ダイビングの仕事内容|リゾート、都市型の違いなど

ダイビングの仕事の内容|リゾート、都市型の違いなど

イントラの部長です。

ダイビングの仕事内容についてです。

これからダイビングの仕事をしようと思っている人の中には、ダイビングの仕事ってどんな感じなのか知りたい人もいると思います。

また、リゾートや都市型によっての違いも気になりますよね。

 

そこで本記事では、ダイビングの仕事内容について書きました。

快適に働きたい人は参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングの仕事の内容|リゾート、都市型の違いなど

ダイビングの仕事の内容|リゾート、都市型の違いなど

では早速ですが、ダイビングの仕事の内容になりますが、分かりやすいようにリゾートと都市型を分けて書いておきます。

最初に結論からすると、ざっくり以下になります。

  • リゾート|海に潜るのが多い
  • 都市型|器材販売、ライセンス取得業務が多い

こんな感じです。

 

また、業務の多い順に☆三段階で印をつけておきます。※私の判断

では以下で説明します。

 

リゾートのダイビングショップ

まずリゾートのダイビングショップの仕事内容です。

 リゾートの仕事

  • ファンダイビングのガイド ☆☆☆
  • ライセンス講習 ☆☆
  • 体験ダイビング ☆☆
  • 機材販売 ☆
  • 書類業務 ☆
  • 営業活動 ☆
  • ブログ更新 ☆
  • 毎日潜れる ☆☆☆
  • ゲスト送迎(海⇔宿)☆☆
  • 掃除、雑務 ☆☆
  • 海の近くに住める ☆☆☆

だいたいこんな感じです。

 

リゾートの特徴

基本的にリゾートのダイビングの仕事内容は、海に潜るのが仕事です。

なので、若手のガイド、インストラクターはほぼ毎日潜ってガイドをしたり、講習が多い店なら講習をする感じです。

また、海外や沖縄などのリゾートでは講習よりもファンダイビングだけをメインでやっているショップさんもありますので、そういった場合は基本全てファンダイビングになります。

なので、ファンダイビングのガイドがメインでしたいなら、沖縄やリゾートに行ってガイドの仕事を覚えるといいと思います。

 

あと、都市型と違ってすでにショップが海沿いにありますので、街からお客さんを乗せて海まで移動しなくていいので楽です。

あと、海の近くでゆっくり暮らせます。

 

 

都市型のダイビングショップ

都市型ダイビングショップの仕事の内容です。

 都市型の仕事

  • ファンダイビングのガイド ☆
  • ライセンス講習 ☆☆☆
  • 体験ダイビング -
  • 機材販売 ☆☆☆
  • 書類業務 ☆☆
  • 営業活動 ☆☆
  • ブログ更新 ☆☆
  • 毎日潜れる ☆
  • ゲスト送迎(街⇔海)☆☆☆
  • 掃除、雑務 ☆☆
  • 海の近くに住める ☆

都市型ダイビングショップさんの仕事内容は、ざっくりこんな感じです。

 

都市型の特徴

基本的に、都市型ダイビングショップさんのメインの業務はライセンス取得、講習、器材販売になります。

要はショップが海ではなく街中にあるので、そこに来店したお客さんの対応がメインになります。

特に頑張るのは器材販売です。

都市型ショップはやはり家賃が高くリゾートよりも維持費が必要なので、どこの都市型ショップさんも器材販売には力を入れています。

ライセンス講習などでは、当然街中にショップがありますので、朝ショップに集合して海まで車で行って講習やダイビングをします。

 

また、ファンダイビングのツアーなども計画してやっているショップさんもありますが、主としては講習がメインです。

あと、地元とかからなるべく離れて住みたくない人は、地元の都市型ショップさんを選ぶのもアリかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

ダイビングの仕事内容は自分に合ったショップを選びましょう

ダイビングの仕事内容は自分に合ったショップを選びましょう

基本的に、これからダイビングの仕事をしようと思っている人は、仕事内容が自分に合っているショップを選んだ方がいいです。

例えば、ファンダイビングのガイドをメインでしたいのに、都市型ダイビングショップさんを選んでも自分に合わないのでやめた方がいいです。

また、以下の点も考えておいた方がいいです。

  • 自分がどんな仕事をしたいのか
  • 海沿いと街中どちらで働きたいのか
  • カメラはやらしてもらえるのか

こういった感じです。

とにかく、都市型とリゾートは仕事の内容がかなり違いますので、自分に合ったショップを選びましょう。

 

あわない仕事は続ける必要なし

同じダイビングの仕事とはいえ、けっこう仕事内容が違かったりするので自分に合ってないと感じることも多いかもしれません。

そんな場合は無理して続ける必要はないと思ます。

例えば、ファンダイビングのガイドをメインでしたくてショップに入ったのに、「まだ早い、3年は下積みだ。」とか言ってアシスタントや雑務ばかりやらされたら、3年もムダにするわけじゃないですか。

だったら最初からガイディングを教えてくれるショップの方がいいですね。

 

または、写真をメインで集客したり、フォト派のお客さんのガイドをしたいと思ったのに、永久に体験ダイビングの担当をしていては自分が成長しないですよね。。

なので、そういった感じで自分に合わないショップだと思ったら、思い切って他のショップに行くもアリだと思いますよ。

海外でもいいと思いますし。

耐えても成長しなかったら意味ありません。

 

 あわせて読みたい記事

そんな感じで、ダイビングの仕事内容についてでした。

とりあえず、リゾートと都市型では結構違います。

仕事内容は自分に合っているのがベストです。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】