ダイビングでカメラはいつから持っても大丈夫?【カメラ初心者】

ダイビングでカメラはいつから持っても大丈夫?

部長です。

最近ダイビングを始めた人の中には、いつからカメラを持って潜っても大丈夫なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ダイビングでカメラはいつから持っても大丈夫なのか書きました。

一刻も早くカメラを持って潜りたいダイバーは参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

結論:どのタイミングでもカメラを持ってダイビングをしてOK

結論:どのタイミングでもカメラを持ってダイビングをしてOK

結論からすると、カメラを持っていても普通にダイビングができると思うのであれば、どのタイミングでカメラを持って潜っても大丈夫です。

最初にオープンウォーターやアドバンスのライセンスを取得して、それ以降のファンダイビングからカメラを使って全く問題ありません。

 

もう一つの目安としては、上手に中性浮力をキープすることができ、水底を巻き上げずに潜れるようになってからカメラを持つようにするといいです。

中性浮力も保てず、水底を巻き上げているようではカメラの撮影どころかダイビングのスキルが足りていないので、まずはカメラよりも上手に潜れるようになりましょう。

 

ダイビング中の写真

 

おすすめのカメラ

おすすめのカメラ

これからダイビングで使うカメラを買おうと思っている人におすすめのカメラは、ズバリオリンパスのTGシリーズです。

TGシリーズは水中撮影に特化したモードが多数搭載されていて、ワイドからマクロまで撮影することができます。

ダイビングで使うカメラで、ある程度しっかりしていて本格的に撮影できるコンパクトカメラが欲しい人にはとてもおすすめです。

ゴープロだと小さい生物のマクロ撮影をすることができないので、マクロの撮影もしたい人はやはりカメラタイプを買っておいた方がいいです。

≫Amazon|オリンパス TG6

≫Rakuten|オリンパス TG6 セット

 

講習のダイビングではカメラを使わない

講習のダイビングではカメラを使わない

何かの講習をする場合はあまり写真を撮影する時間がありません。そのため、基本的にカメラを持って行っても撮らないことが多いです。

そもそもですが、例えばアドバンスやレスキュー、スペシャルティーの講習をする場合はカメラの撮影よりもその講習でするスキルの習得に専念するようにした方がいいです。

講習をしながらカメラをじっくり撮影するようなことをしていると、どっちつかずになってしまい中途半端で終わることも考えられます。

講習なら講習に集中して、カメラはファンダイビングでじっくり撮影すると良いでしょう。

 

ダイビングはカメラ必須

やはりダイビングは水中で写真や動画を撮影しないと記録に残せないので、なるべくカメラは持って潜りたいところです。

カメラが無いとどこの海へダイビングに行っても心のシャッターしか切ることができません。

よっぽど写真の興味がない人を除き、多くの人にとって思い出の写真は残しておきたいところです。そのためにはやはりカメラは持っておくべきでしょう。

素晴らしい海と思い出をたくさん残してください。

おすすめのカメラ

≫Amazon|オリンパス TG6

≫Rakuten|オリンパス TG6 セット

 

おすすめ≫ダイビングのカメラ|アクセサリーのまとめ12選【一覧】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】

 

あわせて読みたい