ダイビングのBCDの値段と相場について【安いのでOK】

ダイビングのオクトパスとは?

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングのBCDの値段や相場についてです。

これからダイビングで使うBCDを検討しているって人も多いと思います。

本記事では、ダイビングのBCDの値段と相場などについて書きました。

BCDの値段について知りたい人は、参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

ダイビングのBCDの値段と相場について

ダイビングのBCDの値段と相場について

ダイビングのBCDの値段と相場については以下になります。

  • 23,000円 ~ 150,000円

だいたいこれくらいの値段が相場になります。

基本的には、ネットで買うのが安くて、

ツサ、アクアラングなどは値段の安いBCDが多いですね。

逆に、スキューバプロ、レイソン、ビーイズムは値段が高いBCDが多いといった印象です。

また、これから最初に器材を買う人は高額なBCD1つを買うのであれば、その金額の範囲でBCDとレギュレーターのセットも買えると思いますので、そっちの方がいいと思います。

楽天で見ると分かりやすいです。

≫Rakuten|ダイビング BCD

安いBCDで十分です

BCDの購入を検討するときは、もちろん値段との兼ね合いもあると思いますが、

基本的には、よっぽどこだわりのある人以外、値段の安いBCDでOKです。

そもそも高いBCDでも、安いBCDでも中性浮力はしっかりとれます。

高いBCDを使ったからといって、急激にダイビングが上達したり、エアーがやたらと長持ちするようになるわけではないです。

ハッキリ言って値段の高いBCDを使ったからといって、劇的に何かが変わることは無いです。

また、値段が安いからと言って壊れたり、使いにくいなんてこともありません。

むしろ、値段が安いBCDの方がシンプルでベーシックなので軽量ですし、使いやすかったりもします。

また、値段の安いBCDだったら、潜りこんでダメになったら、いさぎよく捨てて次のをサッと買ったりもできます。

10万クラスですとちょっとキツイですよね。

そんな感じで、BCDは値段の安いので十分だと思います。

安くておすすめのBCD

 

安いBCDで十分です

ちなみに、例えばオススメはツサのBCDです。

国産メーカーですし、シンプルで使いやすいです。

ウェイトもBCDのポケットに入れれますので、機能性もバッチリです。

また、ツサのBCDはインフレーターホースが少し長めなので、非常に使いやすいです。

≫Rakuten|ツサ BCD

≫Amazon|ツサ BCD

ちなみにアマゾンですと、25,000円以下で出てますね。

配送も翌日なので高速で届きます。

カッコいいダイバーになろう

器材は安い物を使っていても、ダイビングが上手な人はカッコイイです。

よく多いのがベテランの人なんかは、一周回って安いので十分と言って潜っていたりしますね。

また、ベテランのイントラも一周回ってなんの器材でもいいって人も多いです。

もはや、レンタルのBCDで潜っているガイドがいたらちょっとカッコよく見えませんか?

でも、逆に、最高級のダイビング器材をフルセットで整えているのに、ダイビングが上手でなかったらあまりカッコよくありませんよね。。。

そんな感じでカッコイイダイバーを目指しましょう。

器材はしっかりと洗いましょう

安い器材だからといって、しっかりと洗わなかったり、過度に雑に扱うのはよくありません。

使用後はしっかりと洗ってあげて、大事に使いましょう。

値段の安い器材だったとしても、普通に10年は使えると思います。

器材はアナタの命を預かってくれている物です。

大切にしましょう。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、ダイビングのBCDの値段についてでした。

値段の相場的には、23,000円~150,000円になります。

お気に入りのBCDをゲットしてもらえればと思います。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで人気のサンダル|おすすめはギョサンです【滑らない】

おすすめ≫宿泊・ホテル・レンタカー・航空券などの検索サイト15選【ダイビング】