ダイビングのインストラクターになる費用について

ダイビングのインストラクターになる費用について

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングのインストラクターになる為の費用について、知りたい人もいると思います。

肝心な費用の面は誰でも気になるところです。

本記事では、ダイビングのインストラクターの試験やインストラクター開発コースで必要な費用について書きました。

イントラ取得の費用を知っておきたい人は参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのインストラクターになる費用について

ダイビングのインストラクターになる費用について

ダイビングのインストラクターを取得する費用については、ざっくり以下の金額になります。(PADIの場合)

 イントラ取得費用

  • IDC インストラクター開発コース ・・・ 約400,000円
  • IE インストラクター試験 ・・・ 99,000円
  • 合計 約500,000円

だいたいこんな感じです。

基本的にはどこのショップさんも同じような感じだと思います。

極端に格安で取得できるショップさんを探しても、たぶんあまりないと思います。

IDC インストラクター開発コース

IDCの費用の中には、基本的には以下が含まれます。

  • 教材費
  • 各種登録、申請料
  • EFRインストラクター
  • アシスタントインストラクター

こういった感じです。

試験までに必要な物を全てひっくるめて、費用的にはだいたい40万円くらいだと思います。

ネットなんかを見ると、”IDCコース21万円” みたいに書いてあると思いますが、別途で教材費が9万円+登録料などになりますので、結局40万円くらいになると思います。

たぶんそのあたりは、どこのショップさんもほとんど一緒ですね。

IE インストラクター試験

PADIのインストラクター試験の費用については、最初から決まっていて、

現在は99,000円(税込)になります。

≫PADIインストラクター試験要項

まあまあ高いですが、イントラになる為にはしょうがないですね。。

1回目の試験に落ちて、再試験が必要になった場合は追加で試験の費用が発生しますので、気合いで何とか1発で合格するようにしましょう。

 

ゼロからインストラクターを目指すための費用

ゼロからインストラクターを目指すための費用

ゼロからインストラクターを目指す場合について、必要な費用総額としてはざっと以下になると思います。

器材購入200,000
オープンウォーター取得50,000
アドバンス取得60,000
レスキュー取得60,000
ダイブマスター取得170,000
IDCコース400,000
IE試験99,000
ファンダイビング ※本数必要240,000
交通費など必要経費150,000
合計1,429,000

本当にざっと計算してみましたが、たぶんこれくらいですかね。

インストラクターになる場合は、試験の時点で100本潜ってないといけませんので、本数が必要になります。

100本になるまでに足りてない人は、40本くらい潜らないといけませんので、
1本6,000円×40本程度で240,000円くらいかかりますね。

ダイブマスターになる時点で60本は潜っているので、残りが40本となります。

働きながら取得する方法も

ダイビングのインストラクターを取得する方法は、働きながら取得したりもできます。

まだ若くて、ダイビングのインストラクターになりたい人は最初からショップで働いてしまうのもアリです。

イントラになる前提でダイビングショップなどで働けば、かなり有利になりますのである程度費用は抑えられると思います。

また、沖縄などでワーキングスタディで働けば給料はあまりもらえませんが、安く取得できると思いますので、そういった方法も考えてみるといいと思います。

 

 インストラクターの記事

そんな感じで、ダイビングのインストラクターになる為の費用についてでした。

とりあえず費用について知りたい人は参考にしてもらえればと思います。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】