沖縄で12月の冬にダイビングをする【年末年始は普通に寒い】

沖縄で12月の冬にダイビングをする【年末年始は普通に寒い】

部長です。

沖縄で、12月の冬にダイビングをすることについてです。

12月や年末年始に沖縄でダイビングを計画している人の中には、水温や寒いのかどうか気になる人も多いと思います。

 

そこで本記事では、12月の沖縄でダイビングをすることについて書きました。

12月や年末について、予め知っておきたい人は参考にしてください。

スポンサーリンク

沖縄で12月の冬にダイビングをする【年末年始は普通に寒い】

沖縄で12月の冬にダイビングをする【年末年始は普通に寒い】

ということで早速ですが、12月や年末年始に沖縄でダイビングをすることについて、書いていきます。

分かりやすく書くために、以下の点について解説します。

 

 12月の沖縄ダイビング

  1. 水温
  2. スーツ
  3. 休憩中
  4. 天候・風向き
  5. 陸上での服装

 

また、最初に結論も書いておきます。

12月の沖縄でのダイビングは普通にかなり寒いので、しっかりと寒さ対策をしておいた方がいいです。

特にウェットスーツでダイビングをする場合は、最低5mm以上のウェットスーツで、インナー上下とフードは必須です。

 

12月になると、沖縄であっても常夏のリゾート感はありません。

また、天候も曇りが続いたりすると、陸上でも厚めのジャケットが無いと寒くて無理です。

 

1. 水温

まず最初に最も気になる水温です。

年末年始の沖縄本島の水温は、平均すると22℃~23℃です。

12月の始めであれば23℃付近です。

 

2020年の年末は、私自身沖縄本島で潜っていましたが、連日22℃~23℃の間でした。

なので、基本的には沖縄本島周辺でダイビングをする場合は、22℃~23℃だと思っておくといいです。

 

2. スーツ

12月や年末年始に沖縄でダイビングをするのであれば、

ウェットスーツの場合、間違いなく5mm以上で、インナー上下にフードは必須です。

どれくらい必須かと言うと、100%です。

ウェットスーツのの場合はインナーが無いと、寒くて無理です。

3mmのウェットは絶対やめた方がいいです。

 

寒さに強い体型の人は、ギリギリやっつけで潜ることはできるかもしれません。

しかし、寒さに対する神経が普通の人は、とても寒いです。

 

また、12月になると陸上の天気も北風の強風で、曇っていたり雨が降ると想像以上の寒さです。

なので、途中で心が折れないように、ウェットスーツで潜るのであれば、しっかりとインナーは準備しておいた方がいいです。

 

2-1. ドライスーツ

基本的にドライスーツを持っている人は、ドライスーツで潜った方が快適です。

真冬並みにインナーを着込む必要はありませんが、長袖上下のインナーが丁度いいです。

当然ですが、私もドライスーツです。

 

ちなみにですが、沖縄のガイドも普通にドライスーツで潜ります。

ライセンス講習のイントラやマリン屋さんは、ゲストに合わせて根性でウェットで潜りますが、ファンダイビングのガイドは基本ドライスーツです。

なので、ガイドがドライであれば、ゲストもドライにしておく方が、ハッキリ言って無難です。

 

3. 休憩中

12月に沖縄でダイビングをする場合、休憩中は相当寒いのでジャケットは必須です。

たまに晴れて気温が上がるときは、小春日和みたになるので、ある程度日差しが暖かいです。

 

しかし、曇っていたり雨だと陸上でもジャンバーが無いとツラいです。

手も冷たいです。

強風だと車から降りたくないです。

なので、普通に薄めのダウンなどを準備しておいた方がいいです。

 

4. 天候・風向き

12月や年末年始の沖縄の天候は、曇りが多く強めの北風が多いです。

↓例えば以下は、2020年12月の那覇の天気です。

2020年12月の那覇の天気

天候はこんな感じで、けっこう曇りの日が続きます。

晴れて太陽が出れば、休憩中でも暖かく感じます。

 

4-1. 風向き

12月の沖縄の風は、ほぼ連日北風になります。

風が弱ければある程度潜れますが、強風になると真栄田岬など北向きのポイントは全滅になりますので、潜れるポイントは限られます。

 

↓Windyだとこんな感じです。

12月の沖縄の風向き

あまりにも強風だと、ボートダイビングでもかなり行ける場所が限られてきます。

ビーチでもそうですが、水面が荒れてハードなコンディションになる場合は、穏やかなポイントに変更して潜ります。

 

なので、基本的にダイビングが中止になることは少ないですが、ポイントは限られるといった感じです。

 

5. 陸上での服装

12月や年末年始の沖縄での服装は、普通に冬だと思って暖かい格好を準備しておいた方がいいです。

特にダイビングの場合は、夜は外食で飲みに行くことが多いと思いますので、夜出かけるときは普通に冬用のジャンバーを着た方がいいです。

 

なので、とりあえず念には念を入れて考えておきましょう。

寒いよりは準備をしておく方がいいです。

 

[ラドウェザー] レインコート メンズ レディース 耐水/透湿 15,000mm/30,000g/m2 自転車 カッパ 雨具 レインウェア 雨合羽 合羽 (ブラック, XL)
LAD WEATHER(ラドウェザー)
¥2,980(2021/11/07 17:52時点)
耐水圧が 18,456mm の優れた防水:ウェアやハットには高い水圧がかかるため、高い防水が欲しい。激しい動きが必要なシーンでも、強い雨の中でも濡れない

 

12月や年末年始の沖縄でのダイビングは寒いけど快適

12月や年末年始の沖縄でのダイビングは寒いけど快適

12月や年末年始の沖縄でのダイビングは、寒いけどしっかり準備をすれば快適にダイビングができます。

また当然ですが、冬になったからといって水中の透視度が悪くなるわけではありません。

ビーチダイビングでも平均の透視度は15m~20m、ボートダイビングで外洋に行くと20m~30mくらいの透視度はあります。

冬なので、陸上の気温や水温は下がりますが、水中はさすが沖縄といった感じでとても快適です。

 

ダイバーも少なくて快適

12月になると、夏に比べてダイバーもかなり減ってきますので、人が多すぎずとても快適です。

例えば、夏はボートの上やショップの施設も戦場かのごとく人だらけです。

しかし、冬になると年に一回夏だけ潜るシーズンリゾートダイバーや、ビギナーが一気に減ります。

なので、通年して潜るダイバーには冬はとてもおすすめです。

ライセンス取得講習でも、他の生徒ダイバーが少ないので、ゆっくりしっかりと教えてもらえると思います。

 

 

↓ウェットスーツのインナーの記事はこちらもどうぞ。

冬のダイビングで着た方がいいウェットスーツのインナー5つ
部長です。 冬のダイビングで着た方がいいウェットスーツのインナーです。 これから冬にウェットスーツでダイビングをする予定だったり、冬のダイ...
ダイビングのインナー|がっつり保温できるインナー5選【神】
部長です。 ダイビングのインナーで、がっつり保温ができるインナー5選になります。 これからウェットスーツでダイビングをする人や、ダイビング...

 

 あわせて読みたい

 

そんな感じで、沖縄で12月や年末年始にダイビングをする件についてでした。

とりあえずまとめると、しっかりと準備をしておいた方がいいです。

では。

 

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】

おすすめ≫ダイビングのライト|値段の安いおすすめのライト10選【コスパ】