シーアンドシー|D800のハウジングは改造してD810を使えます

ダイビングでカメラをBCDに装着する方法など

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングのカメラのハウジングで、シーアンドシー(SEA&SEA)のD800のハウジングは改造するとD810が使えるようになります。

私もカメラはニコンD810を使っていますが、ハウジングはシーアンドシーのD800になります。

本記事では、シーアンドシーのハウジングでD800をD810で使う件について書きましたので、参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

シーアンドシー|D800のハウジングは改造してD810を使えます

シーアンドシー|D800のハウジングは改造してD810を使えます

シーアンドシーのニコンD800のハウジング(MDX-D800)ですが、シーアンドシー社に依頼するとニコンD810が使えるように改造してくれます。

改造と言ってもハウジング純正メーカーによるものなので特に問題はありません。

私が使っているカメラもニコンD810ですが、ハウジングはD800のを改造されたものになります。

現在、D800のハウジングとカメラを使用していて、これからD810を使おうと思っている人はハウジングを買いなおすより、D810が使えるように改造した方が費用的にも安いですね。

また、年季の入った愛着のあるハウジングをそのまま使い続けられる点もメリットです。

中古と言う選択

私はラッキーなことに、中古で既にD810が使えるようになっているハウジングを発見して即買いしました。

私が買った価格は17万円です。

カメラやレンズ、その他の部品など、基本的に中古で買える物は全て中古で買うようにしています。

だってその方が安いですからね。

これから、ダイビングで使う手頃なハウジングとカメラを揃えたい人は中古がおすすめです。

ハウジングも中古でD810もしくはD800を発見してD810を改造した方が、新品で買うよりもかなり安く揃えられると思います。

ちなみに現在はD850が最新ですが、ハウジングは定価で税抜き418,000円です。汗

 

 あわせて読みたい

※と、ここまで書いてきましたが、2019.11現在はすでにシーアンドシーによる改造対応は終了してしまったようです。涙

なので、私のパターンの様に改造済のハウジングを探すといいですね。

そんな感じで、お得に上手にハウジングをゲットしてもらえればと思います。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】