ダイビングのハーネス・ウエイトベルトをカットしたあとの上手な末端処理

ダイビングのハーネス・ウエイトベルトをカットしたあとの上手な末端処理

部長です。

ダイビングのウェビング、ハーネス、ウエイトベルトをカットしたあとの上手な末端処理方法を紹介します。

定番はハサミでカットしたあとにライターで炙る方法です。しかし、それだと結構末端がほどけてきます。

上手な方法は、カットしたあとにバーナーで炙りトンカチで潰してアロンアルファで固めます。こうすることで平らでほどけにくい末端にすることができるので、ウエイトのバックルにもスムーズに通せます。

詳しい方法は動画にしたので参考にしてください。

↓ライターのバーナーはこちら

新富士バーナー ポケトーチ バーナー 日本製 強力耐風 アウトドア ライター燃料 火力調節 小型 火口径:14mm スケルトン 黒 PT14FFBCR
新富士バーナー(Shinfuji Burner)
¥1,100(2022/11/28 09:30時点)
用途:ハンダ付け・各種模型作製・時代焼き・工芸細工・接着剤、塗装のはく離・アウトドア(コンロ、たき火の着火等)・花火、線香の着火、ロープの切断、カギ穴等の解氷作業に

 

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ・小物まとめ30選【これで海は完璧】

 

おすすめの関連記事