YouTubeチャンネルはこちら

仕事用にアマゾンで格安のダイビングライト買った・Wurkkos

仕事用にアマゾンで格安のダイビングライト買った・Wurkkos

部長です。

仕事で潜るときに使う安いダイビングのライトをアマゾンで購入したので紹介しておきます。

↓買ったのはこちらです。

ダイビングライト・150メートル防水・ナイトダイビング・スキューバーダイビングライト・18650バッテリー付き(2000ルーメン)
Wurkkos
¥4,299(2023/01/13 20:24時点)
ハイパワーLED搭載:5万時間以上の耐久性を持 SST40 LEDを搭載、オレンジピールリフレクターによって照射される光は最大2000ルーメン。水中に鮮烈な白色光を照射します。

基本的に仕事で潜る用とプライベート用のダイビング器材は分けて使いたい派なので、今回は仕事で潜るときに使うライトで、いつ壊れてもいいように購入しました。とか言って意外と長持ちしたりしますが。

というのもやはり仕事で酷使していると、器材の消耗も大きいのでなるべくプライベート用の器材は勿体ないので使いたくないんですよね(笑)前もフィッシュアイのライトが水没しました。。

wurkkos ライトの箱

ということで今回は、アマゾンに出ている格安のライトで「Wurkkos」というライトを買ってみました。仕事で講習やファンダイビングのガイドをする際にしばらく使ってみようと思います。

wurkkos lightのラベル

明るさは4段階調節で中間の350ルーメンで6時間、1000ルーメンで2時間持つみたいので、調節しながら使えば1日持ちそうです。

 

↓付属品はこんな感じです。

wurkkosライトの付属品一式

 

↓ライト本体です。この手のライトのボディはしっかりしたアルミでちゃんと作られているのでボディ自体は頑丈です。システムが壊れなければ一応ずっと使えます。

wurkkosのダイビングライト

 

↓ライトの後部分にはストラップを通す穴が空いています。ボルトスナップを取り付けて使います。

ストラップを通す穴

 

↓CREE社のLEDが使われているそうです。

CREE社のLED

 

↓光軸はスポットタイプなので、ハンディライトとして使いやすいです。動画撮影には向いていません。動画撮影では広角タイプのライトの方が向いています。

光軸はスポットタイプ

 

↓ほとんどの安物のライトに共通しているのは、スイッチ部分がスカスカだということ。笑 良いライトのようにスイッチを押したときのクリック感と言うか「コリッ」とした感覚が全くありません。スカスカです。たぶんここが最初に壊れるでしょう(笑)

wurkkosライトのスイッチ部分

 

↓専用のバッテリーが入っているので、別でエネループなどを準備する必要がありません。一応、Oリングもダブルになっていて予備も二本付属していたので、壊れない限り長使えそうです。

wurkkosのダイビングライト

 

↓格安でダイビングのライトが欲しい人、ライトの詳細などはアマゾンでチェックしてみてください。

ダイビングライト・150メートル防水・ナイトダイビング・スキューバーダイビングライト・18650バッテリー付き(2000ルーメン)
Wurkkos
¥4,299(2023/01/13 20:24時点)
ハイパワーLED搭載:5万時間以上の耐久性を持 SST40 LEDを搭載、オレンジピールリフレクターによって照射される光は最大2000ルーメン。水中に鮮烈な白色光を照射します。

 

↓YouTubeもやってます

 

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ・小物まとめ30選【これで海は完璧】

 

おすすめの関連記事

ライト
\ SNSでシェアする /
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
部長の水中写真と秘密のダイビングログ