ダイビングで潜る時間と深さについて【初心者向け】

なぜ水面に合わせるのか

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングで潜る時間と深さについてです。

ダイビングをするときは、どれくらいの時間潜ったり、どれくらいの深さまで行くのか知っておきたい人もいると思います。

本記事では、ダイビングで潜る時間と深さについて書きましたので、参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

ダイビングで潜る時間と深さについて

ダイビングで潜る時間と深さについて

ダイビングで潜る時間と深さについては、平均的に以下になります。

  • 潜る時間:30分~60分
  • 潜る深さ:10m~30m

だいたいこんな感じですね。

基本的には、45分くらいのダイビングで深くても25mくらいまでが一般的です。

潜る時間

潜る時間については、ダイビングポイントやゲストのレベルによって変わってきます。

例えば、ゲストがビギナーばかりですと、エアーの消費がものすごく早いので30分で上がるときもあります。

また、逆に、水深の浅いポイントでエアーが全然減らないようなポイントですと50分~60分くらい潜ったりもします。

そんな感じで、ポイントやその日の状況によって変わってきますが、一般的には45分前後のダイビング時間が多いです。

上級者ばかりのフォト系やマクロ系のショップですと、基本が60分くらいのショップさんもありますね。

体験ダイビングなんかですと、20分くらいだと思います。

私は体験ダイビングでも30分~40分くらいは潜っていましたが、ほとんどのショップさんはたぶん20分くらいだと思います。

潜る深さ

ダイビングで潜る深さについては、平均すると20mくらいが多いと思います。

あまり意味もなく深場に行っても、エアーの消費が早くなってダイビングタイムが短くなってしまうので、必要無ければ基本的には深場にはあまり行きません。

また、逆に浅すぎるポイントもあまりないと思います。

なので、基本的に潜る深さについては平均すると20m前後ですね。

体験ダイビングでは12mまでしか行けません。

しかし、基本的には体験ダイビングでは12mまでは行かずに、たぶん8mくらいのポイントで潜るショップさんがほとんどだと思います。

 

とめ・・・・・・・

そんな感じで、ダイビングで潜る時間と深さについてでした。

これからダイビングを始めようと思っていたり、ライセンスを取得しようと思っている人は参考にしてもらえればと思います。

では。

 

関連記事≫ダイビング器材を購入するタイミングについて【結論】

関連記事≫ダイビングのカメラ|初心者はどんなカメラがいいの?【心得】

関連記事≫ダイビングのアドバンスをいきなり取得ってどう?【結論:アリ】

 

お知らせブログで書いて欲しいことがあればインスタグラムでメッセージをください。記事でご質問にお答えします。