ダイビングのBCD|値段が格安でおすすめのBCは3つ!【最強】

ダイビングのBCD|値段が格安でおすすめのBCは3つ!【最強】

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングのBCDで、値段が格安でおすすめのBCD3つになります。

これから新しくBCDを買おうと思っていたり、リゾート用にもう一個買ったりするときに、とにかく格安でオススメのBCを買いたいって人もいると思います。

そこで、本記事ではダイビングのBCDで、値段が格安でさらに軽量な超絶おすすめのBCを3つ書きました。

格安で軽量なBCDはコスパ最強です。

スポンサーリンク

ダイビングのBCD|値段が格安でおすすめのBCは3つ

ダイビングのBCD|値段が格安でおすすめのBCは3つ

では早速ですが、
値段が格安でおすすめのBCは以下になります。

  1. ツサ クレストライン
  2. ツサ リブレーター
  3. アクアラング ウェーブ

こちらの3つになります。

ちなみに今回紹介しているBCは、3万円以下でゲットできます。

また、ツサもアクアラングもダイビング業界最大手のメーカーになりますので、当然ですが品質は問題ありません。

安いからと言って、すぐに壊れるわけではありませんので、安心して使えます。

1. ツサ クレストライン

ツサ クレストライン

ツサのクレストラインです。

シンプルなBCDでスタンダードなモデルです。

楽天とかアマゾンで25,000円前後で出ていますので、かなりコスパ神です。

また、BCD自体の重量もMサイズで2.8キロと、かなり軽量なので飛行機で器材を持って行くときも助かります。

また、ツサのBCDは他のBCDに比べてインフレーターホースが少し長めなので、水中でとても使いやすいです。

私も今使っている自分のBCのインフレーターホースはツサのホースに変えています。

≫Rakuten|TUSA クレストライン

≫Amazon|TUSA クレストライン

 

2. ツサ リブレーター

ツサ リブレーター

ツサのリブレーターです。

こちらのBCDも安くて、軽量でオススメです。

また、このBCはBCの両サイドにウェイト脱着システムがついていて、とても快適です。

ウェットで潜るときなんかは腰にウェイトベルトを巻くよりも、ポケットにウェイトを入れた方が腰に負担がかからないのではるかに楽です。

BCのポケットにウェイトを入れると、水中でのバランスが安定しますので水平トリムがとりやすいので泳ぎやすかったりします。

また、ドライスーツで潜るときも普段より多いウェイトをBCに分散して入れれますので楽です。

≫Rakuten|TUSA リブレーター

≫Amazon|TUSA リブレーター

 

3. アクアラング ウェーブ

アクアラング ウェーブ

アクアラングのウェーブです。

こちらのBCも余計な物がついていないので、とっても軽量でシンプルで使いやすいです。

スーツケースなどにパッキングするときも、ペタッと畳めるのでコンパクトにまとめられます。

BC自体の重量も軽いので快適に使えますね。

リゾート用に買ったり、とにかく安くてシンプルなBCが欲しい人はぴったりだと思います。

≫Rakuten|アクアラング ウェーブ

≫Amazon|アクアラング ウェーブ

 

ダイビングのBCD|値段が格安でおすすめのBCは3つ!【最強】

BCDは安いのでオッケーです

とりあえず、BCDの値段とかで迷ったりしている人は、安いBCでも全然問題ありません。

安いBCでも最高グレードのBCでも普通に上手に潜れます。

また、価格の安いBCDは今回紹介しているようにシンプルに作られていますので、軽量でコンパクトに畳めたりしますので、飛行機の乗って沖縄やリゾートにダイビングに行ったりするダイバーにはちょうどよかったりします。

また、リゾートの常連のお客さんなんかはショップに器材を置きっぱなしにしたりしますので、リゾート用なので安いBCDをもう一個買っておくのもいいと思います。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、値段が格安なおすすめのBC3つでした。

コスパを重視するのはとてもいいことだと思います。

高い器材でも安い器材でも同じように潜れますからね。

これからマイ器材を揃える人にもおすすめです。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】