沖縄でのダイビングは泳げない人でもできます【安心】

沖縄でのダイビングは泳げない人でもできますよ【安心】

部長です。

沖縄でのダイビングは泳げない人でもできます。

これから沖縄でのダイビングを計画していたりする人の中には、泳げないのでダイビングしても大丈夫なのか、気になる人もいると思います。

普通に考えたら泳げないとダイビングできなさそうですよね。

 

そこで本記事では、沖縄でのダイビングは泳げない人でもできる理由について書きました。

沖縄で最高にきれいな海に潜りまくりたい人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

沖縄でのダイビングは泳げない人でもできます

沖縄でのダイビングは泳げない人でもできますよ

沖縄でのダイビングは、
泳げない人でも全然問題ありません。

その理由としては、以下3つになります。

 理由3つ

  1. インストラクターと潜るので安心
  2. ダイビングは実はあまり泳がない
  3. BCDジャケットやフィンを使う

こういった理由です。

基本的に、マジな話まったく泳げない人でもダイビングはできますので、安心して大丈夫です。

 

1. インストラクターと潜るので安心

インストラクターと潜るので安心

まず、沖縄でダイビングをするときには、インストラクターと一緒にダイビングをします。

基本的にこのインストラクターの人達は、ダイビングができない人をダイビングができるようにさせるプロです。

なので、いくら泳げないから不安だと思っていても、インストラクターに教えられたらイヤでも間違いなくダイビングはできるようになります。

 

特に沖縄の場合は、夏やシーズンになると「泳げないので不安」と思っているお客さんが何百人と来ます。ぶっちゃけそういったお客さんをうまくダイビングさせるのは慣れていてもはや達人神クラスです。

また、ダイビングのインストラクターは常に安全第一で潜ることを考えています。

ゲストによっても、そのゲストが最も安全で楽しくダイビングができることを常に意識しています。

なので、基本的に安心して大丈夫です。

 

– 水中

水中でもダイビングのインストラクターは常にゲストを監視しています。

特に、まだビギナーだったり体験ダイビングの場合は、目を離してはいけないので100%インストラクターにサポートされながらダイビングをします。

また、インストラクターはゲストのちょっとした動きや仕草などで、ゲストが何を考えているか、何をしたいのかが判断できますので、安心して大丈夫です。

 

2. ダイビングは実はあまり泳がない

ダイビングは実はあまり泳がない

ダイビングって、実はあまり泳ぎません。

よく慣れていない人は、「水泳並みに泳ぐんじゃねえか」と思っている人もいますが、ぶっちゃけ真逆です。

ダイビングでは、ハアハアしてはいけませんので、限りなくゆっくり、疲れないペースで水中をフワフワと移動するといった感じです。

 

沖縄でのダイビングでも、夏やシーズンになると慣れていないお客さんがたくさん来ます。

そういったお客さんを激しく泳がすと、危ないし楽しくないんですね。

なので、基本的には猛ダッシュして激しく泳いだりすることはありません。

 

– インストラクターが引っ張ってくれる

沖縄でよくあるのは、体験ダイビングなんかの場合、インストラクターが引っ張ってくれます。

手やタンクをインストラクターが持って、浮力も調整してくれながら泳ぎますので、お客さんは水中でスーパーマン状態でゆっくり呼吸だけしていれば大丈夫です。

ぶっちゃけインストラクター側からしても、ヘタに激しく泳いでお客さんが疲れて危なくなるよりも、安全に管理してダイビングをする方が安心です。

 

また、特に体験ダイビングで人気の真栄田岬の青の洞窟なんかは、階段からエントリーすると、洞窟まで若干距離があります。

なので、体験ダイビングのお客さんのスキルでは泳いでいけませんので、インストラクターに引っ張ってもらった方が楽です。

 

3. BCDジャケットやフィンを使う

BCDジャケットやフィンを使う

ダイビングをするときには、BCDジャケットを着てフィンを履きます。その他にも、ウェットスーツやダイビング器材を使用します。

このBCDジャケットとフィンの役割は簡単に説明すると、以下になります。

  • BCD|水面で浮いてられる、水中で浮きも沈みもしない状態になる
  • フィン|素足の350倍くらい泳ぐのが快適

こういった感じです。

よく泳げない人は、水面でバタバタして溺れることが多いです。

しかし、BCDジャケットは中に空気を入れられるようになっているので、BCDジャケットを着ていれば絶対に沈むことはないです。なので溺れる心配はありません。

 

また、素足で泳ごうとしても無力すぎてまったく進みませんが、フィンを履くことによって信じられないくらい水中で進むので、快適にダイビングができます。

ダイビングをするときは、このようにダイビング器材を装着してダイビングをしますので、泳げない人でも大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

沖縄で泳げないのでダイビングが無理そうだったら

沖縄で泳げないのでダイビングが無理そうだったら

沖縄にダイビングに行って、泳げないのでどうしても無理そうだと思ったら、頑張りすぎずに勇気ある断念をした方がいいです。

特に、体験ダイビングの人は水中に入るときに、うまくできなかったり、恐怖から焦ってしまうこともあると思います。

そういった状態で頑張りすぎると、水中でパニックになってしまったり、あまり楽しめずに終わることもあります。

 

私もパラオでかなり体験ダイビングをしていましたが、普通に無理そうなので断念したお客さんはたくさんいましたよ。

なので、無理そうだと思ったら普通にやめて水面でシュノーケリングをして待っていても問題ないと思います。

 

沖縄のダイビングは最高

とりあえずまとめると、沖縄でのダイビングは最高です。

なんせ海水がハンパなく透明なので、晴れている日は太陽の日差しがキラキラと差し込んでいて、とても癒されます。

海亀も普通に泳いでます。

また、これから沖縄でのホテル、レンタカーを格安検索したり予約する場合は以下のサイトがおすすめです。

 ホテル・レンタカーおすすめサイト

この4つのサイトは、沖縄にダイビングに出かけたりホテルやレンタカーを予約するときは、最強に使い勝手がいいのでおすすめです。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、沖縄でのダイビングは泳げない人でもできます。

トンカチでも安心してください。

希望であれば、ナウいギャルに限り私が一緒に潜ります。

では。

 

おすすめ≫沖縄本島のダイビングでおすすめのホテルと宿15選【中心地】

おすすめ≫宿泊・ホテル・レンタカー・航空券などの検索サイト15選【ダイビング】