早く回復してくれ|白浜・ダイビング【ナイト沈船】

早く回復してくれ|白浜・ダイビング【ナイト沈船】

部長です。

先週末の白浜です。

引続き梅雨の影響で、透視度、水温は修行クラスでした。

とはいえ、この濁りでも潜れれば後は最高でしかないので、修行クラスの海を体験しておくのもダイバーの経験としていいかもです。

逆にこういったときに完璧な浮力コントロールをマスターできるように意識するのもいいですね。

スポンサーリンク

早く回復してくれ【白浜・ダイビング】

早く回復してくれ【白浜・ダイビング】

ということで、
土曜日は久しぶりに4本潜りました。

  1. 漁礁
  2. 沈船
  3. 色津
  4. ナイト沈船

ホントは3本だったのにYJの影響で4本になりました。(; ・`д・´)

ただ、水温が鬼なので寒くて長時間潜れないので、なんとか助かりました。笑

この日のゲストはバリ島でガイドをしていたボーミさん一家とベテランのTMさんです。

 

一本目:漁礁

一本目は漁礁へ。

↓漁礁の水中はこんな感じ。

漁礁の水中

ん~海水の色が地獄でしかない。

ホワイトバランス水中は役に立たず。

とりあえずライトが無いとツラすぎるので、この水で潜るときは必ずライトを持って潜ってください。

ライトがあるだけでロストを大幅に防げますので、必須です。

漁礁の水中

 

↓ちなみに、水がキレイなときの漁礁はこんな感じです。

水がキレイなときの漁礁

撮影:KT

早く回復してくれ~

 

二本目:沈船

二本目は沈船へ。

↓沈船の水中はこんな感じ。

沈船の水中

いや、写真の色。

アーメン。

三本目の色津も同じく海水が鬼だったので、写真は撮りませんでした。

 

四本目:ナイト沈船

四本目はナイトダイブで沈船へ。

夕方18:30に出向しました。

四本目はナイトダイブで沈船

ベイの屋上でバーベキュー&ビールをしている人達が醸し出すBBQのいいにおいと、ワイワイしている声を聞きながら我々は出港しました。

 

↓エントリー前、水面が穏やかだったので良い感じの写真になりました。

ナイト沈船

 

↓ナイト沈船の水中。満潮だったせいか、日中よりはだいぶ水がキレイになっていました!

ナイト沈船

とはいえ、さすがに水深17mは少し暗いですね。ライトの光がカッコイイです。

 

ナイト沈船

 

ナイト沈船

 

↓水面にエキジットすると、外はいい感じの暗さになってました。

水面にエキジット

 

水面にエキジット

 

ナイトダイビングの雰囲気

 

このナイトダイビングの雰囲気、夏ですね~

港に戻って、落ち着いた頃にはもう20時過ぎになってました。

その後、ボーミさん一家と夜ごはんに行って乾杯しました。

また、水がキレイなときに潜りましょう。

では。

 

白浜でのダイビング記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・
〈ポイント〉 漁礁・沈船・色津・ナイト沈船
〈水温〉18.8℃~20.5℃ 〈気温〉26度くらい 〈天候〉曇りときどき晴れ
〈透視度〉 2m~5m
〈スーツ〉ドライスーツ
〈カメラ〉RX100M5
〈役割〉ガイド
・・・・・・・・・・・・・・・・

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】