串本・ダイビング|住崎で水中写真マクロ【マニアックな被写体】

串本・ダイビング|住崎で水中写真マクロ【マニアックな被写体】

イントラ兼ブロガーの部長です。

2019.9.15(日)串本

この日は朝の2本のダイビングでガイドをしてから、三本目だけエビ崎で写真を撮りました。

マニアックですがキレイに撮ると、とてもインスタ映えする写真になります。

スポンサーリンク

串本・ダイビング|住崎で水中写真マクロ

串本・ダイビング|住崎で水中写真マクロ

ということで、いつもですがカメラはニコンD810でレンズは105mmになります。

エビ崎では、先日にガイド中にベラ幼魚(?)発見していて、今日は単独で潜ったので写真を撮りに行きました。

水中写真

串本で撮影したベラ幼魚

さて、被写体はこいつです。たぶんなんちゃらベラ幼魚ですね。

サイズ的には1センチもないと思います。

極小サイズがヘロヘロと泳いでいるので、鬼撮りにくいですが何とか写真に収めることができました。

色合いがフォトジェニックでインスタ映えします。

 

串本で撮影したベラ幼魚

体がボケていますね。。

もうちょっと真横になってくれたらよかったけど、まいっか。

 

串本で撮影したオビテンスモドキ

その他には、オビテンスモドキも発見しました。

水底付近をまるでゴミかのごとく舞っているので、よ~く見ないと分からないですね。

こいつをしっかり図鑑で撮れたら、中々の腕前だと思いますね。

そんな感じで、最初のベラygにしこたま粘った1本でした。

では。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・
〈ポイント〉 ①エビの根
〈水温〉26~27℃ 〈気温〉28度くらい 〈天候〉晴れ
〈透視度〉 15m~20mくらい
〈スーツ〉ウェットスーツ5mm+インナー、フード
〈カメラ〉Nikon D810
〈役割〉調査
・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事≫イノン・LE350|フォーカス、ピント合わせにおすすめなライト

関連記事≫ダイビングのカメラのアーム|おすすめの長さやメーカーについて