ダイビングの軽器材の相場について【一覧】

ダイビングで浮いてしまう原因と対策|急浮上を防ごう!

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングの軽器材の相場についてです。

これからダイビングを始めたり、軽器材を考えている人の中には、結局のところ軽器材の相場はどれくらいなんだって思う人も多いと思います。

そこで本記事では、ダイビングの軽器材の相場について書きました。

軽器材の相場を知っておきたい人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングの軽器材の相場について

ダイビングの軽器材の相場について

では、早速ですが、
ダイビングの軽器材の相場一覧は以下になります。

 軽器材の相場

  • マスク     : ~16,000円
  • スノーケル   : ~5,000円
  • フィン     : ~15,000円
  • グローブ    : ~5,000円
  • ブーツ     : ~6,000円
  • ウェットスーツ : ~50,000円

ざっくりこんな感じです。

もちろんメーカーや商品によって違いますが、ちゃんとしたダイビングメーカーの軽器材の相場はこれくらいです。

ネットが安い

基本的に軽器材などを買う場合は、ネットで買った方が安いです。

しかし、まだライセンス取得段階などでダイビングショップさんにお世話になっているビギナーの段階では、器材をネットで買う前に一応ショップさんに相談した方がいいですね。

いいショップさんだと値段も相談してくれるし、器材の良し悪しも教えてくれると思います。

万が一、器材を定価で買わせようとしてくるショップさんは、ぶっちゃけありえないですね。少し考えましょう。

 

ダイビングの軽器材を揃える順番

ダイビングの軽器材を揃える順番

ダイビングの軽器材を揃える順番としては、以下がおすすめです。

  1. マスク・スノーケル
  2. フィン
  3. グローブ・ブーツ
  4. ウェットスーツ

こういった順番で揃えるといいと思います。

まずは、1,2,3を先に揃えるのが基本ですね。

ウェットスーツは始めのうちはレンタルでいいと思いますが、ぶっちゃけウェットスーツだけだとけっこう寒かったりするので、フードベストなどウェットスーツのインナーは先に買っておいてもいいと思います。

レンタルよりもマイ器材の方が安心

基本的にはレンタルよりも、マイ器材の方が安心です。

自分の器材の方が使い方やサイズ調整なども分かっていますし、何より安心です。

レンタルですと、きちんとメンテナンスされていなかったりする場合がかなりありますし、最悪の場合水中で故障する可能性もあります。

昔、会社の社員旅行でフィリピンで体験ダイビングをしたときに、後輩のレギュレーターとマウスピースが分離して、後輩はマウスピースのみを加えて浮上していきました。。

マウスピースのタイラップが点検されていなかった例ですね。

そんなこともありますので、やはり器材は自分の器材の方が安心です。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、ダイビングの軽器材の相場についてでした。

コスパを重視しつつも、ちゃんとしたダイビングメーカーで揃えるといいです。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで人気のサンダル|おすすめはギョサンです【滑らない】

おすすめ≫宿泊・ホテル・レンタカー・航空券などの検索サイト15選【ダイビング】