NDS・オクトパスと残圧計ゲージEPOCA6をオーバーホールに出した

NDS・オクトパスと残圧計ゲージEPOCA6をオーバーホールに出した

部長です。

私の愛用しているレギュレーターセットはNDS(日本ダイビングスポーツ)ですが、オクトパスと残圧計ゲージEPOCA6をオーバーホールに出しました。

なぜオクトパスと残圧計だけかと言うと、レギュレーターは遂に新品でポレスター1sを購入したからです。これまで使っていたポレスター2をオーバーホールに出そうと思っていたけど、1sを手に入れてしまったので一旦保留です。笑

今回オーバーホールに出したオクトパスと残圧計が戻って来たら新しく購入した1sにセットする予定です。

ndsのオクトパス

オクトパスは新品で購入してから200本くらい潜ったかな、今のところ異常はないですが新しいレギュレーターを購入したタイミングで一度オーバーホールです。

 

↓オクトパスの内側はこんな感じです。ダイビング後にしっかり洗っているので内側はきれいですが、分解すると意外とネジの内側などに汚れやサビが溜まっています。

オクトパスの内側

 

↓写真だときれいに見えますが、ダイアフラムの溝には砂が結構溜まっていました。

ダイアフラム内側の砂

 

↓フタの淵には青サビが発生していました。

フタの淵には青サビが発生

 

↓NDSの残圧計ゲージは世界一丈夫なので、当然エア漏れなどは一切ありません。が、やはり数年に一度はオーバーホールに出して精度チェックとOリングは交換してもらった方がいいですね。しっかり塩抜きしてても数日経つと塩が吹いてきます。

NDSの残圧計ゲージ

 

NDSの残圧計は、コンパス2連、シングルゲージ共にかなり分厚いゴムのカバーで保護されています。ゲージが世界一丈夫なのは当然、世界一分厚くて丈夫なカバーで覆われているところも素晴らしいです。笑

NDSの残圧計ゲージ

というのも他社ゲージの場合は硬めのプラスチック素材が多いですが、NDSの場合は明らかに衝撃を吸収してくれそうなゴム系の素材です。そのため、タンクチェンジ、器材運搬時にガンガン振り回されるゲージへの衝撃を劇的に抑えてくれます。また、ゲージは精密機器のため本来は厳重に保護して当然です。

最初は「なんかゴツくて重たいな、もっと軽くならないかな」と思いますが、一周回ったベテランダイバーほどNDSゲージの良さを理解している人が多いと思います。

ちなみにコンパスとの二連EPOCA6は現在廃盤となったので、これから買うならシングルゲージがおすすめです。

オーバーホールに出すNDSオクトパスとゲージ

 

↓2022年のカタログ

NDSオクトパスのカタログ

2022 ndsゲージのカタログ

ということで、私のNDSオクトパスとゲージはオーバーホールに旅立ちました。

ちなみに、女にもてるためにオクトパスはピンク仕様にしました。笑 帰って来たらまたアップします。

ちなみにNDSの器材をオーバーホールに出すときは、姫路のサンマリンショップさんがおすすめです。

NDSの正規店なので安心してオーバーホールに出すことができます。

では。

 

おすすめの関連記事