ダイビングのドライスーツ・値段と相場などについて解説

ダイビングのドライスーツ・値段と相場などについて解説

部長です。

ドライスーツの値段と相場についてある程度解説します。

これからマイドライスーツを買おうと思っていたり、ドライスーツが気になっている人の中には、値段や相場について知りたい人も多いと思います。

そこで本記事では、ドライスーツの値段や相場について書きました。値段が気になりまくって仕方がない人は参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

ダイビングのドライスーツ・値段と相場

ダイビングで使うドライスーツの値段について

早速ですが、ドライスーツの平均的な価格と相場は以下の通りです。

ドライスーツの平均的な価格と相場

  • 高級クラス:25万~
  • 中堅クラス:15万~25万
  • 安いクラス:15万以下

私の経験上、多くのダイバーは安いクラス~中堅クラスを選択します。器材が好きな人、どうせ買うならより質の良い物を求めるダイバーは高級クラスを選ぶ人が多いです。

 

高級クラス

高級クラスのドライスーツは、基本的にとても値段が高く、平均すると25万以上する場合が多いです。

例えば、ワールドダイブやモビーズの最高グレードのモデル、ZEROのドライスーツ、シェルタイプなどがそれです。30万以上したとしても、それが普通です。

ZEROのドライスーツ

このクラスのドライスーツは、かなり値段が高いので普通は手を出しにくいです。

しかしながら、やはり値段と質は比例するもので、高級なモデルの場合より良い素材で作られていることが多いです。簡単に言うと良い素材とは着心地がよく、冬でも暖かいということです。

 

中堅クラス

最もドライスーツで選ばれることの多い価格帯は、中堅クラスの15万~25万円くらいのレンジです。

その価格帯のドライスーツを着ているダイバーが最も多く、ポピュラーなモデルが多いです。

ワールドダイブやモビーズの一般クラスのラインナップ

 

例えば、ワールドダイブやモビーズの一般クラスのラインナップであれば、オーダーしたとしても25万円以下には納まると思います。

ショップで購入する場合は、少し値引きしてくれると思いますので、23万くらいで買えると思います。忘れましたが、たしか私のワールドダイブのドライスーツも25万円くらいだったと思います。

 

安いクラス

ドライスーツで、15万円以下の場合はかなり安いクラスのドライスーツです。

例えば、ワールドダイブの一番安いモデルのドライスーツであれば、122,000円で、オーダーすると追加25,000円となります。

ワールドダイブの一番安いモデルのドライスーツ

なので、オプションをつけたとしても、15万円くらいには納まりますね。

ちなみに言っておくと、安いモデルでも普通にダイビングはできますので、コスパを重視したい人は、安いクラスで十分です。

 

おすすめのドライスーツ用ハンガー

ワールドダイブ クイックハンガー

おすすめのドライスーツ用ハンガーはワールドダイブのクイックハンガーです。

ドライスーツの首の部分はネックシールがあり特殊な形状をしているので、普通のハンガーは使えません。また、普通のハンガーを使うとドライスーツの重さで肩の部分が極端に痛むので注意してください。最悪の場合、肩の負担がかかっている部分だけ生地が薄くなって穴が空きます。基本的にドライスーツやウェットスーツにはワールドダイブのクイックハンガーを使うことをおすすめします。

 

≫Rakuten|ワールドダイブ クイックハンガー 

≫Amazon|ワールドダイブ クイックハンガー

 

↓また、自分のダイビング器材を持っている場合、器材ハンガーを持っておくと便利です。自宅用、ダイビングに持って行く用で2本あると使い勝手がいいです。

おすすめの器材ハンガー

≫Amazon|BBC ダイビングハンガー

≫Rakuten|BBC ダイビングハンガー 

 

ダイビングのドライスーツの値段の差

ダイビングのドライスーツの値段の差

ドライスーツの値段の差について

一体何が違うんですか!?
先生、教えてください!

って思う人も多いと思います。

結論からすると、ドライスーツの値段の差は、ずばり素材の違いです。値段の高いドライスーツの方が丈夫で暖かい素材から作られています。

なので、最高級モデルと、一番安いモデルではそこが違います。防水性能などは同じです。

ただしハッキリ言っておくと、ドライスーツはそもそも体が濡れないので、暖かいです。なので、安いモデルだからといって、ウェットスーツ並みに寒くはなりませんし、普通に暖かいです。

 

ドライスーツはメンテナンスに出せることが条件

ドライスーツを買うときは、メーカーにメンテナンスに出せることが条件です。

基本的にはメジャーなダイビングメーカーであれば、どこでもメンテナンス出せるので問題ありません。

しかし、あまりにも格安でよく分からないメーカーのドライスーツをネットなんかで買ってしまうと、メーカーにメンテナンスに出せない可能性もありますので、注意してください。

ドライスーツはウェットスーツと違って、定期的にメンテナンスが必要です。

例えばメンテナンス内容としては以下のとおりです。

 ドライスーツのメンテナンス

  • 内側のクリーニング
  • 水没・ピンホールチェック
  • バルブ部分のオーバーホール
  • 手首・ネックシール交換

基本的に、水没したり壊れたりしなければ修理に出す必要はありません。

しかし、ネックシールや手首のシールはだんだん傷んでくるので、定期的に潜るダイバーは1年~2年に一回シールの交換に出す場合が多いです。

 

おすすめのドライスーツインナー

ダイビングのドライスーツのインナー

冬におすすめのドライスーツインナーはワールドダイブの「サーマルボディスムーサー」です。

このインナーは裏起毛で、表面からは風を通さない素材なので、とても暖かく快適です。風を通さないということは体温を外に逃がさない効果があります。

当然私もドライスーツのインナーはこれを愛用しています。私の場合このインナーの下にヒートテック上下、Tシャツなどを組み合わせて冬に潜ります。

≫Rakuten|ワールドダイブ サーマルボディスムーサー

≫Amazon|ワールドダイブ サーマルボディスムーサー

 

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】

 

おすすめの関連記事