ダイビングのフィン|エイペックス(Apeks)のRK3はおすすめです

ダイビングのフィン|エイペックス(Apeks)のRK3はおすすめです

部長です。

ダイビングのフィンでエイペックス(Apeks)のRK3はおすすめです。

RK3は米軍と共同開発されたストラップタイプのフィンになりますが、とても使い勝手がいいです。

私は、ビーチエントリーするときのストラップフィンとして愛用しています。

また、ウェット用、ドライスーツ用もあってどちらも使っています。

長すぎないサイズ感も、写真をじっくり撮る人などには最適です。

スポンサーリンク

ダイビングのフィン|エイペックス(Apeks)のRK3はおすすめです

ダイビングのフィン|エイペックス(Apeks)のRK3はおすすめです

ということで、早速ですがエイペックス(Apeks)のフィンでRK3について書いていきます。

RK3にはラインナップが二つあって、以下になります。

 RK3のラインナップ

  • RK3:ウェットスーツ
  • RK3 HD:ドライスーツ

があります。

通常タイプの方は、基本的にウェットスーツで使用します。

HDの方は通常に比べて重たくなっていますので、ドライスーツで使用します。

 

RK3を使っている感じ

RK3を使っている感じ

このフィンは見かけによらず、丁度いい柔らかさで意外と進みます。

見た目は重くて硬そうですが、実は結構普通です。

フィンの長さも長すぎず使いやすい長さなので、あまり移動せずにじっくり写真を撮るダイバーにも使いやすいです。

フィンキックに関しては、バタバタと泳ぐのではなく、フロッグキックで泳ぐのが向いています。

 

水中重量がベスト

また、このフィンは水中で少しだけプラス浮力になります。

なので、水中でフィンの重さで足が下がろうとしませんので、ホリゾンタルトリムの体勢をとても維持しやすいです。

 

一般的に使っている人の多い、ガルのラバーフィンなどは水中でマイナス浮力なので、だんだん足が下がろうとしますので、ホリゾンタルトリム状態でビタ止まりすることが難しいです。

しかし、RK3のように足の下がろうとしないフィンは、とても水平トリムが維持しやすく上級者やテックダイバー、サイドマウンターからも愛用されています。

 

また、米軍と共同開発されているので、バランス、重量、形状、全てが完璧に設計されいると思いますので、とても信頼できるプロ仕様のフィンです。

 

RK3:ウェットスーツ

RK3:ウェットスーツ

通常、ウェットスーツで潜る場合はノーマルタイプのRK3がおすすめです。

私はガルのGSブーツの27センチを履いていて、RK3はブラックのLサイズを使用していますが丁度いいです。

一般的な男性のほとんどはLサイズになると思います。

足のサイズが28センチ以上あるとても大きな人はXLを選びます。

足が25センチくらいの人や、女性はMになります。

 

RK3・カラー

カラー

通常のRK3のカラーは現在、ブラック、ホワイト、イエロー、ピンクのラインナップになります。

 

ちなみに、ドライスーツで通常のRK3を使用すると、足が浮き気味でスカスカするのでアンクルウェイトを使用するとちょうどいいです。

また、ガルのフィンなどは使っている人はかなり多いですが、RK3フィンは使っている人はほとんど見かけないので、人とかぶりたくないダイバーにもおススメです。

≫Rakuten|RK3 フィン

≫Amazon|RK3 フィン

 

RK3 HD:ドライスーツ

RK3 HD:ドライスーツ

RK3をドライスーツで使用する場合は、通常タイプよりもHDの方が重いので丁度いいです。

私もドライスーツのときはHDを使っています。

なので、これからドライスーツのフィンを検討している人にも、HDはおすすめです。

ちなみに、ドライスーツでHDタイプを使うときは、そもそもフィンが重くなっているのでアンクルウェイトは必要ありません。

 

RK3 HD・カラー

カラー

ドライスーツで使用する、HDタイプのカラーは現在、ブラック、グレー、オレンジのラインナップになります。

 

RK3 HD・ウェットスーツでも使える

ちなみに、HDはドライスーツにはぴったりですが、通常のウェットスーツでも使えます。

例えば、私はドライスーツでなくてもウェットスーツのときに着底して足をしっかりと水底につけて写真を撮りたいときにも使用しています。

ただし、そういったシーンではなく通常のダイビングでHDタイプを使うと少し重いので、トリム状態になっても足が下がり気味になります。

なので、ウェットスーツ用とドライスーツ用で分けた方がいいです。

 

また、ガルのマンティスドライフィンですと左右で3.4キロもあって、スーパーヘビーなので、そこまでの重さは求めていないダイバーにもこちらのRK3HDはおすすめです。

≫Rakuten|Apeks RK3 HD

≫Amazon|Apeks RK3 HD

 

そんな感じで、カッコイイ、渋い、ベテランぽい、他人とかぶらなくて、更に米軍と共同で開発されているといった間違いないフィンです。

ちなみにおすすめのブーツはこちらです。

≫Rakuten|ガル GSブーツ

 

RK3フィンはオールマイティーに使える

RK3フィンはかなりオールマイティーに使えます。

当然ですが、テクニカルダイビング向けに開発されているのでテックは当たり前です。

一眼やフォト派の人でマクロ撮影などをする人は、長いフィンですと邪魔になって使いにくいので、短めのフィンが使いやすいです。

また、流れの無い穏やかなポイントでダイビングをする際も無駄に長いフィンは必要ないので、RK3のような短めでよく進むフィンは使いやすいです。

ビーチエントリーするときもストラップフィンは重宝しますので、1つは持っておくといいと思ます。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、エイペックスのRK3フィンはおすすめです。

1つ持っておけば幅広く活躍してくれるフィンです。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】