ダイビングのBCDのオーバーホールについて【具体的】

ダイビングのBCDのオーバーホールについて【具体的】

イントラでブロガーのあゆむさんです。

ダイビング器材のBCDのオーバーホールについてです。

BCDについては、具体的にどの部分をオーバーホールするのか知りたい人もいると思います。

そこで本記事では、ダイビングのBCDのオーバーホールについて書きました。

BCDのオーバーホールについて、具体的に知りたい人は参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのBCDのオーバーホールについて

ダイビングのBCDのオーバーホールについて

BCDのオーバーホールと言っても、実はそんなにやることは多くありません。

具体的には以下になります。

  • パワーインフレーター部分のオーバーホール
  • 各排気バルブの点検・清掃

といった感じです。

全体的には上の箇所を主にオーバーホールします。

表面の素材や生地の劣化などは、エア漏れがないかどうか目視で確認します。

生地の縫い合わせの部分や、表面が劣化して薄くなって素材から空気が漏れ始めたら、基本的にはBCDの寿命です。

 

パワーインフレーター部分のオーバーホール

パワーインフレーター部分のオーバーホール

BCDのオーバーホールのメインは、パワーインフレーター部分のオーバーホールになります。

エアー2タイプの人も同じですね。

先端の空気を出し入れするパワーインフレーター部分を分解して清掃、部品交換をします。

ほとんどのBCDは肩側の根元がバルブになっていますので、そこの点検をしたりします。

↓こんな感じで分解して清掃したりOリングを交換したりします。

パワーインフレーター部分のオーバーホール

あとは、インフレーターホースに年季が入って亀裂が入っていたりしたら交換します。

 

各排気バルブの点検・清掃

各排気バルブの点検・清掃

ほとんどのBCDには1か所から数か所に↑こんな感じの排気バルブが付いていると思います。

オーバーホールではここの部分の清掃、点検をします。

と言っても、ここの部分は基本的にあまり壊れないので部品が消耗していたり、割れたりしていない限りそのままのことが多いです。

↓開けるとこんな感じになっています。

各排気バルブの点検・清掃

ここのバルブを開けると、こんな感じになっていて、ただバネとゴムのフタがあるだけなので、基本的にあまり壊れる箇所ではありません。

なので、点検と清掃などが一般的です。

 

オーバーホール料金の相場

BCDのオーバーホールを業者に出すと相場的には、4,000円~9,000円くらいです。

基本的な料金プランとしては、どこの業者も

基本工賃+部品代

というスタンスが多いです。

どれくらい部品を交換するかにもよりますが、おおよそそれくらいの範囲だと思います。

各業者によって違いますので、詳細はオーバーホール業者に問い合わせてください。

 

 あわせて読みたい

BCDのオーバーホールについてはこんな感じです。

参考にしてください。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで人気のサンダル|おすすめはギョサンです【滑らない】

おすすめ≫宿泊・ホテル・レンタカー・航空券などの検索サイト15選【ダイビング】