエイトベスト

 

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ・小物まとめ30選【これで海は完璧】

 

おすすめの関連記事