串本・ダイビング|外洋のヨリコバ(パラダイス)はパラオでした

串本・ダイビング|外洋のヨリコバ(パラダイス)はパラオでした

イントラブロガーの部長です。

2019.7.21(日)

先週末の日曜日の串本ダイビングです。

この日は内側で2本潜った後に外洋のヨリコバに行きましたが、完全にパラオ化していてまさにパラダイスでした。

スポンサーリンク

串本・ダイビング|外洋のヨリコバ(パラダイス)はパラオでした

さて、この日は最初の2本は備前と住崎で潜りました。

串本で撮影したナガサキスズメダイの幼魚

住崎では撮りやすい場所にナガサキスズメダイの幼魚がいましたが、背景が微妙なので粘らずに証拠だけ撮影。

他にはカモハラギンポもわんさかいます。

串本で撮影したカモハラギンポ

隙間に入っているときは移動しないので、撮りやすいですよ。

 

ヨリコバ

そんな感じで内側で2本潜った後に、外洋のヨリコバへ行きました。

水面下付近は白濁りしていましたが、棚上に行くと速攻で透視度25mは見えているー!

串本のヨリコバで撮影した水中写真

ハンパない透視度で、魚も大量です。

まるでパラオのブルーコーナーの棚上かと思うくらいの海でした。

串本のヨリコバで撮影した水中写真

棚上の流れもまあまあで、つかまってないと若干後ろに持って行かれる感じでした。

カンパチの群れも棚上を泳ぎ回っていました。

一眼でしっかり撮るとカッコイイですよ。

串本のヨリコバで撮影したカンパチの群れ

 

串本のヨリコバで撮影したカンパチの群れ

 

串本のヨリコバで撮影した水中写真

ドロップオフは流れてなく穏やかなので、ドロップオフを泳ぎます。

途中には深海生物感半端ないセミエビも壁にいました。

きもっ

串本のヨリコバで撮影したセミエビ

 

串本のヨリコバで撮影した水中写真

現在、大蛇行中の黒潮が通常ルートに戻って接近してくれたら毎日これくらいきれいだろうな~

串本のヨリコバで撮影した水中写真

 

串本のヨリコバで撮影したカンパチの群れ

 

そんな感じで、久しぶりにワイドな海を堪能してエキジットしました。

最初は流れが強かったですが、後半になるにつれ弱くなりとても快適にヨリコバを楽しめました。

海況が良いときしか行けませんので、ベタ凪予報の日はチャンスです。

では。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・
〈ポイント〉 ①備前 ②住崎 ③ヨリコバ(パラダイス)
〈水温〉23~25℃の間 〈気温〉26度くらい 〈天候〉曇り
〈透視度〉 25mくらい(ヨリコバ)
〈スーツ〉ウェットスーツをめちゃくちゃ着込んでちょっと寒い
〈カメラ〉RX100M5
〈役割〉ガイド
・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事≫ソニー・RX100M5|水中写真におすすめのカメラ【ダイビング】

関連記事≫ダイビングのフードベスト|おすすめ6選と着方【インナー】