レギュレーターのマウスピースのタイラップをカットする位置

レギュレーターのマウスピースのタイラップをカットする位置

部長です。

ダイビングのレギュレーターで、マウスピースのタイラップをカットする位置についてです。

自分のマイ器材を持っている人の中には、これからレギュレーターのマウスピースを交換しようと思っていたり、クリーニングのためにタイラップを切ったりする人もいると思います。

そのときに、マウスピースを再度止める場合、タイラップをカットするのはベスポジがあります。

必ずベスポジでカットするようにしてください。

スポンサーリンク

レギュレーターのマウスピースのタイラップをカットする位置

レギュレーターのマウスピースのタイラップをカットする位置

と言うことで、結論からすると

レギュレーターのマウスピースを止めるときに、タイラップは真横でカットします。

上記の写真の位置です。

理由

理由としては、
真横以外で真上や真下でカットしても、タイラップの止める目の部分は微妙に隙間が空くからです。

しかし、真横でカットすることによって、かなりフィットさせた状態でマウスピースを止めることができます。

なので、マウスピースをタイラップで止めるときは必ず真横でカットするようにしましょう。

真上のセンター部分でタイラップを止めていると、素人だと思われます。

レギュレーターのマウスピースのタイラップをカットする位置

カットする長さ

ちなみに、タイラップをカットするときは、必ずニッパーを使って最小限の短さにカットします。

そうすることによって、余計な余白を残したり、余白が鋭利になってしまうことを防止できます。

なので、なるべくギリギリで真っ平になるようにカットするのが理想です。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、マウスピースのタイラップをカットする位置についてでした。

基本真横です。

ナウいギャルのマウスピースは私がカットします。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】