ダイビングでウェットスーツの下に着るインナーについて【快適】

ドリフトでダイビングするときに必要なスキルについて

イントラの部長です。

ダイビングでウェットスーツの下に着るインナーについてです。

これからダイビングを計画していたり、ダイビングに行くときに、ウェットスーツの下には何を着ればいいか迷う人もいると思います。

そこで本記事では、ダイビングのときにウェットスーツの下に着るインナーについて書きました。

これでウェットスーツの下に着るインナー選びは完璧です。

スポンサーリンク

ダイビングでウェットスーツの下に着るインナーについて

ダイビングでウェットスーツの下に着るインナーについて

では早速ですが、ダイビングでウェットスーツの下に着るインナーについて解説していきます。

ダイビングでウェットスーツの下に着るインナーとしては、ざっくり以下のインナーがあります。

 ウェットのインナー

  • 水着
  • ラッシュガード
  • ウェット素材インナー
  • フードベスト

だいたいこういった感じですね。

水着、ラッシュガードに関しては保温性はありませんがウェット素材のインナーやフードベストを下に着ると一気に暖かくなります。

では個別に見ていきます。

 

水着

水着

まずは水着です。

ウェットスーツの下には、基本的に水着を着てからウェットスーツを着ます。

メンズの場合は、海パンのままウェットスーツを着てもオッケーですが、どちらかと言えば海パンの下に履くインナーで着た方がウェットスーツがフィットして暖かいです。

↓こういった状態ですね。

水着

 

メンズの場合で、おすすめはビラボンの海パンになります。

私も愛用しています。

やはりサーフィン用なので、サーフィンの激しい動きでも動きやすいようにストレッチしますしとても着やすくてデザインもオシャレです。

≫Rakuten|ビラボン 水着 メンズ

≫Amazon|ビラボン メンズ 水着

特に年配のオジサンの場合は、ヒザより上の丈の海パンを履くと一気に若返って見えるのでヒザ上の丈の海パンでオシャレな柄の海パンを履くといいと思います。

レディースの場合は水着の上にそのままウェットスーツを着ればオッケーです。

 

ラッシュガード

ラッシュガード

ラッシュガードです。

ウェットスーツの下に、気持ち的に何か着ていたい人はラッシュガードを着るといいと思います。

また、日焼けしたくない人や肌を露出するのに抵抗がある人もラッシュガードを着るといいです。

 

ダイビングで着るラッシュガードのおすすめはガルです。

やはり、ダイビングで着ることを前提に作られているので素材もいいですし、デザインも良くてオシャレです。

↓レディースの場合はこのような下パンツもあります。

 

メンズ、レディースともにラインナップがあるので、楽天やアマゾンで買うといいですね。

たぶんそれが最安です。

ちなみに、ウェットスーツの下にラッシュガードを着用すると、気持ち暖かくなります。

あと、肌が汗ばんでいても、ラッシュガードを着ているとウェットスーツがスルっと着れますので快適です。

≫Rakuten|ガル ラッシュガード

≫Amazon|ガル ラッシュガード

 

ウェット素材インナー

ウェット素材インナー

ウェットスーツと同じ素材のインナーです。

基本的には1mm~3mmくらいまでで、ウェットスーツと同じネオプレン素材やスキン素材のものが多いです。

こういった1mm~3mmくらいのインナーをウェットスーツの下に着ると、確実に暖かくなります。

おすすめはガルのロングスリーブです。

≫Rakuten|GULL ロングスリーブ

≫Amazon|GULL ロングスリーブ

 

特にインナーのパンツはかなり温かいのでおススメです。

インナーパンツ(ウェットパンツ)ショート

私もガルを愛用していますね。

こういったインナーは、持っておくとウェットだけでは寒い場合に調整できるので重宝します。

パンツを重ね着すると、明らかに体感して暖かくなりますので、寒さに弱い人はインナーパンツも履きましょう。

≫Rakuten|ガル パンツ 1mm

≫Amazon|ガル パンツ 1mm

 

フードベスト

ココロア フードベスト

フードベストです。

フードベストもウェットスーツの下のインナーとしてかなり使いますので、1着持っておくといいと思います。

ダイビング中は体温ロスの75%は頭から失われていきますので、フードで保護してあげるととても暖かくなります。

とにかくフードベストは使い勝手がいいので重宝します。

≫Rakuten|ダイビング フードベスト

≫Amazon|ダイビング フードベスト

 

ダイビングのインナーで知っておくこと

ダイビングのインナーで知っておくこと

ダイビングのインナーについて、一応書いておきます。

  • ラッシュガードは濡れたままだとかなり寒い
  • フードベストはウェットの下に着ること

こういったことを覚えておくといいです。

 

ラッシュガードは濡れたままだとかなり寒い

よく、ダイビングのときに濡れたままラッシュガード1枚の格好になっていて、寒そうにしている人を見ますが、

濡れたままは一番寒い

ので、濡れたままラッシュガードを着ているくらいなら脱いでしまった方がドライになるので暖かいです。

真夏の太陽カンカン照りの下でしたら大丈夫だと思いますが、それ以外ですと割とけっこう寒いです。

天気の悪い日など、ダイビング後にラッシュガード1枚や濡れているウェットスーツをを着たままよりも、早く脱いでタオルで体を拭いた方がすぐに暖かくなります。

 

フードベストはウェットの下に着ること

フードベストはウェットスーツの下に着た方が確実に暖かいです。

ウェットスーツの上から来ても、まず脇や肩の部分やウエストの部分に必ず隙間ができますので、フードベストとウェットスーツの間に海水が入るので結局効果が薄くなります。

しかし、ウェットスーツの下に着ることによって完全フィットしますので、とても暖かくなります。

 

 あわせて読みたい

 

そんな感じで、ダイビングのウェットスーツの下に着るインナーについてでした。

これで完璧なインナーのチョイスができるようなりました。

すこぶる快適なダイビングを楽しんでください。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】