パラオ・ダイビング|ジャーマンチャネルといえばマンタです!

パラオ・ダイビング|ジャーマンチャネルといえばマンタです!

部長です。

引続きパラオでのダイビングになりますが、今回がラストダイブになります。

そんなラストダイブでは、パラオの三大ダイビングポイントの一つ、ジャーマンチャネルへやって参りました。

パラオのジャーマンチャネルと言えば、マンタのポイントです。

マンタよ、頼むから来てくれ。

そう願いながらジャーマンチャネルに潜降しました。

スポンサーリンク

パラオ・ダイビング|ジャーマンチャネルといえばマンタ

パラオ・ダイビング|ジャーマンチャネルといえばマンタです!

早速、ジャーマンチャネルに潜降すると、最初の根にでマンタが一匹出現しましたが、通りすがりのマンタなのでスルーしました。

少し待っても来なかったので、次の根に移動です。

ジャーマンチャネルでマンタを見るのは基本的に根待ちします。

パラオのジャーマンチャネルで撮影したマンタ

二つ目の根でマンタ待ちしていると、すぐにまた他のマンタが来てくれました。

写真には写っていませんが、確か三匹いました。

しかし、マンタが現れたときの感動ったらありゃしないですね。

周りに他のダイバーさんもいたので、無理に追っかけたりせず部長のとこに来てくれた個体だけ撮影しました。

まあまあキレイに撮れましたかね。

ラストダイブでマンタが来てくれてよかったです。

 

パラオのジャーマンチャネルで撮影したマンタ

この後、部長の向う側にいる名古屋のショップの人たちが超至近距離で撮影してました。女性の方は初マンタって言ってたので良かったですね。

 

↓他にはアカマツカサ的な魚やギンガメも大量でした。

パラオのジャーマンチャネルでのダイビングの様子

 

 

パラオのジャーマンチャネルでのダイビングの様子

 

 

 

 

パラオのジャーマンチャネルでのダイビングの様子

しっかりと確実に安全停止をして、ラストダイブの寂しさのあまり半べそのしかめっ面をさらしながら船に上がりました。

ショップからホテルに戻って、、

すこぶるきれいなパラオの夕焼けを見ながら

 

 

パラオに乾杯。

また近々。

では。

・・・・・・・・・・・・・・・・
〈ポイント〉 パラオ ジャーマンチャネル
〈水温〉29度くらい 〈気温〉30度くらい
〈透視度〉 15mくらい
〈スーツ〉3mmスキンロングジョン、3ミリスキンタッパー、グローブでちょうど。
・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事≫ダイビングのストロボでイノンのS2000はおすすめです【完璧】

関連記事≫ソニー・RX100M5|水中写真におすすめのカメラ【ダイビング】

関連記事≫ダイビングのカメラ|コンデジにおすすめのワイドレンズ【フィッシュアイ】