ダイビングでウェットスーツの持ち運び方【具体例】

ダイビングでウェットスーツの持ち運び方

部長です。

ダイビングでウェットスーツの持ち運び方についてです。

これからダイビングを始めたり、ウェットスーツを買ったりする人の中には、ウェットスーツの持ち運び方について知りたいって人も多いと思います。

そこで本記事では、ウェットスーツの持ち運び方について書きました。

快適に持ち運びたい人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングでウェットスーツの持ち運び方

ダイビングでウェットスーツの持ち運び方

では早速ですが、
ダイビングでウェットスーツの持ち運び方についてです。

基本的にウェットスーツを持ち運ぶときは、メッシュバッグやスーツケースに二つ折りなどにして入れて持ち運べば大丈夫です。

 

ウェットスーツなどは特に壊れる物ではありませんので、そこまで神経質に気にしなくても大丈夫です。

ただ、厚みのある素材なのでウェットスーツの上にかなり重たい物を乗せるのはあまりよくありません。

 

持ち運びの具体例

持ち運びの具体例です。

器材を入れたメッシュバッグでは、最後にウェットスーツを入れます。

 

↓例えばこんな感じで、ウェットスーツを半分に折ってメッシュバッグの上に入れます。

ウェットスーツを半分に折ってメッシュバッグの上に入れます

 

ウェットスーツを半分に折ってメッシュバッグの上に入れます

 

ウェットスーツを半分に折ってメッシュバッグの上に入れます

 

こんな感じで、普通にメッシュバッグに入れればオッケーです。

ただし、ウェットスーツの素材の厚みが潰れてしまいますので、器材一式の一番下に入れるのはやめた方がいいです。

メッシュバッグの一番上に入れておけば、ショップツアーなどで他の人の器材を上から重ねられても、ウェットがクッションになって器材を保護できます。

また、スーツケースやキャリーケースに入れて持ち運ぶときも、こんな感じで入れれば大丈夫です。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、ウェットスーツの持ち運び方についてでした。

ある程度適当で大丈夫ですが、とりあえず基本的には重たい物を上に載せない方がいいです。

せっかくの5mmがペラッペラの1mmになってしまいます。

では。

 

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】