ダイビングのインナーとしてアンダーアーマーは効果ある?

ダイビングのインナーとしてアンダーアーマーは効果ある?

部長です。

ダイビングのインナーとして、アンダーアーマーを着るのは効果があるのでしょうか。

これからウェットスーツでダイビングをしたり、始めようと思っている人の中には、インナーはアンダーアーマーでもいいのか知りたい人もいると思います。

そこで本記事では、ウェットスーツのインナーとして、アンダーアーマーはどうなのかについて書きました。

快適にダイビングをしたい人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのインナーとしてアンダーアーマーは効果ある?

ダイビングのインナーとしてアンダーアーマーは効果ある?

では早速ですが、
ダイビングのインナーとしてアンダーアーマーは効果あるのでしょうか?

 

結論からすると、アンダーアーマーを着ても保温効果はありません。

なので、ウェットのインナーとしてアンダーアーマーに保温効果を求めても、残念ながら暖かくはならないです。

もちろん、アンダーアーマーを着てダイビングをすること自体は問題ありません。

 

素材に保温効果はない

素材的にもラッシュガードと同じなので、そもそも保温効果はない素材でできています。

例えば、海水浴やプールに入るときにアンダーアーマーを着たからといって、暖かくはありません。ほぼ素肌と同じです。

要は、素材が水を通すので結局保温効果はないわけですね。

 

陸上でのスポーツではいいと思いますが、ダイビングでは全身水中に入るので陸上とはわけが違います。

なので、アンダーアーマーを着ても水中での保温効果はないと考えた方がいです。

 

陸上では効果あり

ただし、陸上ではアンダーアーマーを着るメリットはあります。

まず、アンダーアーマーを着ていると表面がツルツル滑るのでウェットスーツがとても着やすいです。

夏とかに汗ばんだ肌でウェットスーツを着ようとすると、肌がグリップしてしまうので、とても着にくいです。

しかしアンダーアーマーを着ていれば、スルっと着れるのでとても楽です。

 

また、アンダーアーマーを着ていればウェットスーツを脱いだときの日焼け防止になります。

なので、日焼けしたくない人にはいいかもしれません。

あとは、なんとなく何か着ていたい人にもいいと思います。

ただ真夏以外に濡れたままのアンダーアーマーやラッシュガードを着ていると、余計に寒いので注意してください。

 

最適なインナー

ダイビングをするときに着る、ウェットスーツのインナーとして最適なのは、ガルのウォームヒートラッシュシリーズです。

ガルのウォームヒートラッシュ

このインナーは、ラッシュガードなどと違って特殊な素材でできている、ウェットスーツ専用のインナーです。

表面が撥水加工されていたりするので、体の熱を逃がさず、素材の表面から水が浸透しないのでとても暖かいです。

発熱・保温性に優れたFIR遠赤外線起毛素材と、新たな機能のエンボス加工生地が熱を逃さずに、更なる保温効果を実現した高機能インナー。スクーバダイビング・スキンダイビングなど様々なマリンスポーツで活躍できるインナーです。

↓パンツもあります。

ガルのウォームヒートラッシュ

基本的にダイビングのインナーに保温性を求めるのであれば、アンダーアーマーではなく、専用の素材のインナーを着る方が暖かいです。

メンズ、レディース共にラインナップがあります。

≫Rakuten|ガル ウォームヒートラッシュ

≫Amazon|ガル ウォームヒートラッシュ

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、ダイビングのインナーとしてアンダーアーマーを着る件についてでした。

間違ってもアンダーアーマー一丁で海に突入しないでください。

寒くて1分でひっくり返ります。

では。

 

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】

おすすめ≫沖縄本島のダイビングでおすすめのホテルと宿15選【中心地】