ダイビングのインナーでおすすめ5つ+選び方【ウェットスーツ】

ダイビングのインナーのおすすめ5つ+選び方【寒くないダイビング】

イントラの小野です。

ダイビングのインナーでおすすめ5つ+選び方です。

ウェットスーツでも時期によっては意外と寒かったりしますが、しっかりとインナーを選べば快適にダイビングができます。

寒さを我慢してダイビングするよりも、インナーを着てしまった方が600倍快適にダイビングができますので、しっかりとしたインナーを選ぶといいです。

本記事では、ダイビングのインナーでおすすめ5つと選び方について書きましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのインナーのおすすめ5つ+選び方【ウェットスーツ】

ダイビングのインナーのおすすめ5つ+選び方【寒くないダイビング】

では早速ですが、
ダイビングのインナーでおすすめ5つは以下になります。

 おすすめのインナー

  1. ラッシュガード
  2. フードベスト
  3. 1mmか2mmのロングスリーブ
  4. インナーパンツ ショート
  5. インナーパンツ ロング

こういった感じです。

基本的にインナーを選ぶときは、上記5つのインナーから選ぶといいです。

 

選び方

基本的に、ウェットスーツの下は水着になります。

水着を着て、ウェットスーツを着ても寒ければ重ね着していきます。

 

特に、1mmロングスリーブとインナーパンツは明らかに水中で暖かくなりますので、1着は持っておくと重宝します。

そもそも人間の体的に、下腹部を温めるとかなり温かくなるんですね。

なので、インナーは間違いなく着た方が快適です。

ちなみに、私はガルのウェットパンツを愛用しています。

 

1. ラッシュガード

ラッシュガラッシュガードの説明写真ード

ラッシュガードです。

基本的には水着の上にラッシュガードを着たりします。

ラッシュガード単体に保温効果はあまりありませんが、ウェットスーツの下に着ると着ないよりは温かく感じます。

また、少しでも日焼けをしたくない人はラッシュガードを着ておくと、ウェットスーツを脱いだ時に日焼けをしないですみます。

ウェットスーツを着るときも、下にラッシュガードを着ているとウェットスーツがスルっと着れるので、ウェットスーツがとても着やすくなります。

 

1-1. おすすめのラッシュガード

おすすめのラッシュガードはガルで、私も愛用しています。

デザインもオシャレで、カラーも色々あります。

≫Rakuten|GULL ラッシュガード

≫Amazon|GULL ラッシュガード

 

2. フードベスト

フードベストの説明写真

フードベストです。

こちらもかなり温かいですね。

フードが一体化されていますので別途フードを用意しなくてもいいので楽ちんです。

また、自分の器材やウェットを持っていないダイバーでも最低限ウェットベストくらいは持っておいた方がいいと思います。

リゾートなどでは、レンタルのウェット1枚だけだと意外と寒かったりしますし、貸出しが無かったりするショップもあるので、フードベストくらいは持っておいて損はないと思います。

 

2-2. おすすめのフードベスト

どのメーカーのフードベストを買ったらいいか分からない人は、とりあえずガルを見ておけばオッケーです。

≫Rakuten|GULL フードベスト

女性はこちらのココロアもかわいいです。メーカーがガルと同じになります。

≫Rakuten|cocoloa フードベスト

 

3. ロングスリーブ

ロングスリーブの説明写真

1mmのロングスリーブになります。

これはかなり温かいし、1mmという調整しやすい厚みで、とても重宝します。

私がパラオで潜ってたときは、ロングスリーブ、ロングジョン、タッパー、フードという組み合わせで着ていました。

とにかく組み合わせしやすくて、使い勝手がいいので1着は持っておくと快適にダイビングができると思います。

 

3-1. おすすめのロングスリーブ

おすすめのロングスリーブはガルになります。

≫Rakuten|GULL ロングスリーブ

≫Amazon|GULL ロングスリーブ

さっきからガルばっかり出てきますが、私も色々と使用した結果、ガルにしておけば問題ありませんのでガルはおすすめです。

 

4. インナーパンツ(ウェットパンツ)ショート

 

インナーパンツ(ウェットパンツ)ショート

インナーのウェットパンツになります。

私も愛用しています。

こちらは、相当効果があるので是非1枚は持っておいてください。

ウェットの下に着ると鬼温かいです。

下腹部を温めると、やはり全体的に温かくなりますので効果的です。

価格もそこまで高くないので、最初に買っておいてもいいと思いますね。

 

4-1. おすすめのインナーパンツ ショート

私のおすすめは、私も使用しているガルのウェットパンツになります。

厚さも1mmでとても使いやすいです。

≫Rakuten|GULL ウェットパンツ

≫Amazon|GULL ウェットパンツ

ちなみにですが、私はAQAのウェットパンツも持っていますが、はき比べるとやはりガルの方がいいですね。ガルしか履いてません。

 

5. インナーパンツ ロング

インナーパンツ ロングの説明写真

最後はツサスポーツのウェットパンツになります。

こちらもかなり使い勝手は良くて、私も使っています。

2mmという絶妙な厚さなので、私は寒いとき3ミリのロングジョンの下に履いたりします。

逆にこのパンツ一枚の上に海パンを履いたりして、リゾートスタイルで潜るのもカッコイイです。

もちろん女性用も発売されています。

 

5-1. おすすめのインナーパンツ ロング

≫Rakuten|TUSA ウェットパンツ

また、ツサスポーツからはタッパーやウェットベストのラインナップもありますので楽天やアマゾンでチェックしてみるといいと思います。

Amazon|ツサスポーツ ウェット

 

ダイビングのインナーはかなり温かい

ダイビングのインナーはかなり温かい

しっかりとインナーを選ぶことによって、確実に温かくなりますので快適にダイビングができるようになります。

特にロングスリーブとウェットパンツを下に着ると相当温かいです。

一着は持っておいて、ダイビングに行く際には寒くなさそうでも念のため持って行くといいと思います。

 

インナーは一着はあると便利

また、現在自分のウェットを持ってなくてレンタルしていたとしても、まずは先にインナーを買っておくことによって、レンタルのウェットの下に着れるのでリゾートなどで寒い思いをしなくてすみます。

具体的に言うと、例えばゴールデンウィークの沖縄であっても、曇っていたり雨が降ると結構寒いです。

 

また、私はパラオで働いた経験もありますがインナーを着ないと結構寒いです。

そんな感じで、ウェットだけが正解ではなく、しっかりとインナーで調節をすることによって快適にダイビングができるようになります。

楽天やアマゾンであればたいして値段も高くないので、一着は持っておきましょう。

 

 あわせて読みたい

 

そんな感じで、ダイビングのインナーでおすすめ5つと選び方についてでした。

インナーを着るだけで鬼快適になります。

では。

 

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】

おすすめ≫ダイビングのライト|値段の安いおすすめのライト10選【コスパ】