YouTubeチャンネルはこちら

ゴープロは予備バッテリーとチャージャーがあると便利です・おすすめはGOPRO公式

ゴープロは予備バッテリーとチャージャーがあると便利です・おすすめは公式

部長です。

ダイビングなどでゴープロ(GOPRO)を使っている、または使おうと思っている人は多いと思いますが、予備バッテリーのチャージャーセットを同時に買っておくと非常に使い勝手が良く便利です。

予備バッテリーとチャージャーがあれば、常に満タンの予備バッテリーを準備しておくことができるので、途中でのバッテリー交換もすぐにすることができます。

 

ゴープロ(GOPRO)・予備バッテリーとチャージャー

ゴープロの予備バッテリー

ダイビングで一日三本潜ってがっつり撮影すると、バッテリーが一日持たないので予備バッテリーは必須です。しかしながら予備バッテリーが無いとカメラ本体で充電しなければいけないので、とても面倒くさいです。

予備バッテリーとチャージャーがあれば、翌日の準備をするときも充電しておいたバッテリーに入れ替えるだけなので、準備が爆速で完了します。カメラに繋いだバッテリーの充電待ちをする必要がありません。

ということでゴープロには予備バッテリーとチャージャーがあると便利です。

ゴープロの予備バッテリー

私はゴープロ11と5を使っているのですが、両方ともゴープロ公式のバッテリーとチャージャーを使っています。

ちなみにですが、バッテリーだけは絶対に公式純正品を使用した方がいいです。純正以外のバッテリーはトラブルの元なので、値段が安くても買わない方がいいです。

プロカメラマンやクリエイターで純正以外のバッテリーを使っている人はほとんどいません。正直そこまで値段の大差はないので、間違いなく公式にしておいた方が安心できます。

↓ゴープロ5、6、7、8は共通して使えます。

↓ゴープロ9、10、11はこちら。チャージャーセットは楽天に出てます。Enduroと書いてあるのが最新です。

≫Rakuten|デュアルバッテリーチャージャー + Enduroバッテリー

ゴープロ11の予備バッテリー

 

↓ゴープロ11の方は予備バッテリーが2つ付いてくるので、計3つバッテリーが手に入るので当分はバッテリーに困りません。私はバッテリーの消耗を均一にするために番号を書いてローテーションしています。

ゴープロ11の予備バッテリー

 

↓バッテリー充電中は充電状況をランプの色で表示してくれます。

バッテリーチャージャーで充電中

先ほども書いた通りですが、予備バッテリーとチャージャーがあるとカメラ本体で充電する必要が無いのでとても楽です。ゴープロを使っているとき、出かけているときに予備を充電しておけばすぐにバッテリー交換ができます。

 

ゴープロに使うおすすめの充電器

ちなみにゴープロは充電ケーブルはついてきますが、コンセントに挿すアダプター部分は付属していないで別で購入する必要があります。

おすすめはエレコムです。格安チャイナよりなるべく大手メーカーの方が安心です。

↓このタイプはタイプCでカメラ本体、USBでバッテリーチャージャーを充電できるのでおすすめです。68wなので充電も早いです。

エレコム 充電器 Type-C USB-C 最大68W USB PD対応 2ポート Type-C USB-A スイングプラグ ホワイト 【Macbook/ノートPC/iPhone15など対応】EC-YAC06WH
エレコム(ELECOM)
¥2,445(2024/05/19 06:58時点)
USB Power Deliveryに対応したUSB Type-C(TM)(USB-C(TM))ポートと、Qualcomm(R) Quick Charge(TM) 3.0規格及びおまかせ充電にも対応したUSB-Aポートを搭載し、対応するノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどを超高速充電ができるUSB AC充電器です。

↓USBのみだとこちらがおすすめ

エレコム 充電器 USB コンセント 合計24W 2ポート USB-A 折りたたみ式プラグ 2台同時充電 おまかせ充電対応 【 iPhone SE3/15/14/13/Android 各種対応】 ホワイト EC-AC03WH
エレコム(ELECOM)
¥952(2024/05/19 06:58時点)
スマートフォンやタブレットに付属もしくは対応する充電用USBケーブルを使用して、各ポート12W(5V/2.4A)、合計24W(5V/4.8A)出力で充電できるAC充電器です。

 

↓YouTubeもやってます。水中はゴープロで撮影してるのでよかったら見てください。

 

 

おすすめの関連記事