ダイビングでウェットスーツはいつまで着るか【時期】

沖縄でのダイビングが中止になる場合について

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングでウェットスーツはいつまで着るかについてです。

夏までは快適にウェットスーツでダイビングをしていても、秋から冬にかけて寒くなるので、いつまでウェットスーツで潜るのか気になる人もいると思います。

そこで、今回はいつまでウェットスーツでダイビングをするのかについて書きました。

ちなみに私は寒くなったら秒速でドライに切り替えます。

スポンサーリンク

ダイビングでウェットスーツはいつまで着るか

ダイビングでウェットスーツはいつまで着るか

ではさっそくですが、
いつまでウェットスーツでダイビングをするかについて、結論からすると以下になります。

  • 本島:~10月頃まで
  • 沖縄:~11月末頃まで

だいたいこんな感じです。

もちろん人にもよりますが、一般的な体の寒さに対する神経の人だったらだいたいこんな感じだと思います。

 

本島:~10月頃

沖縄とかではなく、本島でダイビングをしている場合は、目安としては10月頃までがウェットスーツで潜る時期です。

基本的に、和歌山や伊豆などではウェットスーツで潜るのは7月、8月、9月です。

その前後だと、ある程度寒さとの戦いになります。

中には、ベテランダイバーの人でロクハン(6.5㎜のウェットスーツ)上下でダイビングをしている人もいますが、それは相当慣れている人なので参考にしない方がいいです。

 

世間一般的にダイビングをする人で、5mmのウェットスーツでインナーを着て潜ったりするスタンダードなダイバーは、ウェットスーツで潜るのはせいぜい10月頃までだと思った方がいいです。

 

ちなみに、寒さを我慢して潜るのはお客さんダイバーの方が多く、実はイントラやガイドの方が少しでも寒いと思ったらドライスーツに高速で切り替えます。

なので、いつまでウェットスーツで潜るのか分からない人は行くショップに聞いてみるのもいいと思います。

イントラやガイドがドライスーツで潜っていたらそうした方がいいです。

 

沖縄:~11月末頃

まだ、あまりダイビングの経験が無い人は分からないかもしれませんが、実は沖縄とはいえ冬のダイビングはかなり寒いです。

沖縄本島のダイビングショップさんのイントラやガイドでも、人にもよりますが冬は普通にドライスーツで潜っている人はかなり多いです。

 

基本的にはゴールデンウィークを過ぎるまでは、沖縄本島のガイドさんはドライスーツで潜っている人も多いと思います。

なので、沖縄でもウェットスーツで潜るのは11月末頃までだと思います。

もちろん、ライセンス講習で仕方なくウェットスーツで潜る場合は仕方ありませんが、普通にファンダイビングの場合はドライの方が安心です。

 

参考例

私の感覚としては、沖縄本島より更に南の石垣島でも、ゴールデンウィークで天気が悪いとウェットスーツではかなり寒いです。

沖縄本島で、ゴールデンウィークあたりで天気が悪いと震え上がるくらい寒く、心が折れます。

年末は完全にドライです。

なので、沖縄だから大丈夫だと思わずに、安パイを選好した方がいいと思います。

 

何度も言いますが、沖縄本島でもゴールデンウィーク明けまではドライスーツの方がいいです。

もしくは分からなければ、行くショップに連絡してイントラと同じようにした方がいいと思います。

 

あわせて読みたい

そんな感じで、いつまでウェットスーツでダイビングをするのかについてでした。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】