ダイビングのフード|おすすめ6選!【フードって快適かよ】

ダイビングのフード|おすすめ6選!【フードって快適かよ】

イントラの部長です。

ダイビングのフードでおすすめ6選です。

これからダイビングのフードを買おうと思っていたり、フードを考えている人の中には、実際おすすめのフードについて知りたいって人もいると思います。

そこで本記事では、ダイビングのフードでおすすめ6選について書きました。

至高のフードをゲットしたい人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのフードでおすすめの6選!

ダイビングのフード|おすすめ6選!

では早速ですが、
ダイビングのフードでおすすめの6選は以下になります。

 おすすめのフード

  1. GULL|フード
  2. MOBBY’S|ビーニー
  3. BREAKEROUT|フード
  4. AQUALUNG|フード
  5. fourth element|フード
  6. cocoloa|ビーニー(女性)

基本的には、上記のフードはかなり使えておすすめです。

プロのイントラやガイドもダイビングで普通に使っています。

私はガルとモビーズのビーニーを使っています。

フードの必要性

一応、フードの必要性について最初に書いておきます。

ダイビング中の体温ロスの75%は頭部から逃げていきます。

つまり言い換えると、フードを被ることによって、そのほとんどを防止することができますので、フードを被ることが最も効率よく体温ロスを防ぐ方法だと言えます。

温かい海であったとしてもそれは変わらないので、体温ロスや低下を防ぐ為にもフードは着用した方がいいです。

私はパラオで働いていたときでも、外洋ではフードを着用していました。

 

1. GULL フード

GULLのフード

ガルのフードになります。

定番のフードなので、持っておいて損はないですね。

私も使用していますが、真冬以外のダイビングはこのフードでオッケーです。

保温性や運動性を考慮したタイプをラインナップ。スクーバダイビング・スキンダイビングなど、あらゆるダイビングで適応可能なインナー 水温が低いシーズンの防寒に役立つ、保温力を求めたウィンターユースのアイテムです。スクーバダイビング・スキンダイビングなど様々なマリンスポーツで1年を通して活躍できるインナーです。GULL公式

私が使用しているのは、少し前のタイプになりますが、やはりガルは丈夫ですね。

シーズンによってはカラーバリエーションも豊富なのでおすすめです。

GULLのフード

↓私のガルのフードはデザインが若干違いますが、水中だとこんな感じです。

GULL フード

1-1. GULLフード 特徴

  • 3ミリ
  • 最高の保温力 SCS素材
  • 抜群の保温効果 FIR素材
  • 伸縮性に優れ運動性アップ イノスパンジャージ
  • 擦れへの耐摩耗性を発揮 ハードテックジャージ
  • 更なる保温効果 WARM HEAT RASH NEO
  • UV遮断率99%以上 UV CUT UPF50+

≫Rakuten|GULL フードを見る

≫Amazon|GULL フードを見る

 

2. MOBBY’S ビーニー

MOBBY'S ビーニー

モビーズのビーニーですね。

オシャレでカッコイイです。

私もこのビーニーは使用していて、夏や水温が温かい海でのダイビングのときはこのビーニーを使用します。

↓水中ではこんな感じです。

MOBBY'S ビーニーの実際の写真

写真は石垣で撮った写真ですが、温かい海では非常に重宝します。

がっつり被るまでは必要ないんだけど、やはりフードは被りたい。

そんなときには最適です。

このビーニーは耳が圧迫されないので、耳抜きが快適です。

スタンダードなフードでは圧迫感、耳の抜けづらさを感じている方に、もはや定番商品となったmobby’s のビーニーです。男女問わずコーディネートの幅が広がるユニセックスデザイン。かぶるのも簡単で水中での髪の広がりを抑え、夏場は頭皮の日焼けを防ぎます。クロロプレンラバー素材ですが、表地はリブ加工が施されており見た目や感触もニット風です。あごひもの耳の部分はメッシュ素材を使用し、聴覚を妨げません。MOBBY’S公式

2-1. MOBBY’Sビーニー 特徴

  • 2ミリ
  • 耳抜きしやすい
  • カラーバリエーションが豊富
  • クロロプレンラバー素材
  • 聞こえやすい
  • オシャレ

≫Rakuten|MOBBY’S ビーニーを見る

≫Amazon|MOBBY’S ビーニーを見る

 

3. BREAKEROUT フード

BREAKEROUT フード

こちらも定番のフードですね。

けっこう被っている人も多いです。

ガルのフードよりも、もう少し顔が隠れますのでフィット感は高いと思います。

調べましたが、現在は楽天でミックだけが販売していますね。

ツーランク上のフード!
ウェットスーツでよく見られる裏起毛素材を採用した保温効果の高い3mmのドライフード!伸縮性が良く着脱もとても楽にできるおすすめのフードです。
裏地は暖かい起毛素材を使用。ダイビングがより快適に!
※裏地のカラーはロットによって異なります。
ネック部分は伸縮性の高いジャージ生地を使用。わずらわしい着脱がスムーズに!
フェイス部分は顔の表情が変化しても水が浸入しにくいスキン素材。
もう爆笑しても大丈夫!?
頭頂部には空気抜き用の穴が空いてます。 mic楽天

≫Rakuten|BREAKEROUT フードを見る

 

4. AQUALUNG フード

AQUALUNG フード

アクアラングのフードですね。

業界最大手のアクアラングです。

こちらは一般的な3ミリのフードですね。

ガルと同じタイプになりますので、一般的な標準タイプのフードがいい人はこちらもおすすめです。

AQUALUNG フード

≫Amazon|AQUALUNG フードを見る

 

5. fourth element フード

fourth element フード

フォースエレメントのフードになります。

知る人ぞ知るブランドです。

こちらのメーカーの品質はかなり良いです。

私も一押しで、今度セミドライを買おうと思っています。

パラオなんかですと、韓国のお客さんでセミドライを着ているお客さんなんかも結構いました。

About Fourth Element

最も暖かく快適なドライスーツのインナとウェットスーツで知られているフォースエレメント社は、1999年に、ダイビングのライフを称賛するメーカーとして、最も優れた機能的パフォーマンスとシンプルでありながらスタイリッシュなデザインを融合したダイビングギアを目指して創業されました。

世界中のダイバーに愛着されているドライスーツのインナーメーカー、英国本社でフォースエレメント社は最先端素材を独特な構造で生かし、デザイン性にも重視してダイバーの体温保持技術に革命をおこしています。Fourth Element公式

一般的には3ミリと5ミリがネットで出ていますが、3ミリで大丈夫だと思います。

真冬対策がしたい人は5ミリがいいと思います。

5-1. Fourth Elementフード 特徴

真冬でも使いたい方は5ミリでもいいと思いますが、さすがに夏は暑いかなといった感じです。

フォースエレメントのフードは、シンプルでお洒落なデザインと、保温性と快適性を高める為に、ストレッチネオプレンの外層にグライドスキンの内層を融合しました。Fourth Element公式

また、日本だと知らない人も多そうなので、人と被りたくない人にはオススメです。

≫Rakuten|Fourth Element フードを見る

 

6. cocoloa ビーニー

cocoloa ビーニー

ココロアのビーニーです。

基本的に女性用となります。

かわいくておしゃれです。

ソフトなネオプレーンの生地で被りやすく水中での髪の広がりを押さえます。オシャレを意識した手軽さがクール。cocoloa公式

女性の人は、けっこうダイビングで髪の毛がワッサ~となる人が多いので、このようなタイプのビーニーを被るとかなり楽だと思います。

ビーニーは一見すると、ニットみたいな素材に見えますが、内側はウェットスーツと同じ素材になっているのでかなり温かいです。

cocoloa ビーニー

オトナかわいいダイビング用品も豊富なので、かわいいコーディネートをすれば男が惚れることは間違いないでしょう。

6-1. cocoloa ビーニー 特徴

  • 耳抜きしやすい
  • カラーバリエーションが豊富
  • 聞こえやすい
  • オシャレ

≫Rakuten|cocoloa ビーニーを見る

 

フードがあればダイビングは快適

フードがあればダイビングが快適すぎる

フードって冬しか必要ないと思っている人もいると思います。

しかし、結論からするとできればオールシーズン着用した方がいいです。

もちろん、フードが本当に嫌いであれば無理して着用しなくていいと思います。

水温の高い海ではフード無しでもダイビングすることは出来ます。

しかし、フードを着用した方がより快適にダイビングができるのは事実です。

 

水は空気の20倍熱を奪う

水は同じ温度の場合、空気の約20倍以上の速さで人体から熱を奪います。

そして、そのうち75%は頭部から熱が逃げていきます。

つまり、本来はまず頭を保護することが寒さを防ぐには一番効率がいいと言えます。

 

ダイビングで意外と寒い理由

そのため、27℃以上の水温であっても寒いと感じることがあります。

私もパラオでイントラとして働いていましたが、実は結構寒いです。

特に、頻繁に潜ったり、海に慣れていて潜ってもそこまでアドレナリンが出ない人は余計寒いです。

その為、ゲストよりガイドの方が寒がりってことはよくあります。

また、それは体型によっても変わります。細身の人は基本寒いです。

 

そのほかも

また、フードを被ることによって、クラゲなどの危険な水中生物から頭を守ることができますね。

頭にクラゲがついて脱毛したら悲劇ですからね。。

穴を通ったりするときも、フードがあれば直接頭を傷つけることはないので安心感はあります。

 

 おすすめのフードベストはこちら

ダイビングのフードベスト|おすすめ6選と着方【インナー】
イントラの小野です。 ダイビングのフードベストでおすすめ6選になります。 ウェットスーツの下にフードベストを着ると温かいので、一着はフード...

 

 あわせて読みたい

 

そんな感じで、おすすめのダイビングのフード6選でした。

とりあえず、フードは快適です。

ナウいギャルにはプレゼントします。

では。

 

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】

おすすめ≫ダイビングのライト|値段の安いおすすめのライト10選【コスパ】