水中カメラハウジングのガラス面を磨いてピカピカにする方法・手入れ・メンテナンス

水中カメラハウジングのガラス面を磨いてピカピカにする方法

部長です。

ダイビングで使うカメラの水中ハウジングで、ガラス面を磨いてピカピカにする方法を紹介します。

基本的にカメラハウジングのレンズ面はガラスでできているので、強く擦らない限り滅多に傷がつくことはありません。

しかし、傷がつかなくても長年使っているとガラスの表面が白くモヤモヤして汚れてきます。要は車のガラスがウロコ状に汚れくるのと同じです。ハウジングの場合、直射日光にずっと当てているわけではないので、車ほどウロコ化しないけどある程度モヤモヤしてきます。

↓このように汚れてきます。

汚れているハウジングのガラス面

そういえば今思い出したけど、以前に塩抜きの桶に入れておいたらガラス面ど真ん中に思いっきり傷つけられたことがあって、その時に一度かなりレンズ面を擦って傷を消しました。もしこのガラス面にデフォルトのコーティングがあった場合(たぶんない)、コーティングが剥がれていて汚れやすかったのかもしれません。分かりませんが。気になる場合、最初にメーカーに確認しておくといいですね。

↓まあまあ汚れています。

汚れたガラス面

 

今回はこのハウジングのレンズ面の汚れを根こそぎきれいにしていきます。※作業は自己責任でお願いします。

使うものはアクリサンデーと布です。アマゾンでセットで購入すると早いです。ホームセンターには売っていません。

アクリサンデー ウェルシーA WA-13502 & 研磨剤 100cc【セット買い】
アクリサンデー(Acrysunday)
¥823(2022/11/25 11:39時点)
こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。

アクリサンデーはアクリルを磨く液体ですが、ガラスにも使えます。ピカールのようなにおいがします。

アクリサンデー

 

↓磨き方は、アクリサンデーを布につけてひたすら磨きまくるだけです。

アクリサンデーを布に付ける

 

↓難しいことはありません。とにかく磨きまくります。途中で柔らかいスポンジで水で流してアクリサンデーの成分を流しながらやるときれいに磨けます。

アクリサンデーでガラス面を磨く

目安としては1時間~2時間程度磨けばかなりきれいになります。アクリサンデーを付けて磨いてショリショリしているとまだ汚れが付着しています。かなり磨けてくるとキュッキュとなります。とにかく根気よく磨けばきれいになります。

 

↓なんということでしょう。ビビるくらいきれいになりました。

アクリサンデーで磨いたあとのきれいな状態

磨く前と一目瞭然できれいになったと分かります。

アクリサンデーで磨いたあとのきれいな状態のガラス面

 

アクリサンデーで磨いてきれいになった状態のガラス面

これぞおそるべきアクリサンデーの力です。笑

↓ガラス面の研磨後はポートドライを塗布しておくと、ガラス面が濡れてても撮影しやすくなります。

Fisheye ポートドライ L
Fisheye
¥980(2022/12/02 12:09時点)
◆Lサイズ/80cc

 

↓ついでにモニター面も磨いておきました。モニター面は結構傷つくのですが、かなりきれいになりました。折角なのでフリーカットのフィルムを適当に切って貼っておきます。

磨いた後のモニター面

エレコム フィルム フリーサイズ 8インチ対応(フィルムサイズ:230mm×155mm) 指紋防止 反射防止 TB-FR8FLSA
エレコム
¥1,609(2022/12/02 12:42時点)
タブレットの液晶画面をキズや汚れから守る、フリーカットタイプの液晶保護フィルム。

 

ちなみにアクリサンデーで残圧計ゲージの表面もきれいにすることができます。残圧計が傷だらけの人はあわせて磨いておくといいです。

 

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ・小物まとめ30選【これで海は完璧】

 

おすすめの関連記事