水中写真やダイビングでオススメの一眼とカメラの選び方【完全版】

水中写真で使うオススメの一眼とカメラの選び方の具体例【完全版】

部長です。

水中写真やダイビングで使うオススメの一眼とカメラの選び方の具体例です。

これから水中写真を撮影するカメラや一眼レフを使おうと思っていたりする人の中には、どのようなカメラを使用したらいいか知りたい人も多いと思います。

そこで本記事では、水中写真を撮影する一眼レフの選び方や、使うレンズ、探し方のコツなどについて書きました。

一眼とレンズなどについて知りたい人は参考にしてください。

ちなみに私は一眼を三台使っています。汗

スポンサーリンク

水中写真やダイビングでオススメの一眼とカメラの選び方【完全版】

水中写真やダイビングでオススメの一眼とカメラの選び方【完全版】

では早速ですが、水中写真やダイビングで使うおすすめの一眼レフカメラなどについて書いていきます。

まず最初におすすめのメーカーを書いておくと、以下になります。

 おすすめの一眼

  • 一眼レフ:ニコン、キャノン
  • ミラーレス:ソニー、オリンパス、ニコン、キャノン

上記メーカーです。

誰でも知ってますね。

 

基本的には、これらのメーカーが最も使われていて人気ですし、一眼の機種やレンズのラインナップも多いので、幅広い組み合わせから使えます。

各ハウジングメーカーも、大手カメラメーカーの一眼をメインでハウジングを製造しています。

 

選び方

また、選び方の結論を最初に書いておきます。

一眼やカメラの機種に関しては、ぶっちゃけ自分の好きなのを選べばオッケーです。

なぜかと言うと、一眼レフであればどの機種でもある程度美しい水中写真は撮影できるからです。

どのカメラでも、ストロボを二灯にしたり、水中では普通に操作して写真は撮れます。

 

なので、極端な話、最新モデルのフルサイズの機種を買ったからといって、ある日突然劇的に水中写真がプロ並みになることはありません。

例えば、フォトコンでグランプリになる人や、インスタの写真が超絶上手な人でも、別に最高級のカメラを使っているわけではないです。

やはりそこは撮影のスキルが無いと、いいカメラも使いこなすことはできません。

 

ただ、どうせ買うなら値段は気にしないし、将来後悔したくないので最新のフルサイズのモデルを選んでおく。といった考え方はアリです。

 

センサーサイズ

センサーサイズにおいては、理想的なのはフルサイズです。

APS-C機に比べると、フルサイズのセンサーサイズは2倍も大きいです。

そのため、以下の点がフルサイズでは有利になります。

  • 画角
  • ボケ量
  • 階調・ダイナミックレンジ
  • 暗所性能

ざっくりこんな感じです。

とりあえず、フルサイズの方がよくボケて、明暗差がなめらかです。

 

↓例えば以下は、フルサイズのソニーα7Ⅱで撮影した写真です。

フルサイズのソニーα7Ⅱで撮影した写真

この写真を見ると分かると思いますが、空の感じ、ライトの感じ、影の感じの明暗差(ダイナミックレンジ)が、とても美しいと感じると思います。

フルサイズのセンサーだと、こういった感じで階調の表現が豊かです。

こういった部分では、APC-C機やフォーサーズなどは、やはりフルサイズには勝てないです。

 

フルサイズとAPS-Cの違いについては、こちらのソニーのサイトが分かりやすいので、参考にしてください。

≫SONY|フルサイズとAPS-Cの違い

 

ということで、以下で具体的な一眼と機種について書いていきます。

 

一眼レフ:ニコン、キャノン

一眼レフカメラ:ニコン、キャノンの説明写真

まず最初に、一眼レフからです。

一眼レフについてはニコン、もしくはキャノンの2拓がほとんどです。

ワイド、マクロレンズも選択肢が広いですし、ハウジングやポートも基本的にほとんどのメーカーはニコンとキャノンの一眼レフ用に設定しています。

 

ニコン、キャノン以外の一眼レフでもいいと思いますが、ハウジングのラインナップがあまりないので、かなり選択肢は限られます。

そういった面から考えても、ニコン、キャノン以外の一眼レフを使うメリットは特段なと思います。

具体的な機種に関しては、以下になります。

 

一眼レフ ニコン

ニコンの一眼レフとレンズでメジャーなのは、以下になります。

カメラ本体

  • フルサイズ:D850、D810、D800、D750
  • APS-C:D500、D7500、D7200

レンズ ワイド:

  • ニコンAF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED
  • ニコンAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  • ニコンAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
  • シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
  • トキナーAT-X 107 DX Fisheye(フルサイズ15mm以上で使用可)

レンズ マクロ:

  • ニコンAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
  • ニコンAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

ハウジング:

  • SEA&SEA
  • Nauticam
  • アンティス

っていう感じです。

 

一眼レフ キャノン

キャノンの一眼レフとレンズでメジャーなのは、以下になります。

カメラ本体

  • フルサイズ:EOS 5D Mark IV、EOS 6D Mark II
  • APSC:EOS 7D Mark II、EOS 80D

レンズ ワイド:

  • キャノンEF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
  • キャノン EF15mm F2.8 Fisheye
  • シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
  • キャノンEF16-35mm F2.8L III USM
  • トキナーAT-X 107 DX Fisheye(フルサイズ15mm以上で使用可)

レンズ マクロ:

  • Canon EF-S 60mm F2.8 Macro USM
  • Canon EF100mmF2.8L Macro IS USM

ハウジング:

  • SEA&SEA
  • Nauticam
  • アンティス
  • イノン

ざっとこんな感じです。

基本的に、一眼レフの場合はニコンかキャノンにしておけば、かなり選択肢があります。

 

一眼レフカメラのメリット

  • 電池がクソ長持ち
  • がっつり撮っても5日はもつ
  • ファインダーから実際の景色を見るので見やすい 特にマクロ
  • レンズの選択肢が幅広い
  • 機種の選択肢が幅広い

一眼レフカメラのデメリット

  • ニコンのD850やD810クラスのハイアマチュアモデルになると本体がクソ重い
  • 水中で使うアルミハウジングがクソ重い
  • 105ミリ、100ミリ相当のマクロレンズがクソ重い
  • 撮影時、事前にシャッター後の仕上がりを見れない

 

カメラとレンズを買うなら

カメラやレンズを探すのは、マップカメラとキタムラがおすすめです。

カメラ界トップに君臨するショップなので、品揃えがよくて、安くてキレイな商品が多いです。

 おすすめ

私は常に、このどちらかで検索して買っています。

店頭よりも、ネットで買うのが最安です。

 

ミラーレス一眼:ソニー、オリンパス、ニコン、キャノン

ミラーレス一眼カメラ:ソニー、オリンパス、ニコン、キャノンの説明写真

続きまして、ミラーレスになります。

最近では、ミラーレスに関しては、これまで人気だったオリンパスに加えて、ソニー、ニコン、キャノンなどの選択肢も増えました。

 

では以下で、具体的に機種とレンズを見ていきます。

 

ミラーレス ソニー

ソニーのミラーレスで、カメラとレンズ選びは以下になります。

カメラ本体:

  • フルサイズ:α7Ⅲ、α7RⅢ、α9
  • APSC:α6300、α6500、α5000

レンズ ワイド:

  • Sony SEL16F28
  • Sony SEL16F28 + VCL-ECF1/ECF2(フィッシュアイ)
  • Sony SEL16F28 + VCL-ECU1/ECU2(広角)

レンズ マクロ:

  • Sony SEL30M35(APS-Cの場合45ミリ)
  • Sony SEL50M28(APS-Cの場合75ミリ)
  • Sony SEL90M28G(APS-Cの場合135ミリ)
  • Sony SEL1635Z(APS-Cの場合24-52.5ミリ)

ハウジング:

  • SEA&SEA
  • Nauticam
  • ACQUAPAZZA
  • UMI UMI

 

上記以外にも私の知らないレンズなどもあるかもしれませんが、基本的には上記のワイド、マクロレンズが基本になります。

ソニーのAPS-Cの場合は1.5倍の焦点距離になりますので、カッコ内の数字を参考ください。

 

ミラーレス オリンパス

オリンパスのミラーレスで、カメラとレンズ選びは以下になります。

カメラ本体:

マイクロフォーサーズ:

  • E-M5 Mark II
  • E-M10 Mark III
  • E-M1 Mark II
  • E-M10 MarkII
  • OM-D E-M1

レンズ ワイド:

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO(16ミリ)
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(24ミリ)
  • M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8(34ミリ)

レンズ マクロ:

  • M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(90ミリ)
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro(120ミリ)

ハウジング:

  • SEA&SEA
  • Nauticam
  • オリンパス純正

 

オリンパスのミラーレス一眼に関しては、センサーがマイクロフォーサーズになりますので、焦点距離は2倍になります。

レンズ選びの際はカッコ内の数字を参考にしてください。

 

ミラーレス ニコン

ニコンのミラーレスで、カメラとレンズ選びは以下になります。

カメラ本体:

フルサイズ:

  • Z7
  • Z6

レンズワイド:

  • SIGMA15mm F2.8EX DG DIAGONAL FISHEYE
  • トキナーAT-X 107 DX Fisheye
  • Nikon AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm F3.5-4.5E ED
  • Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G
  • Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

レンズ マクロ:

  • Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
  • Nikon AF-S VR Micro-Nikkor ED105mm F2.8G (IF)

ハウジング:

  • SEA&SEA
  • Nauticam

 

ニコンはだいたいこんな感じです。

 

ミラーレス キャノン

キャノンのミラーレスで、カメラとレンズ選びは以下になります。

カメラ本体:

フルサイズ:

  • EOS R

レンズ ワイド:

  • キャノンEF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
  • キャノン EF15mm F2.8 Fisheye
  • シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
  • キャノンEF16-35mm F2.8L III USM
  • トキナーAT-X 107 DX Fisheye(フルサイズ15mm以上で使用可)

レンズ マクロ:

  • Canon EF-S 60mm F2.8 Macro USM
  • Canon EF100mmF2.8L Macro IS USM

ハウジング:

  • SEA&SEA
  • Nauticam

 

キャノンのミラーレスはだいたいこんな感じです。

 

ニコン、キャノンから新しく発売されているフルサイズミラーレスに関しては、今のところこれまで発売されていた一眼レフ用のいレンズを使います。

と言うのも、水中で使えるようなミラーレス用のレンズが今のところまだ発売されてないからです。

 

ミラーレスのメリット

  • 軽い
  • コンパクト
  • 持ち運びやすいので旅行などにぴったり
  • 価格がお手頃
  • シャッターを切る前にモニターで仕上がりを確認できる

ミラーレスのデメリット

  • 基本的に電池の減りがクソ早い、一日もたない
  • ファインダーが液晶なので見にくい(最新モデルはいい)

 

カメラとレンズを買うなら

カメラやレンズを探すのは、マップカメラとキタムラがおすすめです。

カメラ界トップに君臨するショップなので、品揃えがよくて、安くてキレイな商品が多いです。

 おすすめ

私は常に、このどちらかで検索して買っています。

店頭よりも、ネットで買うのが最安です。

 

実際にカメラとレンズ、ハウジングを揃える順番

実際にカメラとレンズ、ハウジングを揃える順番

実際にカメラ、レンズやハウジングを実際に揃える順番についてです。

結論からすると、以下の順番で買うといいです。

 順番

  1. ハウジング
  2. カメラ本体
  3. レンズ

こんな感じです。

もちろん、バラバラに買わないで最初から全部セットで買うのも全然アリです。

 

ハウジングを先に買いましょう

なぜハウジングから買うかと言うと、カメラだけ先に買ってもハウジングは発売されていなかったら水中で使えないからです。

また、カメラだけ先に買って、お金を貯めて一年後にハウジングを買うってパターンもやめた方がいいです。

理由としては、その間にハウジングが生産中止になって在庫がなくなる可能性があるからです。

 

↓ハウジング選びは、こちらの記事を参考にどうぞ。

ダイビング・水中写真で使う一眼レフのハウジング選び【保存版】
部長です。 ダイビング、水中写真で使う一眼レフのハウジング選びについてです。 これから水中で一眼レフを使おうと思っていたり、水中写真用の一...

↓水中写真、フォト派向けの記事まとめはこちら。

カメラ・フォト派・水中写真・撮り方の記事一覧【まとめ】
カメラ・フォト派ダイバー・水中写真・撮り方などの記事まとめ一覧です。 本サイトでは、かなりの記事数があるので見たい記事を探すのはなかなか難しかっ...

 

 あわせて読みたい

 

そんな感じで、水中で使う一眼の選び方とおすすめのカメラについてでした。

 

 

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】